ニュージーランド移住記録:日記「さいらん日和」

2004年に香港からニュージーランドに移住した西蘭(さいらん)一家。雨でも晴れでもここでは毎日「さいらん日和」。

56歳、初ラン

2018-02-21 | 健康・美容・ファッション
いつか振り返った時、
「ジョギングは44歳の誕生日から始めたのよね~」
と言えるように、44歳の誕生日から始めたジョギング


あれから12年が経ちました。
干支で言えば一巡か~(遠い目)
(※言わなくてもいいけど)


始めたときのユルめ目標として、
「60ぐらいになっても、カルく5㎞は走れる人でありたい
と思っていましたが、56まで来たのでけっこう目標どおり


ご近所ランでも



水や



緑があって



住宅街巡りも楽しく

いつも5㎞。気分や時間次第では6、7、たまに10㎞ですが
基本はずっと5㎞です。


ペースは落ちていると思いますが、全くタイムを見ていないので不明。
こだわっているのは距離だけです(笑)


今年の夏は暑かったのでなかなか走る機会がなく

(※夜はよく歩いていました。こういう事もあるし~


今日になってやっと56歳、初ラン(笑)
やっぱり5㎞でした。


最近読んだ話で、45~65歳までの間にマメに身体を動かしていると
高齢者になったときに筋肉が落ちにくいという研究結果が出たそう。
何歳になっても運動をすれば筋肉はつくけれど、45~65歳までの間に
運動していた人には及ばないんだそうです。


ここで言う運動とは1日30分のウォーキングやスポーツなど。
たまたま44歳から走り始めて、ヨガも再開していたので
60歳どころかぜひ65歳も超えていかなくちゃ
(※トシとってもなかなかヒマにならない件


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オークランドでミルクレープ

2018-02-20 | 料理・食べ物・外食
店があることを知ってはいたものの
自分が甘党ではないせいか、すぐに忘れ
ケーキ屋らしからぬ名前を忘れ
思い出しても、また忘れ


記憶の中を長い間、浮いたり沈んだりしながら漂っていた

フクロウ・パティセリー


ちょうどニューマーケットに行く用事があり、この手が
大好きな夫に声を掛けると一つ返事で行くことになり

コレですよ(笑)


いわゆるミルクレープ

お店の人と話したら全て手焼きの18層なんだそうです
スゴい薄さと美しさと均一さ
機械ではこんなに薄く焼けないんだそうです。


夫のバニラ



抹茶と小豆が好きな善(20歳)の好みのど真ん中のもの



本当に美しい焼き色

私は見て写真を撮るだけ(笑)
ちょっともらいましたが、しっとり美味しかったです。


オーナーらしきお店の人はマレーシア系かインドネシア系か
シンガポール系では?英語のアクセントでそう思いました。


あの一帯にもサウザンドレイヤーケーキと呼ばれ、
中国語だと千層糕(千層ケーキ)というものがあり
いわば平たいバームクーヘン
(※同じ名前の飲茶のデザートもありますが別物)
インドネシア産が有名で出張土産の定番でした。


もしもあの辺の出身でサウザンドレイヤーケーキが
焼けるなら、それにクリームを挟めばミルクレープ
・・・・・と、作りもしないのに言ってみる
ミルもフランス語だと千だし~(笑)


夫は、
「自分へのご褒美ケーキにする
と大喜びだし、善はニューマーケットで働いているメイトを
ぱしりに使ってゲットさせようと企んでるし、
いつもながら、教え甲斐のある男子チーム


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

190 万ドルのリアリティー

2018-02-19 | 不動産・家&庭関係
ニューマーケットに行ったら、左の家がオープンホーム中
(※写真は何年も前のものですが外観は今でも同じ)

この界隈では珍しい19世紀の労働者のコテージと思われる家。
中を見られる貴重な機会なのでいそいそ行ってきました。
(↑単なる野次馬


小さなコテージを奥に向かって倍ぐらいに増築してあり、
増築部分は2階までの吹き抜け+ガラスの多用で
明るいわ狭さを感じさせないわでまるで画廊
オーナーも絵を描く人だそうでたくさんの油絵がありました。


