入笠牧場その日その時

入笠牧場の花.星.動物

    ’17年「夏」 (4)

2017年07月11日 | キャンプ場および宿泊施設の案内など


 朝、放牧地から中央アルプスを眺めると、幾つものちぎれた雲がそのまま形を変えず、まるで青い空に引っ掛かったような状態で浮かんでいた。千切れ雲の形からしても、次の動きが今にもありそうだったのに、そうならなかった。雲だけなら、画像が停止してしまったような中途半端な印象だったが、全体では雄大な山の眺めにもなっていた。

 さすがにきょうの天気に、暑さの苦手なホルスタインは草の上に休んでばかりいた。囲いのゲートを開け、いつでも第4牧区へ移れるようにしたが、動かない。夕暮れ時になってようやく、牛の動きが活発になってきた。(7月10日記)

 きょうも、あまり牛たちの動きはよくない。気温は25度、じっとしていれば半袖の肌着に加えもう1枚、上に着るものが欲しいくらいだ。それなのに牛の動きが鈍いのは、どうしたことだろう。第4牧区に移動できるようにしておいたのに、牛たちは囲い罠内の上部にある比較的なだらかな草地に集合し、かたまって横になったまま、時折尻尾を動かすくらいだ。
 上(第1牧区)へ行ったら、いつもいる御所平には牛の姿はなく、結局、牧区内を一周した。この牧区の牛たちも怠惰を決め、何をするでもなくただ暇を持て余しているふうだった。
 下に戻ると、囲い罠の牛が水場に何頭か来ていた。そこで種牛も含め5頭ばかりを誘引して第4牧区に移した。早速電気柵の試練を受け、あっちこっちでうめき声がしたが、マッキーは得意気に踊り出し、はしゃいでいた。

 真昼間だというのに、鹿が放牧地に現れるようになった。牛がいるから安心して出てきたのだろう。

 8月につきましては、キャンプの場合も、できるだけ予約をお願い致します。キャンプ場及び山小屋の営業内容につきましては、「H29年度の営業案内」「続H29年度の営業案内」を参考にしてください。

 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«     ’17年「夏」 (3) | トップ |     ’17年「夏」 (5) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。