音楽の大福帳

Yoko Nakamura, 作曲家・中村洋子から、音楽を愛する皆さまへ

■「ゴルトベルク変奏曲」アナリーゼ講座・最終回のお知らせ~2017年9月16日~■

2017-07-13 00:26:10 | ■私のアナリーゼ講座■

■「ゴルトベルク変奏曲」アナリーゼ講座・最終回のお知らせ■
~2017年9月16日(土) Odysseusは、いよいよ大航海を終える~
                   2017.7.13 中村洋子
  

 

★先週7月8日は、「Goldberg-Variationenゴルトベルク変奏曲」の

第2期4回目(第9回)アナリーゼ講座でした。


★第25、26、27変奏について、お話いたしましたが、

「第25変奏」は、「Goldberg-Variationen」のHöhepunkt頂点の曲です。

チェンバロ1台で、≪ Matthäus-Passionマタイ受難曲 ≫と同じくらい

広大な世界を、描き切った作品です

人類の宝、誇りである、とも言えます。


★講座では、この「第25変奏」が、

≪Matthäus-Passionマタイ受難曲≫のどの曲と対応し、

さらに、モティーフの相関関係すら読み取れること

ご説明しました。

また、「第25変奏」の一音一音について、私が和音を付け、

それをピアノで実際に演奏し、直に聴いて頂きました。


★それによって分かることは「第25変奏」における転調、

特に後半部分での「遠隔転調」の、重要さです

この「遠隔転調」は、闇雲にただ遠い調に飛んでいる、

という転調では決してなく、その妙なる精緻さこそが、

「Goldberg-Variationen」全体設計の根幹を成している、

という事実です。

このことは、実は、≪Matthäus-Passionマタイ受難曲≫を

深く勉強することにより、より鮮明に理解できていきます。

 


★この「第25変奏」を始まりとする第25、26、27の

「3曲1セット」に続く、「第28、29、30変奏」は、

「Goldberg-Variationen」の大団円となります。


Odysseusオデュッセウスは、いよいよ大航海を終え、

懐かしいPenelopeペネロペの待つ「旅の出発地」へと、

戻ります。


★9月16日の最終回アナリーゼ講座は、

「第28、29、30変奏」のアナリーゼ講座の後、

休憩をはさみ、

特別講座:≪「ゴルトベルク変奏曲」の源泉は、「平均律1巻」と
         「インヴェンションとシンフォニア」にあり≫を、

開催いたします。


Bachの「ゴルトベルク変奏曲」の着想は、

どこから湧き上がったのか、

その源泉を「平均律1巻」と「インヴェンションとシンフォニア」に、

探ります。


★「ゴルトベルク変奏曲」のCathedral大伽藍が、その姿を、

燦然と現すことでしょう。

 

 

------------------------------------------------
■Bach「ゴルトベルク変奏曲」アナリーゼ講座・最終回

第1部 ≪第28、29、30変奏≫
第2部 ≪「ゴルトベルク変奏曲」の源泉は、「平均律1巻」と
             「インヴェンションとシンフォニア」にあり≫

■日時:2017、9月16日(土) 13:30 ~ 18:00

■エッサム本社ビル4F 「こだまホール」 (※従来と会場が異なります)
  東京都千代田区神田須田町1-26-3 電話:03-3254-8787
  (JR神田駅北口 徒歩3分 ※エッサム1、2号館ではありません)
■予約:アカデミアミュージック企画部 電話:03-3813-6757
     E-mail :fuse@academia-music.com

http://www.academia-music.com/new/2017-07-10-113903.html

-------------------------------------------------

バッハの音楽はなぜ美しく、私たちの心をとらえて離さないのか・・・
 人類の宝「ゴルトベルク変奏曲」が、どういう構造で成り立っているか、
 一見、単純に見えながら、複雑に組み合っているその「和声」と「対位法」を、
 ピアノで弾きながら、詳しく分かりやすくご説明いたします。

第10回(第2期第5回)の講座では、
 第1部 ・未来へと無限に開かれ、その予言のようにトリルが煌めく第28変奏
       ・オーケストラ的着想が、剛毅に次々と繰り出されていく第29変奏
       ・長い旅路の後、懐かしい主題(アリア)へと回帰していく第30変奏
                              の3つの変奏曲を掘り下げていきます。
 
