ニュージーランド移住記録:みたび

移住は帰らなくてもいい終わりのない旅。人生そのものも旅。そして気づき始めたあの世への旅。旅と夢限定ブログ

トンガリロ・ラグラン行:トンガリロまで

2017年05月20日 | 国内:トンガリロ

2016年11月のネルソン・モトゥエカ旅行記が終わったところで
今度は2017年1月の今年最初の旅行記に入りまーす


毎年1月に夫婦で行くトンガリロ・クロッシング
NZ北島の屋根とも言える三峰のうち、マオリが一番神聖視する
トンガリロ山の周辺20kmを6、7時間かけて歩くコース


私たちの初詣のようなものです
2012年から始めたので今年で6回目になりました。


スキー場として有名な最高峰ルアペフ

標高2,797m


富士山の頭だけのようなナウルホエ

標高 2,291m


山域の名前にもなっているトンガリロ

標高1,968m


三峰揃い踏み



まずはオークランドから南下してハミルトンへ

ハミルトンの最愛カフェ
スコッツ・エピキュリアンでランチ


これを食べにハミルトンに来ているような(笑)

看板料理アグリオ・オリオ


そしてデザート

私は毎回フリアンで。


これがオークランドにあったら絶対に通ってますわ。

ある意味、ハミルトンでよかったかも
ここに来る楽しみがあります。


去年の同じ時期はまだ夏休み中で

絶賛閉店中
オーナーによると夏休みの期間は毎年違うそう。


その後も南下して時が止まっているようなタウマルヌイ通過



何回寄ってもカフェに寄るような時間ではなく

どこにも立ち寄ったことがありません。


トンガリロ国立公園到着

国立公園内の定宿ザ・パークにチェックイン


部屋が変わってる~

リネン類や家具を変えたよう。


こんな写真も今までありませんでした。

これってトンガリロなのかしらん


ふ、冬山

夏には来ても、冬に来ることは決してない場所。


さっそく毎年恒例の定点観測へ

国立公園駅に併設されたレストラン、ステーション


いつかここで食事をすることがあるかなぁ?



シェフのお奨めは毎年チキンカツだったのに、今年はポークでした。

(※どうでもいいことなのに、ナゼか気になる


うちだったら何年ももちそうな薪の量



ちゃんとエアコンがあったのもウケました



去年まであったこの手造りのような家

今年はなくなって建て替えられていました。


壁からして手造りの不揃いだったウェザーボード

趣のある家だっただけに残念


あちこちに停まっている、いかにも日本の中古バス

これで観光客があちこちに送迎されます。


あっ

今年はまた裸ん坊


去年は服を着せられていたのにね



今年は初めてこのスペイツバーで1杯

NZでよくあるオレンジ色のニクいバー(笑)


でも夕食はやっぱり宿に戻って

「ただいま~
という気分になります。


私はいつもの

パスタ


夫もいつもの

バーガー


〆のコーヒー



「お天気になりますように

願掛けをして早々にベッドへ

『オセアニア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ネルソン・モトゥエカ行備忘録 | トップ | トンガリロ・ラグラン行:6回... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む