Pieces of My Life♪/NYのちょっとだけ田舎な暮らし

NYの田舎で10歳と7歳の子育て中。子供達の勉強サポートしながら発達や成長を考えているうちに、楽しくなってきました♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

娘の演じた「イエス生誕劇」(汗)

2016-12-23 | 子供イベント

娘がChristmas Pageantという、
「イエス生誕劇」を演じることになっておりました。
息子は2年生のときに、「大天使聖ミカエル」役に大抜擢され、
本人は「天使なんて嫌だ~、嫌だ~。」と、嫌がっていた思い出があります。

娘はどうかと言いますと、
「なんかね、劇するの。」と言ってきましたので、

「ほう、何の役するの?」と尋ねると、

「シェパード(羊飼い)。」と娘。

「えっ?!羊飼い?天使とかじゃなくて、羊飼い?」
と、意外な役柄に驚いたので聞くと、

「だって、女の子はみんな天使になりたい、天使になりたいって、
取り合いで、誰も譲らなくて、
そんなバカ気たことしたくないから、
私は手を挙げて、『シェパード』になりたいですって、
そう言ったわ。」
と言います。

「ほう。。。まあいいんじゃない?シェパードだって重要な役だからね。
頑張ってね。」
ということになっておりました。

はい、劇を演じる当日がやって参りました。
教会に入ると、


ええっ?!あれれっ?!
こんな色鮮やかな紫色の衣装着てるよ?

と言うことで、

わたくし小声で「えっ?!リンちゃん、その衣装?」
と聞くと、
満面の笑みで「うん」と頷く娘。
「えっ?シェパード(羊飼い)なのに、そんな色の服?
えっ?シェパードなんだよね?」
と尋ねると、
「う~~ん」と首を横に傾ける。。。
「えっ?何の役?」
と聞くと、
シッシッとわたくしを手で追い払うようにし、
あっちに行けと合図する。

えっ?!この子、一体何の役?

この子、ちゃんと演じれるんでしょうか?とハラハラしながら観ていました。


宿屋の女将役ということが分かりました。

しかも、解けた腰紐をヌンチャクのようにブンブン振り回す(苦笑)。
最後には全部解けて、
「縄跳びでもするんですか?」
と言いたくなる勢い(汗)。

確かに、無駄に天使役が多いこと。。。

しかしそのときです。
読めましたよ。
6年もこの「突拍子もない子」の母親やってますからね、
完全に流れが読めました。
そうに違いない!
さすが、変わった子。。。
と、苦笑いが止みませんでした(苦笑)。

劇が終わって車へ向かうときに娘が、
「ああ私、イン(宿屋)の女将の役だったのね。
演じてる途中に分かったわ。」
と娘。。。(汗)

続けて、
「元々はシェパード(羊飼い)だったんだけどね、
今日行って衣装見たら、
シェパードって汚い色の服なの。
こ~んなきったない服なんか着たくない!と思ったら、
衣装箱の中に、
綺麗な紫色の服が入っていたから、
わ~、リンちゃん、これ着たい!って言って、
今日違う役になったの。」

さすが、「紫色の布を売る女・リディア」から名前を取っただけあります。
紫の衣装には目がない様子。

「でも、リンちゃん、
突然役が変わって、
よく不安じゃなかったね?
緊張とかしなかったん?」
と聞くと、

「インの女将だなんて、
小声で話してるだけでいいだろうから、
口パクでいいわ~と思ったの。」
と娘。

わたくしの読み通りで笑った。。。

この子、面白いわぁ。
この調子で成長していって欲しいと思います(苦笑)。

クリックしていただけると励みになります

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 年末の身辺整理的な? | トップ | Merry Christmas! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。