入笠牧場その日その時

入笠牧場の花.星.動物

    ’17年「夏」 (31)

2017年08月13日 | キャンプ場および宿泊施設の案内など


拝啓O里様
 シベリア鉄道は、いまだ果たせぬ長年の夢であります。大黒屋光太夫を主人公にした井上靖の「おろしや国酔夢譚」や、それを元に作られた某作家が旅するTV番組では、極寒のシべりの苛烈さも知りました。また、別の作家で「さらばモスクワ愚連隊」とかいう塩気のない小説に失望して、以来この人の本を読まないことにしたのも、シベリアの縁と言えなくもありません。
 年を重ねるごとに北方志向もあやふやになり、今では温暖な土地への旅も夢も見るようになりました。しかしそれでも、シベリアへの憧れだけは変わりません。できればこの仕事を辞めてからにしたいのですが、それまで待てぬなら、仕事が一段落する11月から4月の間でも構いません、シベリアの旅にぜひ同道したいものです。
 シベリアと言えばもうひとつ、かの地における戦後の抑留者の苦労話も、記憶に強くあります。就中、祖国に帰れずに終わった人々の望郷滾る中での無念の死を。
 今年の初めころ、そうした異国の地に倒れた父やその仲間のために私費を投じ、苦労の末にかの地に慰霊碑を建立した遺族の女性の記事を読み、感動しました。この独り言にも載せましたが、読んでくれたでしょうか。もし読んでいただいてなければ、家に戻れば記事は大切に持っていますので、詳細口達とさせてください。「この千羽鶴に乗って祖国へお帰りください」、・・・何度読んでも泣けました。

 入笠牧場の夏は、既報しているように今年は横道にそれたまま、次の季節を迎えるようです。神足勝記に関する執筆は進んでいますか。一息入れて、高原の涼風に吹かれにやってきてはどうですか、歓待します。都会の炎熱に負けぬようご自愛ください。
                                                敬具

 8月中は、キャンプの場合も、予約をお願い致します。キャンプ場及び山小屋の営業内容につきましては、「H29年度の営業案内」「続H29年度の営業案内」を参考にしてください。



 
 
 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«     ’17年「夏」 (3... | トップ |     ’17年「夏」 (3... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

キャンプ場および宿泊施設の案内など」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。