縦に縦に長い昔の区画で、裏庭はかつて家庭菜園というよりも
ズバリ畑として利用されていたのでしょう。
第2次大戦前の区画だと割りとあるサイズ感


ほぼ完璧にリノベーションがしてあり、修繕を怠らなければ
このまま20年はいけちゃいそう
オーナーはオージーだそうで、ブラインドがオージーっぽい!
(※NZでもこのタイプがあると知れただけでもラッキー)


庭もほぼ完璧なランドスケーピングが施されており
イジれる余地は少ないけれど、庭に時間を使いたくなければ
ミニマムのメンテナンスでかなりの景観を維持できそう
鉢植えの多肉があちこちに効果的に使われていました


やっぱ多肉最強
(※とか個人的に頓珍漢に盛り上がってみる)


ベッドルームが1、2階に1部屋ずつ。2階に小部屋もあり
バス・トイレが1階、2階にもトイレあり。
非常に使い勝手が良さそうな効率的かつ美しい改装です。


月末にオークションがあり、
想定レンジは170~190万ドル(約1.5億円)ぐらいだそう。
この場所でこの広さ、地域のアイコン的な存在感といい
ちょっと前なら200万超えだっただろうなぁと思いました。


10人ほどの下見客は
なんと全員アジア人
私たち以外は全員中華系。
そのうち半分ぐらいは中国正月での旅行者かもしれない
雰囲気の人たち。まだ非居住者でも中古物件が買えるので
不動産屋も最後のワンプッシュ


売り主側のセルサイドの不動産屋2人は白人女性2人
中国人グループを連れて来ていた中国人女性は
いわゆるバイサイドの不動産屋で、中国語をいいことに
「ここと比べたらXXXの230万ドルの方がいいわよ。」
と、熱心に別の物件を勧めていました


さっそく今日、不動産屋から非常に丁寧かつ感じの良い電話あり。
基本に忠実に、いい仕事をしている印象。
残念ながら私たちは勉強熱心なだけの野次馬で申し訳ない


「いい家だけど170万で売れるだろうか?」
とも思いました。1~2年前にそれぐらいの予算で探していた
友人夫婦をふと思い出してしまいました。彼らもアート好きで
コレクターでもあるので、こんな画廊のような家が似合いそう
当時は予算内の物件に出会えず、遠くに行ってしまいましたが。


これが2018年2月現在の190 万ドルのリアリティー
果たして1年後の不動産市況はどうなっているのか?



個人的には5月頃のクラッシュに注意しているところ。
私たちもとてつもないローンがあるので、要注意



いつも言っていますが、何があっても

がんばってサバイブしていきましょう


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

久々のマカナ

2018-02-18 | 料理・食べ物・外食
久々にマカナ

ケリケリにあるチョコレートショップ


ここのチョコレートがけマカダミア・ショートブレッドは

絶品だと思います。


スイーツ好きではない私でもつい手が出てしまい、

さいらん家の贈り物ではナンバーのリピ度


ギフトラッピングを頼めばこんな感じに。

今回も何ヵ所かに贈り物


クリスマスバージョンはこんな時もありました。



缶入りだったことも。

(※今もあるのかどうかは不明ながら)


この大きなプチプチは海外旅行でワインを持って行く時に

グルグル巻きにしていくのに使っています。


2016年にモンゴヌイで泊まったオールドオークにも



枕元にチョコのステキな演出



チェックイン前にお店に立ち寄って

おみやげに買っていたのでツーショット(笑)


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2年ぶりのワインチェンバーズ

2018-02-17 | 料理・食べ物・外食
2年ぶりぐらいにココへ



ワインチェンバーズ

キッチンの中が見えるように改装されていました。


予約の仕方
(※電話→オンライン)
内装
メニュー
シェフ
ウエイトスタッフ
オーナー以外すべてが変わった
というほど変わっていました。


確か最後に行ったのが2016年3月



その1ヵ月前に姉妹店のナンバー5に行ってかなりガッカリ体験

どちらもシェフが変わったばかりの頃で、
2人とも家の近くにあったパブのシェフでした。
同時にシェフが2人も移って来たのは、
そのパブが潰れてしまったからでしょう。


