音楽の大福帳

Yoko Nakamura, 作曲家・中村洋子から、音楽を愛する皆さまへ

■平均律1巻1番 Preludeの冒頭第1小節目には、バス声部が不在■

2015-10-27 00:02:16 | ■私のアナリーゼ講座■

■平均律1巻1番 Preludeの冒頭第1小節目には、バス声部が不在■
   ~ KAWAI 名古屋「平均律1巻1番アナリーゼ講座」~
               2015.10.27  中村洋子

 

 


★Bachの 「Manuscript Autograph  自筆譜」を勉強しますと、

「曲の構造」、「どのように演奏すべきか」が、

すべて表現されていることに、気付きます。

つまり、≪記譜≫により、それらが説明されているのです。


★あとは、個人がそれをどのように解き明かすか、

ということになります。

例えば、平均律1巻1番 Preludeの「1小節目」を見ますと、

音の出現順序は「 c¹  e¹  g¹  c²  e²  g¹  c²  e² 」です。


現在の実用譜はほとんど、大譜表であるため、

バス記号(ヘ音記号)上に、「 c¹  e¹ 」が記譜されています。

ト音記号上には、「 g¹  c²  e²  g¹  c²  e² 」が記譜されています


★こうしますと、2分音符の「c¹」は、≪バス声部≫の音に

なってしまいます。

符点4分音符と4分音符がタイで結ばれた「e¹」は、

一見、≪テノール声部≫のように見えます。

しかし、 Bachの「Manuscript Autograph  自筆譜」は、違います。

 

 


2分音符の「c¹」は、バス記号上に記譜されています。

「e¹」は、ソプラノ譜表上に、記譜されています。

即ち、この「e¹」はテノール声部ではないのです。


★それでは「c¹」は、どの声部なのでしょうか?

これは、≪テノール声部≫なのです。

何と、この冒頭第1小節目には、バス声部が不在なのです。


★では、どこからバス声部が登場するのでしょうか。

この点が、この曲の肝心要、要諦なのです。

講座で詳しく、ご説明いたします。


答えを言いますと、10小節目の「d」音で、

やっと、バスが出現するのです。

1小節目~9小節目までは、バスがありません。

四声が出揃うのは、10小節目以降となりますので、

この曲を弾く際には、声部構成を明確に提示した演奏を、

目指すべきです。


★しかし、テノール、バスを特定できたとしても、

その上声を、大雑把なソプラノとアルトに分離するだけでは、

単調な演奏となるでしょう

 

 


平均律1巻1番の Fuga C-Durも、神秘に満ちた曲です。

アルト声部の「c¹」から始まる Subject 主題は、

「 c¹ 」から 「 d¹  e¹  f¹ 」と、しっかりとした足取りで、

音の階段、音階を登っていきます。


★続く2小節目後半から始まる Answer 応答 の冒頭音は「g¹」です。

これも、「g¹」から「 a¹  h¹  c²」と、音の階梯を

朝日が昇っていくように、上昇します。


★1小節目の Subject「 c¹ d¹  e¹  f¹ 」と、

この Answer を合わせますと、

何と、「C-Dur」の音階「 c¹ d¹  e¹  f¹  g¹  a¹  h¹  c²」に、

なるではありませんか。

これは、この曲の最終27小節目の上声

「 c²  d²  e²  f²  g²  a²  h²  c³ 」に対応し、

互いに呼応します。

 

 

★しかし、驚きはそれだけではありません。

2小節目アルト声部の2拍目からは、

「 a¹  g¹  f¹ e¹  f¹ e¹ d¹  c¹  d¹  c¹  h  a」ですが、

これを要約しますと、

「 a¹  g¹  f¹ e¹  d¹   c¹  h  a 」となります。

「a-Moll」 の下行自然短音階なのです。


★同じように、4小節目上声にも、

「  g¹ a¹   h¹   c²  d²  e²  fis²   g² 」、

つまり、「G-Dur」上行音階が隠れています


★「a-Moll」 は、主調「C-Dur」の平行短調です。

「G-Dur」は、主調「C-Dur」の属調です。

どちらも「C-Dur」の最も緊密な近親調です。


★「C-Dur」という王者のような音階が、

右大臣、左大臣を従えて、しずしずと厳かに

登場します。

 

 

----------------------------------------------------------------------------------

