旅・日々・思い出し笑い

旅して食して暮らして…
日々感じたことや思い出などいろいろ綴ります。

 友部チゅ~ず・栗どころ・久慈の清流!茨城銘菓食べ比べ♪

2017-04-21 09:41:00 | グルメ
昨日は二十四節気の穀雨、穀物を潤す春の雨を表すそうです。
二十四節気は一年をだいたい15日ごとに区切っていて、次15日後の5月5日は立夏!
(365÷15≒24 ←^^納得)
やっと春を感じるようになったのに、暦の上ではもうすぐ春は終わってしまいます
テレ朝の番組で林修先生がお話しされてました。勉強になります(すぐ忘れちゃうけど^^)


茨城に行ったとき見つけた銘菓の食べ比べをしてみました。



常磐道・友部SA下り限定のチゅ~ず=チーズ×ゆずの焼き菓子
TVでも紹介されたようなので、1個200円のバラ売りがあったので買ってみました!

水戸黄門で有名な徳川光圀公は日本で最初にチーズを食べたと伝えられていて、
光圀公ゆかりの茨城県にピッタリの、
チーズの濃厚な旨みに柚子の爽やかな風味を掛け合わせた「TOMOBE sweets」が誕生!


生地はモチモチ感があり、チーズはしつこくなく、
ゆずピールがトッピングされていて、ほのかな香りとつぶの食感があり、
思ったより小さかったけど…美味しかったです。
かわいいパッケージ入りは5個で1200円、友達や近所へのお土産ならちょうど良い感じ!



一緒に買った栗どころは、小豆とバウムクーヘンの和と洋の創作和菓子という感じで、
小粒の栗が1個入ってます。
小豆(羊羹?)は甘めですが、相性もよく、こちらも美味しくいただきました。
バラ1個180円、9個入りは1870円、箱代が250円ということですね!

包装を替えただけの、見ただけで味がわかりそうな、
どこにでもある土産物のお菓子とは全然違うので、誰にでも喜ばれると思うけど…
会社など個別に大量に配るにはチョッとお高めなので…


箱入りの、奥久慈銘菓 久慈の清流をたくさん買いました!

徹底した二重の個別包装で、1個100円くらい。
透明のビニールを勢いよく破いたら、一緒に中のビニールも切れちゃいました!

泊まった宿のお茶請けにも置いてありました。
和菓子となってますが、しっとり生地で餡の中にレーズンが入っていて、かすかにラム酒香る、
懐かしい定番の美味しさです。
どれも本当に美味しいですが、私的には、久慈の清流が一番お勧めです
『スイーツ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  茨城県ご当地飯(!?)をまね... | トップ |  大腸癌、半年検診に!海江... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。