カジュアル度が高めのワインチェンバーズの方が
料理と値段がまま合っているかな~?と思いつつ
やはり足が遠のいていました。


今回、再びシェフが変わっているのに気づいてグラブワンで再訪。

一番いい3番テーブルに案内されました
この外の雰囲気がたまらなく好き。


ドイツワイン

間違ってとんでもない甘口を頼んでしまいました


スタッフもガラッと変わっていました。



前菜のエビ



メインのタイ

バレンタイン仕様なのかビートルートでピンクのソース
ここまで味が濃いと魚はもうなんでもいいかもしれない


クレームブリュレ



コーヒー




帰り道、何事にも穏便で、まず文句を言わない人のいい夫が、
「一番美味しかったのはコーヒーかも
とポロリと口していました(笑)


私には前菜もメインも塩分がキツすぎて残念なレベル。
どっちもとなると、この塩分が今のシェフの標準なのかも。


ここは2013年ぐらいまでは一番気に入っていた店でした。
その中でも一番感動的だったのが2012年12月のこの時

シンプルなサマーメニューなのにどれも完璧で
「こんなに美味しいものが食べられるなんて
(※しかもグラブワンで!)
と思ったものです。


当時のメトロ評
ここでも語られているようにメニューはごくありきたりな
「今日のお魚」だのシーザーサラダだの、リゾットだのでしたが
シェフ・ポール・ウィッテの新鮮な素材をふんだんに使った
細やかで華やかな洗練された1皿は、ありきたりなメニューを
大きく飛躍させたものでした。スタッフも素晴らしかったです。


お昼からこのレベルのものが供されるのは、接待などビジネス需要が
ある場所ならではなんだなーと納得する水準と混み方でした。


あれから何人もシェフが変わり、今はこことナンバー5を
1人のヘッドシェフがみているという
(※そんなことが可能なの?)

だいぶ暗くなってきて、この雰囲気はやはり捨てがたい。
やっぱりいつか再訪したいな


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

祝你新年快楽!身体健康!恭喜発財!全家幸福!万事如意!

2018-02-16 | 経済・政治・社会
今日は旧暦正月、すなわち中国正月

アジア暮らし20年の私にはいまだにこっちが新年本番かな?


「こんなに欲張ってよかですか
とういうタイトルですが、中華式にはじゃんじゃん
願って
祈って
努力して

言った分だけ自分もがんばる(はずな)ので
四文字の祝福はいくらあってもいいのですわ。
漢字から意味がおわかりいただけるかと


チャイマに行ったらほんのちょっと飾りつけ。

移住してきた十数年前の方が、どこももっと派手でした。
年々縮小されていくような気がします(寂)


でも店内に流れていたBGMで
「財神がうちにやって来た~
と歌っていて、
「西洋ならうちにやってくるのはサンタだよね~」
とウケました。


豆腐屋は中国正月キャンペーン中
28ドル以上お買い上げなら、豚足1本
55ドル以上なら2本
88ドル以上なら4本
差し上げますという太っ腹企画(なのか?)


「豆腐屋で88ドルも買う物があるだろうか?」
という素朴な疑問も。お豆腐何丁????


こちらは別の企画

なぁぬぅ~
70ドル以上買って1ドル払えば、ヤマサしょう油(1.8ℓ)が買えるって?
70ドル以上買ったのに、そんなこと教えてくれなかったな~
(※偶然撮っていたこの写真で気づきましたわ)


戌年、出だしからつまづいてるかも(笑)


我が家では温(24歳)が年男
元気に一段上のステージに上がっていってほしいものです。


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

見送り決定

2018-02-15 | ラグビー・ヨガ・スポーツ
出ましたよ~

まぁざっくり100万円
しかもコレ、お一人様料金


なんの価格かというと

2019年に日本で開催されるラグビーワールドカップの
決勝戦・準決勝(2試合)・3位決定戦観戦7泊のツアー料金
(※なんで「ば」なの?)


