入笠牧場その日その時

入笠牧場の花.星.動物

    ’16年「冬ごもり」 (23)

2016年12月20日 | キャンプ場および宿泊施設の案内など


「お前、昨日はエラク思わせぶりな終わり方をしたな」
「あっ、大先輩、お恥ずかしい限りでござる」
「あれは、あれだけの話か。続編はないのか」
「何を仰る、もちろんあれだけのことで、続編などはござらん」
「ふむー、それにしても山でお前の浮いた話は聞かなかったなぁ」
「イヤー、大先輩におかれては、泥沼の恋愛の果てに、今の奥方を娶られたと伺っておるのでござるが」
「オレの妻(さい)奴のことか、あれは脅迫されたのだ。死ぬとか殺すとか言ってな」
「それはまた随分と物騒な話でござるな。とてもそんなお方には見えぬのでござるが」
「女は狂う・・・」
「ハーァ、そうでござるか。そう言えば、ひところ、顔中に傷をこさえていたことがござったな、くわばら、くわばら」
「言うな、そんなことまで。ところで山の思い出を書くと言っておきながら、あまり登攀の話は出てこないが」
「それでござる。不思議なくらい、これといって話題にしたくなるような思い出がないのでござる」
「そんなことはあるまい。谷川、北岳、穂高、剣・・・、方々(ほうぼう)へ行ったじゃないか、事故だって起こしたし」
「どういうことなんでござるのか、焚火についてアレコレ、風が吹いたからボソボソ、雪が舞ったからドウシタ、とは何とか書けるのでござるが」
「もう、登攀なぞに関心がない、ということなのかも知れないな」
「確かに。陰ながらお慕いもうし上げた女(ひと)への思いが、いつしか淡雪のごと消えてしまったようなものでござろうか」
「おっ、またそこへいくのか、そこへ」
「大先輩、『ある日、心の痛みは癒えても、思い出の消え去ることはない』、でござる」
「One day the pain would be gone; but never the memory. あれだな。分かった、よし酒でも飲みながら聞いてやる、ン?」
「・・・」

 【平成28年度冬季営業】
平成28年度冬季営業についてはこちらをクリックしてください。

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«     ’16年「冬ごもり」... | トップ |     ’16年「冬ごもり」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

キャンプ場および宿泊施設の案内など」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。