入笠牧場その日その時

入笠牧場の花.星.動物

    H28年度 「冬季営業の案内」

2016年10月28日 | H28年度冬季営業の...


年末年始(12月30日から1月3日)の営業については、まだ決めかねております。希望者があれば、できるだけそれに沿えるようにしたいと考えています。ご希望、ご意見を寄せてください。
 年末年始の期間に営業した場合は、宿泊者人数は一人でも二人でも可能とします。料金は1名3000円/1泊、プラス薪炭料500円/泊となります。ただし、昨シーズンの冬季利用者については、料金を2500円に据え置いた上で、薪炭料は500円です。
 
 冬季営業(11月21日から3月31日)は、最低催行人数10名、5名以上の連泊も考慮いたします(人数についてはご相談を)。なお、10名以上は原則貸し切りといたします。料金は年末年始と同じです。
 なお、当山小屋は、食糧、飲み物の用意は一切ありません。ご苦労様ですが担ぎ上げてください。

 小屋は玄関、廊下、台所2か所、トイレおよび48畳の畳部屋があり、12畳づつに仕切ることも可能です。備品は大型ガスコンロ、同ガス釜、食器、寝具、冷蔵庫などで、自由に使用できます。ただし、後片付け、掃除は利用者に負担してい頂くため、自前の寝袋、使い捨ての食器などが便利でお勧めです。暖房は石油ストーブが大型1台、中型2台、小型2台あります。水道は冬季間は使用できないこともあるため、雪を融かすか持参を覚悟してください(緊急用として60リッターは確保)。






                                              Photo by Ume氏

 申し込み方法:年末年始の営業をする場合は(検討中)、申し込みは12月20日まで、予定人数の20名を越えた場合は(そんなことはまず
        ない)打ち切らせていただきます。
        その他の期間は利用予定日の最低でも10日前までに。10名以上は貸切となるため、早ければはやいほど有利です。
        「NPO法人みろく山の会」からはすでに今冬も予約をいただいてます。

 申し込み先:JA上伊那東部支所組合員課(直通TEL:0265-94-2473)、もしくは直接管理棟(0266-62-4122)まで。ただ
       し、昼もしくは夕方5時前後にお願いします。管理人の携帯でも結構です。

 近年スノーシューの人気が高まり、ゴンドラを利用して入笠に来る登山者が増加しています。しかし、もう少し足を伸ばして、是非とも伊那側の雪の森や林へ来てみることをお勧めします。静まりかえった白い森の中を好きなだけ歩き、時代遅れの山小屋でしっかりと酒を飲み、笑います。あとは寒さに耐えて凍れる星々の歌声に耳を澄ませば、空から感動が降ってくるでしょう。

 参考までに:1)入笠山頂-ヒルデエラ(大阿原)-テイ沢-高座岩-本家御所平-農協ハウス、2)農協ハウス-御所が池方面、3)牧場周回コー       ス、4)半対峠方面、5)小黒川林道-南沢-程久保山-ヒルデエラ(大阿原)-テイ沢-農協ハウス、6)法華道から牧場
        以上のコースはほんの参考ですが、カットすることも、加えることもできます。余裕を持つなら連泊をお勧めいたします。

 ご意見や質問をお受けします。よい企画があれば、それもコメント欄へお願いいたします。I川さん、「歩く中」さん、期待してます。京都のK来さんも。そしてもちろん、大勢の貴方や君にも。冬の入笠牧場およびその付近を知るには、他の年の同時期のブログを(特に2月)参照してください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«     ’16年「秋」 (5... | トップ |     ’16年「秋」 (5... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。