入笠牧場その日その時

入笠牧場の花.星.動物

    ’17年「春」 (19)

2017年04月20日 | キャンプ場および宿泊施設の案内など


 本日、牛守だけの「牧開(まきびらき)」をした。参列者はHAL。実は昨日も、撮影の下見立ち合いで上がってきていたが、一応正式にはきょうから仕事が始まる。今年で、11年目に突入した。
 
 初日、身体がまだ順応していないせいで、車を走らせながらまだ高遠か、やっと小豆坂トンネルか、といったように通勤の長さが気になった。これが慣れてくると、気が付けば山室の谷を走っていたり、あるいはそれがオオダオ(芝平峠)であったり、焼き合わせであったりと、距離の感覚が次第に薄れ、ついには気にならなくなるものだ。そしてその分、日毎に変化していく自然の様子を観察するのが楽しみになる。森の中はまだ芽吹きには早いが、それでも日の光や鳥の鳴く声などで、いい季節がすぐそこまで来ているのが分かる。
 北門の手前で中ア、北ア、その中でも駒ヶ岳、御嶽、乗鞍、穂高を眺め、ここで第1牧区の鹿の動静も探った。山並みの美しさはきょうも目をみはるばかりで、考えてみればこういう大自然に惹かれて、ただそれだけでこんな畑違いの仕事に就いてしまった。いつかはこの仕事を辞め、山を下りる時も来るが、澄んだ広い空や遠くの山々を飽かず眺めつつ、それまではここで精一杯働こうと思っている。
 鹿はいた。随分と頭数が減ったと思っていたが、日の当たる斜面に遠目でも4,50頭が群れを作っていた。その後第3牧区でも20頭ばかりを見ている。狩猟期もいつにか終わり、安心してなのか座ったまま日向ぼっこしているのまでいて、そういうのを見ると何だか馬鹿にされているようで癪に障る。電気牧柵の設置、罠の仕掛け、今年も鹿には手を焼かされることになるだろう。
 牧場内を一通り見て回った。冬の間に倒れた木や、破られた牧柵などが目に付いた。鹿がいるくらいだから、一番芽が出始めた所もある。キャンプ場の枯れ木や鹿の落とし物を片づけたり、露天風呂を立ち上げたりと、初日は後からあとからいろいろな課題が、さあどうだと言わんばかりに迫って来た。

 そろそろ5月の連休の予定を立てようとしている読者の中には、当施設の利用を考えてくれている人もいると信じます。とりあえず、カテゴリー別「H28年度の営業案内」「続H28年度の営業案内」を参考にしてください。若干の料金改定があったとしても、前年度実績のある方については、据え置く方針でいます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«     ’17年「春」 (1... | トップ |     ’17年「春」 (2... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。