旅・日々・思い出し笑い

旅して食して暮らして…
日々感じたことや思い出などいろいろ綴ります。

 桜は愛でても、花より団子派♪

2017-04-05 17:25:25 | エピソード
お題「お花見はしますか?」に参加中!
きのうテレビのセリフで、面白いことを言っていました!
死ぬまで生きなきゃならないんだから、生きてる間は好きなことしなきゃ」みたいな…
なかなか出来ないけど、本当にその通り! 我慢はいけませんね^^

お花見
満開になっても直ぐにヒラヒラと散ってしまう桜の命は本当にはかないですね。

何度か登場の以前勤めていた会社は、九段・靖国神社に近かったこともあり、
毎年新入社員を交えてお花見を大々的にしていました。

3月下旬に満開になってしまい4月はアウトと察知すると、
入社前に内定者を呼んで会社行事として開催するくらいでした!

学生は内定が決まると残暑祓いの時期に開催していた屋形船などにも参加しているので、
結構誰も嫌がらずに来て楽しんでましたけど、
屋形船の時は、地方の学生には旅費()も支給していたので、
今では考えられないイイ時代だったということですね!?

お花見
最初のころは前年度の新人が交代で場所取りや準備をしていましたが、
飲み物やおつまみを人数分予約すれば、場所を確保しておいてくれる、
うまいことやる業者が現れてからは、
準備や片づけがない代わりに結構な金額を支払い、
外呑みは紙コップがつきものなのに、グラスで乾杯
追加注文までしにくるので…お店と変わらずつまらなくなりました。

3月下旬から4月あたまは日が暮れるとまだまだ寒く、
隙間なく座っているので余り動けずお尻も痛く、
簡易トイレも長蛇の列(遠いと最悪)、
飲んでる横をチラチラ見ながら歩く人の雑踏で落ち着かず、花粉症で鼻ピー…等々

うまいことやる業者の登場で、やることがなくなりもっと嫌になってしまいました!

…と言う訳で、桜は愛でても個人的に夜桜見物やお花見はしません

バーベキューもやりません、なるべく行きません!
もともとインドア派というのもあるけど、スポーツも屋外より屋根があるほうが好きだし、
お店(室内)だと天候に左右されず、の心配もせずゆっくり飲めるので^^

京都・東京・青森の三都府県では、お花見にかける費用が一番高いのは、
青森県だそうです!(テレ朝情報
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  みんなの武勇伝!入社入学... | トップ |  新宿バスタから一人バス旅... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エピソード」カテゴリの最新記事