これには飛行機代はもちろん交通費が入ってません

なにもグランドニッコー東京台場じゃなくてもいいと思うの。


2人で200万円+飛行機代+食事代+交通費etc
250万円でも全然足りなそう


ラグビーっていつからそんなに高いものになったんでしょう
前回のイギリスのときはチケットだけのパック料金があったのに。
(※飛行機とホテルは自分でアレンジ)


ラグビーバカの足元を見た、バカでも鼻白む料金設定
世のスポーツイベントは今やそういうものなのかもしれないけれど
NZの草の根ラグビーからずーっとかかわってきた身には
金額はもちろん、この商業主義はムリだ~
見送り決定


これだけの資金があったら、ローンの繰上げ返済でもしますわ(笑)
(※そっちきたー


その代わり(になるのか?)、たまたま同じ昨日に発表された
全く別のツアーに珍しく3人という人数で申し込みました
それはそれで楽しみです。
(※ラグビーとは全然関係ないんですが)


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

義理チョコはいらないから

2018-02-14 | 料理・食べ物・外食
「義理チョコはいらないから
と数日前に夫に宣言されていたので、


「へいっ
とばかりに本日は青信号並みに堂々通過


と思ったら、夫はこんな隠し玉を出してきました

目玉おやじではありません
モーツァルトボールと呼ばれるそうで
善(20歳)のオーストリアみやげ


「街中どこでもいろいろ売ってるよ。味はみんな一緒なんだって。」
というボールの中身はヌガーを包んだチョコボール
(※他にも中身はいろいろあるのでしょうが)


息子のおかげで義理チョコではないチョコがあって
夫ははっぴ~
だと信じる妻


これはスペインからのおみやげ

スペインはスペインでもバスク地方に行っていたそう
(※死ぬまでに行くことがあるだろうか?)


どうりで写真を見てもなにもない



ネット環境は今回回ったヨーロッパでは最悪で

みんなすることなくて健康的(笑)


缶の中身はトフィー

なんとも素朴な作りで添加物ゼロの安心感(笑)


これもスペインみやげ

すごーく素朴な手作りのような味わい。
今のオークランドの湿気に自然に湿気るところが
これまた安心感(笑)


今夜のメニューはポケボール
バレンタインのバの字もないままフツーに過ぎて行く日常


このコたちには義理マグロと義理アジかな?

「・・・・・・」
「・・・・・・」



にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NZの退屈男、引退

2018-02-13 | 経済・政治・社会
非常に残念な日。

NZの退屈男、引退


「次の選挙まではもたないなー

と思いつつも、
「もしかしたら
という期待も心のどこかにはありました。
(※同い年だし


しかし、残念ながらビル・イングリッシュ前首相は
27年の政治キャリアにピリオドを打ちます。


前回総選挙で国民党は第1党になりながら
連立に失敗して4期目にして野に下りました。
「選挙に勝って連立で負けた」
とマスコミの言うとおり。


ジョン・キー元首相が人寄せパンダとしてしっかり首相を務める傍ら
日夜電卓を叩きつつ(?)財政再建に血道を上げ
公約通り財政均衡を成し遂げたのは、まさにイングリッシュ。


絵に描いたような縁の下の力持ち、首相の女房役
他の先進国が羨んだNZ経済の好調さの裏に
この地味にして辣腕の財務相の仕事があったのは明らか。
民間人だったら、とっくに欧米にヘッドハントされていたでしょう。


しかし、彼は地味で、自分でも認めるように退屈だった(笑)

アーダーン首相のような華やかさも若さも話題性もなく、
あるのは実力と誠実さと結果だけ。


でも、世の中はインスタ映えするポピュリズム一辺倒で
目新しさや話題性、素人っぽさや写真写りに賭けた

選挙後の泣きそうだったホスキングを観て
こっちまで泣きそうでした。


「これほど上手くいっていたものを、間違っているということこそ
間違ってる
と吼えていましたが、全く同感。
(※セブンシャープ辞めたのもわかる


2008年以降、
どれだけ多くの人が生活保護から自立して働き始めたか。
どれだけ多くの人が家を買ってローンを払ってきたか。
財政は改善し、高速道路など社会インフラが整備され
その間にクライストチャーチ地震もカイコウラ地震もあったのに
債務残高は対GDP比で目に見えて減少し・・・・


