入笠牧場その日その時

入笠牧場の花.星.動物

    ’17年「夏」 (28)

2017年08月10日 | キャンプ場および宿泊施設の案内など


 牧神の孫娘か、はたまた妖精か。ここは巨大な倒木も含め、自然が造った森の傑作である。モミの大木や、枯れた立木の間を小さな沢が流れ、その透明なせせらぎが緑の苔を洗い、育てている。柔らかな水音が深い森の静寂に溶け込み、霧を加えて深い余情をいつも感じさせてくれる場所だ。
「いらっしゃい、森の精・・・」

 実は、昨日のCM撮影の本番に備え、その幾日か前にカメラテストを行った。その際に、モデルの「代理」として登場したのがここに写っている女性である。強風や霧の中で、健気にその代理役を演ずる姿を見て感心した。
 ところが、関係者らの目にはその様が、未開の地に住むヤマナミかなんぞが、それまで見たこともない女性と対面したかのごとく見えたらしい。美女はたくさん来るのに、まだまだ修行が足りなかったと自戒。
 いや、思い出した。「某(それがし)が監督なら、この森ではあの娘に演じさせたい」などと冗談口を叩いたのがいけなかったのだ。代理の女性も、だが、この雰囲気が素晴らしかった。まさに、お・と・ぎ・の・国。
 
 ウムー、 短い夏が去った秋、またあの森へ行ってみよう。おとぎの国はもう存在しないだろうが、澄んだせせらぎの音や、鳥の声、それにあの倒木の周囲には霧を連れたいい風が吹いて、季節は少し進んでも、森はきっとあの時のままだろう。

 こんなんで、良かったかな。

 8月中は、キャンプの場合も、予約をお願い致します。キャンプ場及び山小屋の営業内容につきましては、「H29年度の営業案内」「続H29年度の営業案内」を参考にしてください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«     ’17年「夏」 (2... | トップ |     ’17年「夏」 (2... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

キャンプ場および宿泊施設の案内など」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。