■バッハ 平均律 第1巻 1番 C-Dur Prelude& Fuga アナリーゼ講座

・日時 :  2015年 10月 28日(水) 10:00 ~ 12:30

・会場 :  カワイ名古屋2F コンサートサロン「ブーレ」

・予約: Tel 052-962-3939

----------------------------------------------------------------------

■講師 :   作曲家  中村 洋子  Yoko Nakamura

      東京芸術大学作曲科卒。作曲を故池内友次郎氏などに師事。
     日本作曲家協議会・会員。ピアノ、チェロ、室内楽など作品多数。

          2003 ~ 05年:アリオン音楽財団 ≪東京の夏音楽祭≫で新作を発表。

          07年:自作品 「 Suite Nr.1 für Violoncello
         無伴奏チェロ組曲 第 1番 」 などをチェロの巨匠
         Wolfgang Boettcher ヴォルフガング・ベッチャー氏が演奏した
    CD 『 W.Boettcher Plays JAPAN
                         ヴォルフガング・ベッチャー日本を弾く 』 を発表。

          08年: CD 『 龍笛 & ピアノのためのデュオ 』
        CD 『 星の林に月の船 』 ( ソプラノとギター ) を発表。

          08~09年: 「 Open seminar on Bach Inventionen und Sinfonien
                  Analysis  インヴェンション・アナリーゼ講座 」
                    全 15回を、 KAWAI 表参道で開催。

          09年: 「 Suite Nr.1 für Violoncello 無伴奏チェロ組曲 第 1番 」の楽譜を、
    ベルリン・リース&エアラー社 「 Ries & Erler Berlin 」  から出版。
 
         10~12年: 「 Open seminar on Bach Wohltemperirte Clavier Ⅰ
                  Analysis 平均律クラヴィーア曲集 第 1巻 アナリーゼ講座 」
                    全 24回を、 KAWAI 表参道で開催。

          10年: CD 『 Suite Nr.3 & 2 für Violoncello
                  無伴奏チェロ組曲 第 3番、2番 』
                        Wolfgang Boettcher 演奏を発表 。
       「 Regenbogen-Cellotrios  虹のチェロ三重奏曲集 」の楽譜を、
             ドイツ・ドルトムントのハウケハック社
       Musikverlag Hauke Hack Dortmund から出版。

          11年: 「 10 Duette für 2 Violoncelli
                         チェロ二重奏のための 10の曲集 」の楽譜を、
    ベルリン・リース&エアラー社 「 Ries & Erler Berlin 」 から出版。

          12年: 「 Zehn Phantasien für Celloquartett (Band 1,Nr.1-5)
      チェロ四重奏のための 10のファンタジー (第 1巻、1~5番)」の楽譜を、
      Musikverlag Hauke Hack  Dortmund 社から出版。

          13年: CD 『 Suite Nr.4 & 5 & 6 für Violoncello
                  無伴奏チェロ組曲 第 4、5、6番 』
                        Wolfgang Boettcher 演奏を発表 。
         「 Suite Nr.3 für Violoncello 無伴奏チェロ組曲 第 3番 」の楽譜を、
      ベルリン・リース&エアラー社 「 Ries & Erler Berlin 」 から出版。

          14年:「 Suite Nr.2、4、5、6 für Violoncello
        無伴奏チェロ組曲 第 2、4、5、6番 」 の楽譜を、
       ベルリン・リース&エアラー社 「 Ries & Erler Berlin 」 から出版。

           SACD 『 Suite Nr.1、2、3、4、5、6 für Violoncello
                            無伴奏チェロ組曲 第 1, 2, 3, 4, 5, 6番 』 を、
     「disk UNION 」社から、≪GOLDEN RULE≫ レーベルで発表。

            スイス、ドイツ、トルコ、フランス、チリ、イタリアの音楽祭で、
      自作品が演奏される。

         ★上記の 楽譜 & CDは、
「 カワイ・表参道 」 http://shop.kawai.co.jp/omotesando/ 
「アカデミア・ミュージック 」         https://www.academia-music.com/academia/s.php?mode=list&author=Nakamura,Y.&gname=%A5%C1%A5%A7%A5%ED
 https://www.academia-music.com/                           で販売中。

        ★私の作品の  SACD 「 無伴奏チェロ組曲 第 1 ~ 6番 」
   Wolfgang  Boettcher ヴォルフガング・ベッチャー演奏は、
  disk Union や全国のCDショップ、ネットショップで、購入できます。
http://blog-shinjuku-classic.diskunion.net/Entry/2208/

 

 

※copyright © Yoko Nakamura    
             All Rights Reserved
▼▲▽△無断での転載、引用は固くお断りいたします▽△▼▲

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■西洋音楽の基盤・平均律1巻... | トップ | ■Mozartの作曲はBach由来の厳... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。