アイルランドが大きく躓こうが
ギリシャが破たん寸前になろうが
「NZは大丈夫
と心から思えたのは、


この退屈男が金庫番をしていたから

財界は常にキーよりイングリッシュをより評価して
真の実力者、本物の政治家を見抜いていました。


自分の目が黒いうちに彼を越えるNZの政治家を
この目で見ることがあるだろうか
とさえ思います。


この元トレーダーが自分のキャリアを利喰わなければ
退屈男と一枚岩になっていたら歴史的第4期もあったかも

今頃は空港へのモノレール乗り入れではなく、
ノースショアへの鉄道乗り入れという
もっともっと将来性のある世紀の大事業の話をしていたかも。


退屈男がコツコツ貯めた財政黒字が大学や専門学校の学費無料化や
年間1億本だかの植樹で湯水のように消えて行くのかと思うと
言葉もありません


私が予想以上に早くNZ国籍を取ったのも

この国の国家運営に惚れこんだのも一因でした。
もう後戻りはありませんが、


財政をどう立て直し、国家を運営し、国民を導いて行くのか

この9年間に多くのことを学びました。
本当に予算案はつぶさに勉強しましたよ(笑)
(※家計には全く活かされませんでしたが



お疲れさまでした

そして、ありがとう


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長男で失敗、次男を死守

2018-02-12 | 海外子育て
善(20歳)は今日から出社(のはず)
ウェリントンで研修中ですが、
親も子育て完全終了
ウレシいなぁ


週末に同年輩の友だちと会ったら、
「大変~ 息子が出てっちゃったの~」
と泣き笑い


善と同い年で去年大学を卒業した息子クン
四大銀行の1行から3年間丸々奨学金をもらっていた優等生で
卒業と同時にその銀行に就職


そこまではよかったものの、就職を前に、
「このまま家に住むなら、少し家賃を入れなさいよ。」
と軽~い気持ちで言ったら、


「カネとるんだったら出てく
とまさかの展開に
ご主人無頓着
彼女はガクシ


時すでに遅く、とっとと友だちとフラッティング(共同生活)の
段取りを決めてきてしまい、引っ越して行ってしまったそうな
「ほんのちょっとの金額だったのよ~」
と残念そうな彼女。これから次男死守(笑)だそうです。


そんなこともあろーかと、さいらん家では
家賃の話は一切ナシ
それどころか、食事・洗濯・アイロン付きで
状況次第ではお掃除サービスも始まるかもよ~(笑)


我が家も長男にはとっとと出て行かれてしまったので

絵葉書をくれたり連絡密のマメさはあるものの、まだ家にいる
次男死守(笑)
(※みんな長男で失敗する?)


コヤツらもいるから旅行中は猫シッターもしてもらわないと。



「リョコウはダメだニャン



にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

善が社会人に

2018-02-11 | 海外子育て
善(20歳)が今日から社会人になりました
日曜日なのに(笑)


前乗りで今日からウェリントン入り

いつかの写真なので快晴ですが、リアルでは大雨
ジェットスターは2時間遅れだったらしいです。


新人研修でしばらく首都に滞在します。
全国各地から新人たちが集まります。

2時間遅れの間、新入社員同士で交流してたのか?
誰が誰だか機上で着席するまでわからないのか?
いつもはマメに連絡をくれるのですが、
さすが出張中、通信ゼロ(笑)


夜はこういうところで親睦会かな



ずっと好景気が続いてきたNZ
新入社員の定着率がものスゴーーく低いらしく
会社側もあの手この手で社員の引止めに躍起のよう。


「公認会計士になる前に辞めちゃうの?」
「そう。1年もたないんだって。」
「もったいな~い
「クライアントや他のファーム(監査法人)からオファーがあって
どんどんいなくなっちゃうらしいよ。」


ライバルとの人材の奪い合いはお互いさまとしても
相手がクライアントとなると、話はややこしい


NZの公認会計士協会の総本山

ここにも行くのかしらん?


