入笠牧場その日その時

入笠牧場の花.星.動物

    ’17年「早春」 (17)

2017年03月19日 | キャンプ場および宿泊施設の案内など

                                          Photo by Ume氏(再録)

 きょうの写真、少し季節を進め過ぎてしまったかも知れない。まだ芽吹いてから日の浅い、幼い緑の葉に、露の滴が光る。実生からようやくここまで成長するには柔らかな苔や、湿った土の中にあった養分が助け、支えてくれただろう。かつては、森を賑わせた葉や、木々が年月を経て朽ち、土中に還り、また次の代のために新しい役割を担う。再生ということか。転生ということか。
 こういう自然界の生々流転は殆ど、誰も知らないところで起きている。去年行った、笹平沢の流れのそばに生えていたクヌギの老木も、あの谷の中を強い風が吹けばもうあの根では維持できず、今度行ったら精根尽きた老人のような倒木の姿が迎えてくれるかも分からない。しかしそれで終わるわけではない。そんなことはしょっちゅう起きている。やがて辺りに落ちていた幸運なドングリがヒョッコリト芽を出し、そして辛抱強く長いながい年月をかけ、成長していくはずだ。森も谷もそうやって続いてきた。これからも、人がおかしなことをしなければ、続いていく。
 
 たまには、いじくり過ぎた観光地を避け、誰も行かないような森に少数で出掛けてみるといい。原生林の深い暗い森や、飛沫を上げて流れる渓には、感動や、驚きがあるはずだ。特にこれから迎える季節は、そういう自然が向こうから待っていてくれる。
 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«     ’17年「早春」 (... | トップ |     ’17年「早春」 (... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。