ニュージーランド移住記録:日記「さいらん日和」

2004年に香港からニュージーランドに移住した西蘭(さいらん)一家。雨でも晴れでもここでは毎日「さいらん日和」。

ハミルトンって通勤圏?

2017-03-20 | 経済・政治・社会
久々に友人に会ったら浮かない顔
彼女は今月、大きな部署のマネージャーになるはずでした。
「昇進したの?」
「それがねぇ


昇進の話が出たのは去年後半。
現在のマネージャーがハミルトンに引っ越すため
後任として彼女に白羽の矢が立ちました。


友人は経験豊富で有能ながら、子育て世代の真っ最中で
何度も昇進の話を断ってきていました。


しかし、今回は想定以上に大きな部署で責任も給与も大増量(笑)
子どもも大きくなってきたし、ここまで大きな話なら引き受けよう
と腹をくくりました。


マネージャーはアメリカ人女性で、移住後早々に入社して数年、
ご主人と子どももいます。


彼女の計画は、まずご主人が辞職して単身でハミルトンへ乗り込み、
求職や引越しの下準備に駆け回り、その後オークランドの家を売却。
ハミルトンに家を買って夏休みに自分も転居、というものでした。


どこも広々していて子育てしやすそうな街

@ハミルトンガーデン


「夏休みが終わってとうとう行ったのね。」



「それがねぇ



なーんと




なんと




なんと




そのマネージャー




ハミルトンから毎日通勤してるんですと
えぇぇぇえ


仕事の内容から夫婦ともに年収6桁クラスだと思われ、
企業数も職種も限られた場所での求職に苦戦している様子。
「この仕事で夫婦揃ってハミルトンで就職するって大変じゃない
と以前から、友人と話していました。


(※CBDが分散して見えるのは旅行者だから?)


奥さんが暗いうちから家を出て、大渋滞の中を通勤してくる一方で
(※片道2時間半ぐらいかも
ご主人は家事育児をこなし、定職に就いている様子がないため
マネージャーの退職は完全に五里霧中


友人は友人で今のポジションがいつまで続くのかわからず
顧客と新規の長期的な仕事を始めるべきかどうかで悩む悩む
非常にフラストレーションが溜まっているようでした。


「オークランドの家を売って、あっちに家を買ったから
身動き取れないみたいよ。」
多分、両都市の住宅価格の違いでローンとサヨナラしたか、
残高をぎゅーんと圧縮したか?


ハミルトンは昨年の
オークランダーの2016年引越し先ベスト10の第4位


地元経済と流入する資金のギャップが大きいのが心配
と言ってましたが、ホントにその実例のような話。

(※目抜き通りの空室率にドキっとしました)


すべてが上手くいき、友人も予定通りマネージャーに昇進でき
また一緒に遊んでほしい
今は仕事がややこしすぎてそれどころではないらしい(涙)


かくいう私も月末締め切りに向けて
静かに七転八倒中


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

『オセアニア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ネクタイの次はYシャツだった | トップ | オラケイベイ・ビレッジ、と... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む