「ラーダーまで行く余裕ないよね~」

と呑気なのは親ばかりなり(笑)
市内から離れたミラマーにある、私たちの神カフェ


まあね、親も30年前とはいえ、新人を経てきたわけだし
社会に出て行く誰もが経験する新しい日常の始まり

働くことに楽しみを見出し
信頼される人材になり
苦しいときでも乗り越えられる
ガッツと仲間を得て
前に前に進んで行ってね


社会人、おめでとう


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

温故知新でラシガール

2018-02-10 | 料理・食べ物・外食
心から寛げることを知っている場所に足繁く行こう!
ザ・食べ歩かない記(笑)
と、ココで言っていましたが、
今年は慣れ親しんだ場所に頻繁に出没する予定


さっそく足を運んだのは、久々のラシガール・フレンチ・マーケット

ランチのピークをはずしたつもりながら、相変わらず混んでいました。


夫のチョリソ・ドッグ

私のはとっとと食べちゃいました


ここに来始めたのは10年以上前。もっとローカル色濃い頃でした。
当時は土曜日しかやっていなくて、買い物客の本気の買いっぷりが
市場の真骨頂で、オーガニックの店が多かったような。


当時は子どものラグビーがばっちり土曜日だったので(夫は監督)
私たちはラグビーシーズン以外しか来ることができませんでした。

(※毎週末こんな状態)


オフの1月は地元の人たちがバッチ(別荘)や海外に行っているのか
マーケットは見た目にも明らかなほど閑散としていて
「おぉぉお さすがパーネルっ!」
と思ったものでした(笑)


ここは平日に「入りにくい居酒屋」風に営業しているところに

(※誰もいない外席とか


やたらに暗い店内とか)



サクッと忍び込んで



日々変わるメニューを

その日の気分で選ぶのが好きです


コーヒーもマーケットの紙コップよりも

カップでしっかり飲みたいし


さらに好きなのは閑散とした夜

(※でも貸し切りのこともあるので要注意)


去年は3~4月ぐらいまではマメに行っていたのに
その後は忙しくなって、ご無沙汰してしまいました


今年はぜひラシガール・ナイト復活だぁ



オーナー夫婦の奥さんエリザベスさんが去年交通事故に遭い、
幸いにも九死に一生を得られたそう。
平日のカフェで車椅子姿をお見かけしましたが、
(※それでもとてもとてもエレガントでした)
一日も早い快復をお祈りします


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

来年こそは!(まだ2月だけど)

2018-02-09 | ラグビー・ヨガ・スポーツ
ココのことで何も手に付かなかった先週末は
ハミルトン・セブンスでした。


観客動員数激減で開催をギブしたウェリントンに代わっての
HSBCワールドラグビー・セブンスシリーズ
(※平たくいえば7人制ラグビーの国際大会)
初開催


この手のお初には果敢に参戦したい方ながら(観るだけですが)
今年は善(20歳)がヨーロッパに行っていたこともあり
(※猫がいるので基本家を空けたくない)
去年のブリスベン・テンスが猛烈に暑かったこともあり
なんとなくパスでした。


でもヤダ、みんな楽しそう。
出遅れたー(笑)

しかもオークランドが大雨だったのにこの晴天


選手までこんな笑顔だしー(笑)



弱冠19歳のビリモニ・コロイ

あのセブンスのレジェンド、トマシ・カマの再来か
といわれる超大型新人


キックも蹴るので、この時点では得点王



善より若いかと思うと120%親目線で

こんなヒゲでも
かーわーいー
これからもがんばるのよ~


ミケ(ルソン)ちゃんも若手を引っ張ってがんばり中
地元開催だしね。
セブンスだけで1000得点をあげてるなんてスゴい!


しかし、白ジャージのフィジーは強かった。

決勝戦で南アフリカを24-17で下して優勝
NZはオージーにも負けてまさかの4位


来年こそは(まだ2月だけど)
ぜひ観に行こう

選手だけ見てたら「NZってどんな国ってなりそう(爆)
「こんな国」ですわ


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小夏の命日に

2018-02-08 | 今日のクロコロ
4年間外飼いで可愛がってきた小夏が逝って丸1年。



あの時、小夏が好きだった小夏席にお供えをしたら

急に雨が降り出しました。


今日も小夏席にお供え



ココの分まで缶詰2缶



夕方になって部屋の中がピンク色なのに気づき、外を見ると

見たこともないほど明るい色


その直後にこんなありえない色になり



思わず夫と善を呼んだほど!



