入笠牧場その日その時

入笠牧場の花.星.動物

    ’17年「初夏」 (16)

2017年06月20日 | キャンプ場および宿泊施設の案内など


 昨日の牛の入牧については、地元紙「信濃毎日新聞」、「長野日報」、そして「伊那ケーブルテレビ」とJA上伊那の広報担当が取材のために来ていた。例年のことである。
 今朝来るときに、2紙を買って読んでみた。写真は長野日報の方が良いと思ったが、どちらも入牧の様子が簡潔な記事にまとめられていた。ただし、入牧頭数が昨日が11頭、すでに10頭が放牧されていることには触れても、その頭数が意味することにまでは言及してなかった。
 事前の知識があれば、昨日上がってきた牛を加えてその全頭数が、この牧場の収容できるわずか10分の1でしかないことを知っただろうし、そうであればその激減した牛の数が示唆する酪農や、畜産の現実もそれとなく読者に伝えることができただろうに、記者たちにはそういうところまでの関心はなかったようだ。

 牛の行動については、今でもよく分からない。孤独の58番は、昨日からあまり移動せず、ダケカンバの林の終わった斜面にいて、その100メートルほど下の草地に9頭の牛がいた。58番は何かを訴えるように2度3度と咆哮したが、下まで下りてきて仲間に加わろうとはしなかった。
 第1牧区には12頭が放牧されているはずだから、あと2頭が足りない。こればっかの牛を探すのは骨の折れる仕事だが、沢を挟んで群から大分離れた別の草地にいた。1頭は和牛でもう1頭はホルスタインだった。9頭の群れの中に、同じ蓄主の牛がいても、同じ群れに入ろうとしない牛たち。

 そろそろ梅雨らしい天気になるようです。営業内容につきましては、「H29年度の営業案内」「続H29年度の営業案内」を参考にしてください。


 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«     ’17年「初夏」 (... | トップ |     ’17年「初夏」 (... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。