入笠牧場その日その時

入笠牧場の花.星.動物

      ’17年「初夏」 (10)

2017年06月13日 | キャンプ場および宿泊施設の案内など


 昨日、中アの伊那小屋へブロックを担ぎ上げる、伊那市の催しについて触れたら、TDS君から新たな情報を頂戴した。それによれば、ブロックはすでに足りていて、しかし似たような企画の要望が寄せられているので、今度はブロックならぬストーブ用の薪運びが検討されているという。
 荷揚げという行為は確かに同じだが、ブロックと薪とでは、大分話が違ってきはしまいか。ブロックはそれが小屋の建設に利用され、運んだ者の思いが小屋に残こる。その一方の薪は、小屋の煤として残るかもしれないが、それで運んだ人は満足できるだろうか。小屋は素泊まりでも6000円ほどだと聞く。こんな方法での善意をあてにしなくてもよくはないか。それとも、そういう人らには、何らかの恩典でも与えるつもりなのだろうか。だとしても、あまり好企画とは思えない。



 ホトトギスが朝からよく鳴く。まだ「トウキョウ」は難しいのか、「トッキョキョカキョク」と、早口で聞かせてくれるだけだ。それに比べて、あれだけ鳴いていた同目同科のカッコーの声がしない。他の鳥の声もしない。

 牛はいつも 舌とあそべり 梅雨晴間  ―― 牧野麦刀

 うーん、まさに今見えている牛の素振りだ。TDS君の紹介。 

 そろそろ雨に濡れたクリンソウを見に、お出掛けください。営業内容につきましては、「H29年度の営業案内」「続H29年度の営業案内」を参考にしてください。
 


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«       ’17年「初夏」 ... | トップ |       ’17年「初夏」 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

キャンプ場および宿泊施設の案内など」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。