2人は素直にベランダに出て夕焼けを見ながら
私たちに万が一のことがあった時のハワイの不動産について
真剣に話し合っていました
(※解説:NZとオーストラリアは一つの遺言で足りるのですが、
アメリカの資産には適用されないので、別の方法を検討中


その後、雨が降りだし、なんとなく
「ココが行ったな~」
と感じました。


ココの姿が見えなくて寂しそうなコロ

(※コロは猛烈に私に甘えるようになりました)


あまり変わりないクロ

(※常にマイペース・・・笑)


また3人と2ぴきで仲良く元気に生きていきましょう


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

前向きな内向きの1年を

2018-02-07 | 私事&仕事
NZの誕生日の翌日は



自分の誕生日
56歳になりました。
誕生日が同じ長男・温は24歳です


と言っても、正直ココのことで心ここにあらず。
(※シャレじゃない
気がついたら当日になっていた


今日ちょうど善(20歳)が30日間世界一周を終えアメリカから戻り
家族揃って食事へ行くことに


ブラクKK
という究極の二択で


ファインダイニングのブラクか



マレーシア料理KKか?





さーどっちくる















KKがあっさり勝っちゃう、さいらん家

男子チームの大好物の揚げ豆腐
(※誰の誕生日かはこの際関係ナシ


意外にも空港から帰って、シャワーを浴びたら善はまっすぐバイトへ。
相当の金欠なのか、職場が恋しいのか、引継ぎ業務があるのか?
(※社会人になるので、バイトはあと3日で退職)


どれも正解のようで1日がっつり仕事
結果、ランチではなく夕食を一緒にすることに。


庭が美しいブラクはどちらかというとランチに行きたく

またの機会に。


KKならKKで、それも
はっぴー



メニューいらない状態で

いつもの(笑)


昼でも夜でもラクサご所望



顔が洗えそうな量です(笑)



善も負けじと(?)

サテー


今回は全皿写真撮った~
と思ったら、やっぱり忘れた善のコーンスープ
相変わらずここに来ると、誕生日でも食べすぎ


主役は私ではなく、完全に欧州帰りの善
「住むならドイツかオーストリア!」
という爆弾発言も飛び出し
土産話に花が咲く咲く



56歳は母がくも膜下出血で倒れ、九死に一生を得た年齢です。
私は父よりも母に体質が似ているようで要注意かも


ウィキ先生によれば、くも膜下出血は
脳血管障害の8%を占め、突然死の6.6%がこれに該当する
50歳から60歳で好発し、男性より女性が2倍多いとされる



女性に多いとは知りませんでした
56歳は好発時期のど真ん中なんですね。


しかし、
最初の出血で3分の1が死亡する
4週間以内では約半数が死亡するといわれている。
救命できても後遺症が残る例が多く、完全に治癒する確率は2割

という恐ろしい現実も


私も父から連絡をもらったとき、
「良くて半身不随。ダメなら最悪の事態。喪服を持って来るように」
と言われ、手持ちの黒服を持って香港から急いで帰りました。


結果、母は完治して70歳を過ぎても看護婦として働き
今も元気にしています。幸いなことに2割に入りました。


さらにウィキ先生は
隔世遺伝性の病気
とも言ってくれているので、子どもの私のリスクは低い
(※孫である子どもたちの方がリスクあり???)


心配しても仕方のないことは心配しないことにしているので
万が一倒れてしまったら、後は運を天に任せましょう(笑)


それよりも与えられる時間に感謝し、日々精一杯生きて
大切な家族と自分で選んだNZにいられることのありがたさを
噛みしめて生きていきましょう


55歳はゴーゴーガールとイタいことを言っていたら、
ホントに飛ばした1年で忙しかったので
(※忙しさの片鱗はコチラでも)
56歳は前向きな内向きを目指して足場固めの年にします。


最近再び励んでいる多肉の寄付



再開すると相手は植物なので止まらなくなって、

これまた忙しい


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加