音楽の大福帳

Yoko Nakamura, 作曲家・中村洋子から、音楽を愛する皆さまへ

■平均律第 1巻 1番前奏曲で、「反復」のもつ大きな意味■

2010-01-24 17:45:20 | ■私のアナリーゼ講座■
■平均律第 1巻 1番前奏曲で、「反復」のもつ大きな意味■
                  10.1.24 中村洋子


★「平均律第 1巻 1番」の前奏曲は、あまりに有名で、

なんら疑問をもたず、スラスラと弾いてしまう、

そんな傾向に、なり勝ちです。


★「第 1巻 1番 前奏曲」は、「第 1小節の前半」で、

分散和音から成る「音型」が、まず現れ、

「第 1小節の後半」では、それを全く同じ形で、反復します。

1小節目から、32小節目までは、これが続きます。


★この「第 1小節後半」の弾き方について、

前半の「反復」、または「影」のような形として、

安易に捉えられては、いないでしょうか?

私は、そのようには、捉えておりません。

では、この後半の反復の弾き方、をどのようにするか?

その答えは、実は「34小節目」に、隠されています。


★「34小節目」のバスの「ド」の音は、ほとんどの原典版、

校訂版で、「全音符」と、しているようです。

ところが、バッハの自筆譜では、「2分音符二つ」で、

記譜しています。

「全音符」では、ないのです。


★バッハが、「タイ」を書き忘れたのでしょうか?

「タイ」をつければ、もちろん、「全音符」になるのですが、

≪書き忘れたのではない≫、ということは、

「アンナ・マグダレーナ・バッハのためのクラヴィーア曲集」

からも、分かります。

妻のアンナにより、写譜された「この曲」の同じ部分が、

やはり、「タイ」ではなく、「2分音符二つ」になっています。


★作曲家本人と、妻の二人が、同じミスをするとは、考えられません。

「アンナ・マグダレーナ・バッハのためのクラヴィーア曲集」は、

「1725年」の日付が、あります。

この曲が、実際に、写譜されたのが何年かは、不明ですが、

「1725年」は、平均律が成立した「1722年」以降であるうえ、

このアンナの小曲集は、家族全体で楽しむための曲集でしたから、

もし、「タイ」が、書き忘れていたのでしたら、

夫のバッハにより、直ちに、訂正されていたことでしょう。


★何故、このように、改竄されてしまったのでしょうか。

私の持っております「 KALMUS 」社の

「 Hans Bischoff 校訂版」Traslaed by Alexander Lipsky に、

「全音符」とした理由が、脚注に書かれています。


★This tie from C to C is very logical ;

yet we must admit the uncertainty of its having been

handed down from the manuscripts ; even the tie in

the previous measure is omitted in some of them.

訳してみますと、

ここでCからCへと「タイ」で結ぶことは、大変にロジカルである。

手稿譜を写すことにより、伝えられてきた、という

不確かさがあることを、認めなければならない。

というのは、その前の小節であるはずの「タイ」が、

いくつかの手稿譜では、書き落とされているからである。


★以上の英文が、言いたいことは、

問題の 34小節の前の 33小節で、バッハの自筆譜で存在する

「タイ」を、書き忘れれているものすらある、

それほど、筆写譜は不正確である。

バッハの自筆譜には、34小節で「タイ」が書かれていないが、

「タイ」を付けたほうが、論理的である。

ということのようです。


★「 Hans Bischoff 校訂版」は、この「34小節目」を、

一応、「タイ」で結び、「全音符」としていますが、

その「タイ」は、≪括弧≫で書いています。

つまり、「全音符」でも「2分音符」でも、どちらでもいい、

と、言っているようにみえます。

この「Bischoff 校訂版」が書かれた 19世紀末の時代は、

慣習的に、「全音符」となっていたかもしれません。

このように「括弧」で、「タイ」を書いたのは、

大変に、良心的であり、評価できると、と思います。


★「ヴィーン原典版」(日本語版)と、「 旧ヘンレ版 」は、

明確に、「全音符」としています。

その理由を、「ヴィーン原典版」は脚注で、

「第 34小節ではバッハは、ちょうど段の変わりめに

かかったため、タイの記入を忘れている」と、しています。

しかし、この理由は、間違っていると、思います。

その理由は、上述のとおりです。


★「べーレンライター版」は、「タイ」を、

実線ではなく、≪点線≫で、書いています。

「Bischoff 校訂版」と、同じ考えでしょう。


★「Hans Bischoff版」の「タイがあるほうが、ロジカルである」

という脚注は、前回のブログでも書きましたように、

「タイ」があるほうが、一見、明解で分かりやすい、ということです。

しかし、バッハの手書譜どおりに、

「タイ」を付けないで、3拍目のバスの「 ド 」を、

もう一度、弾き直しますと、天才バッハの狙った、

素晴らしい効果が、実は、現れてくるのです。


★ 1小節目から 32小節目までの、各小節内の前半部分を、

もう一度、後半で反復させている理由も、そこにあります。

これが分かりますと、演奏するうえで、

とても、大きなヒントが得られます。


★要は、この前奏曲の各小節の後半が、単なる「反復」や「影」

ではなく、独立した、重要な意味をもっている、ということです。

どうぞ、皆さまも、まず、34小節目の 3拍目の「 ド 」を、

(テノール声部の、長く延びた「 シ 」の音を聴きながら)、

心を込めて弾き直し、35小節目の終止和音を、弾いてみてください。

「反復」ではない理由が、自ずと体得できると、思います。


★「第 2番ハ短調」前奏曲の、1小節目~ 24小節目までも、

この 1番の 1小節目~ 32小節目までと同様、

1小節の前半を、後半で繰り返しています。


★以上の点につきましては、

26日の「平均律アナリーゼ講座 第1回」で、

詳しく、分かりやすくお話いたします。


★このように理解して弾きますと、実は、クラシック音楽の

あらゆる大作曲家の曲が、特に、フレーズの作り方の点で、

大変に、弾きやすくなります。

シューベルト「 即興曲 Op.90-2 」を、その例として、

講座で、ご説明いたします。


★この小さな「前奏曲」のどこに、それ以降の、

クラシック音楽の形を、規定するほどの力が、秘められているか、

お分かりになると、思います。


                      (椿:嵯峨本阿弥)
▼▲▽△無断での転載、引用は固くお断りいたします▽△▼▲
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■バッハ・インヴェンション1... | トップ | ■平均律第 1巻 1番のフーガの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。