                (休憩)

 第2部 ・特別講座
       『ゴルトベルク変奏曲の源泉は、
             均律1巻と、インヴェンションとシンフォニアにあり』
                         
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・第28変奏 満天の星が一斉に輝き始めました。煌めくトリルは、アルト、テノール、
そして後半はソプラノにまで広がります。同時に、8分音符による神秘的な
半音階モティーフが現れます

・第29変奏 28番と一対になってこの偉大な変奏曲の大団円を迎えます。
左右交互に激しく奏される三和音や分散和音によるパッセージ。
駆け上がり駆け下りる音階。真夏の夜の壮大な花火のようです。

・第30変奏 バッハは「クォドリベット(滑稽な俗謡などを混ぜ合わせた曲)」と
書いています。 当時の通俗的な歌を二曲混ぜています。うち一曲は
「君のそばに、長い間いなかったね・・・ 」、あまりお上品とはいえない曲ですが、
バッハの手に掛りますと、こんなに気品に満ちた曲に変貌します。
「君」即ち「Aria アリア」にやっと帰りつきました。


第2部特別講座は、「ゴルトベルク変奏曲」全曲の総まとめです。
バッハは、「ゴルトベルク変奏曲」全30曲をどのような構想と意図により作曲したかを、
分かりやすくお話いたします。その源泉は、ほぼ20年前に完成された「平均律1巻」と 
「インヴェンションとシンフォニア」に、さかのぼることができます。

 

 


■講師: 作曲家  中村 洋子
 東京芸術大学作曲科卒。

・2008~15年、「インヴェンション・アナリーゼ講座」全15回を、東京で開催。
  「平均律クラヴィーア曲集1、2巻アナリーゼ講座」全48回を、東京で開催。
     自作品「Suite Nr.1~6 für Violoncello無伴奏チェロ組曲第1~6番」、
     「10 Duette fur 2Violoncelli チェロ二重奏のための10の曲集」の楽譜を、
                ベルリン、リース&エアラー社 (Ries & Erler Berlin) より出版。

      「Regenbogen-Cellotrios 虹のチェロ三重奏曲集」、
     「Zehn Phantasien fϋr Celloquartett(Band1,Nr.1-5)
       チェロ四重奏のための10のファンタジー(第1巻、1~5番)」をドイツ・
       ドルトムントのハウケハック社  Musikverlag Hauke Hack  Dortmund
       から出版。

・2014年、自作品「Suite Nr. 1~6 für Violoncello
       無伴奏チェロ組曲第1~6番」のSACDを、Wolfgang Boettcher
       ヴォルフガング・ベッチャー演奏で発表
                disk UNION : GDRL 1001/1002)

・2016年、ブログ「音楽の大福帳」を書籍化した
  ≪クラシックの真実は大作曲家の自筆譜 にあり!≫
   ~バッハ、ショパンの自筆譜をアナリーゼすれば、曲の構造、
          演奏法までも 分かる~ (DU BOOKS社)を出版。

・2016年、ベーレンライター出版社(Bärenreiter-Verlag)が刊行した
  バッハ「ゴルトベルク変奏曲」Urtext原典版の「序文」の日本語訳と
  「訳者による注釈」を担当。

    CD『 Mars 夏日星』(ギター二重奏&ギター独奏)を発表。
     (アカデミアミュージック、銀座・山野楽器2Fで販売中)

2017年、ベーレンライター出版(Bärenreiter-Verlag)刊行のバッハ
    平均律クラヴィーア曲集第1巻」Urtext原典版の
     ≪「前書き」日本語訳≫
     ≪「前書き」に対する訳者(中村洋子)注釈≫
     ≪バッハ自身が書いた「序文」の日本語訳≫
     ≪バッハ「序文」について訳者(中村洋子)による、
                   詳細な解釈と解説≫を担当。
                         (近日発売)

 


 

※copyright © Yoko Nakamura    
             All Rights Reserved
▼▲▽△無断での転載、引用は固くお断りいたします▽△▼▲

『芸術』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■「ゴルトベルク変奏曲」の頂... | トップ | ■ベーレンライター「平均律1... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

■私のアナリーゼ講座■」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。