入笠牧場その日その時

入笠牧場の花.星.動物

    ’16年「秋」 (46)

2016年10月17日 | キャンプ場および宿泊施設の案内など


 きょう雨の中、まき牛(=種牛)を含む牛の第一陣が山を下りていった。残りの牛は明後日になる。もう牛たちに、牧場管理人としてしてやれることは終わった。今年も雨の多い年だったのに、1頭の事故牛も出ず、有難かった。
 牛のいなくなった大沢山の第3牧区へ行けば、早くも放牧地には1群の鹿が、我が物顔で草を食べていた。

 一昨日は「海山」のご夫婦が1年ぶりにやってきて歓談した。山奥氏が漁からの帰り、大きな鰹を置いていってくれた。また御料地について研究しているO沢氏が、戸台から小黒川林道を徒歩で登ってきて、同夜はここに泊まった。ふたりで、満月を肴に大いに語り、また学んだ。
 


 この写真は、明治のころに埋設したと思われる石標で、宮内省(当時)を意味する宮を図案化した印が見える。本家・御所平峠と高座岩の間にもうひとつある。以前にも、小黒川の両側はかつての御料林であったと書いたが、その名残がこの石標である。O沢氏に教えてもらい、早速確認しに行った。
 明治になって官有林の大半が御料林に変えられたが、その現地踏査や測量を行ったのが神足勝記という人で、O沢氏は彼の足跡を全国に追っている。
 
 昨日は北原のお師匠が、長女の運転でやってきた。車内に草刈り機があったので驚いて、思わずまだ草刈りをやるつもりかと叫んでしまったが、今だに法華道のことが気になっているようだ。次女とそのご主人も後続して来て、5人で本家・御所平峠まで行き、お師匠が背負いあげたお地蔵さまに額づいた。お師匠も一時よりか元気を取り戻したようで、安堵した。

 ブログの更新を怠っていたため、山の中でおかしくなってはいないかと心配をおかけしたが、その間には珍しくふつ日ばかり晴天が続いた。それでか紅葉が進んだ。今年の紅葉は今一つらしいが、ここにいればいつもと変わらぬ秋が、どこへ行っても溢れるほどあって、身も心も染まりきる。
 
 今月の最終の週末は新月、天体観測に最適。冬の星座を代表するオリオンや昴が、どこよりも美しく見えます。
 山小屋「農協ハウス」とキャンプ場の営業に関しましては、カテゴリー別の「H28年度の営業案内」及び「続・H28年度の営業案内」をご覧ください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«     ’16年「秋」 (4... | トップ |     ’16年「秋」 (4... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。