音楽の大福帳

Yoko Nakamura, 作曲家・中村洋子から、音楽を愛する皆さまへ

■Bachが平均律1巻冒頭に書いた“序文”の意味を解明できました■

2017-03-25 14:58:17 | ■私のアナリーゼ講座■

■Bachが平均律1巻冒頭に書いた“序文”の意味を解明できました■
~ゴルトベルク変奏曲17変奏から始まる完全8度音程の壮大な「大四角形」~
          2017.3.25   中村洋子

 

 


★私はテレビを持ちませんので、時々ラジオを聴きます。

アナウンサーの方に鼻声の方が多いようです。

花粉症の季節ですね。

桜の開花もあとわずかです。


★3月8日の名古屋アナリーゼ講座(次回は6月14日水曜)や、

18日の「Goldberg-Variationen ゴルトベルク変奏曲」アナリーゼ講座で、

忙しい毎日でした。


★いまは、Bärenreiterベーレンライター「平均律クラヴィーア曲集1巻」の、

「前書き」の翻訳と、それに対する私の注釈などの執筆が佳境に入り、

いよいよ完成間近となりました。

 

 

 


★この「平均律クラヴィーア曲集1巻」の最初のページに、

Bachが、“序文”とみられる文章を大きく書いています。

★以下がその訳です。
----------------------------------------
「Das Wohltemperite Clavier.(よく調律されたクラヴィーア)」
       または(即ち)、
長3度 即ち [ド、レ、ミ」 と、短3度 即ち 「レ、ミ、ファ」 を含む
全ての全音と半音によるプレリュードとフーガである。

音楽の学習途上にあり、これから意欲的に学ぼうとする若い人や、
既に音楽に習熟した人たちの特別の楽しみのために。

アンハルト・ケーテン侯爵閣下の現楽長(カペルマイスター)で、
侯爵閣下の室内楽監督(ディレクター)である
ヨハン・セバスティアン・バッハにより
書かれ、作られた。
             1722年
----------------------------------------

★この短い文章をそのまま訳しましたが、そのままでは、

バッハが伝えたかったことが、理解されないと思われます。

音楽の大天才バッハは、音楽とは異なり、

文字による表現では、少々ぎこちない面があり、

舌足らずであったのは、仕方ないことでしょう。


★従来の楽譜には、“序文”の訳がそのまま掲載されることは、

ありましたが、それをどう解釈するかについての、

言及は見たことがありません。


バッハがこの「序文」で訴えたかったことは、

このようなことではなかったかを、私は熟考しました。

解明できたと、思います。


★この“序文”は、キーワードを散りばめた内容です。

バッハ存命中、その周囲にいたお弟子さんや息子たちにとっては、

そのキーワードを見るだけでバッハの言いたい事が理解でき、

至極当たり前に「ああ成程ね」と、思ったかもしれません。


★しかし、現代の私たちにとっては、そのままでは理解できません。

その手引きとなる注釈が不可欠です。

この私の解釈は、これまで長年にわたって、

「Inventionen und Sinfonien  インヴェンションとシンフォニア」、

「Wohltemperirte Clavier 平均律クラヴィーア曲集」、さらに、

「Goldberg-Variationen ゴルトベルク変奏曲」のアナリーゼを

自筆譜や初版譜に基づいて行ってきたから可能となったと、

自負しております。

 

 


近く、刊行されますので、どうぞご期待ください。

「Goldberg-Variationen ゴルトベルク変奏曲」の翻訳と私の注釈は、

既に出版されています。

https://www.academia-music.com/academia/search.php?mode=detail&id=1501733634
https://www.academia-music.com/academia/search.php?mode=detail&id=1501733635


3月18日のアカデミア「「Goldberg-Variationen ゴルトベルク変奏曲」

アナリーゼ講座では、Var.19、20、21の三つの変奏曲について、

お話いたしました。


★しかし、「19変奏」を理解するためには、

「17変奏」まで戻る必要があります。

「17変奏」の29小節目について、初版譜ではこうなっています。

 

 

下声(左手の声部)を、分かりやすくト音記号に直します。

 

 

この下声冒頭の「h」と、上声2番目の16分音符「h¹」の8度音程は、

耳に突き刺さるよう、突出して聴こえます。


★しかし、これこそが、Bachの意図なのです。

この「h-h¹」の完全8度音程を「四角形」の一角として、

17変奏29小節目から、18変奏、19変奏の前半16小節目までの、

初版譜(19ページ)には、それはそれは見事な「大四角形」が、

形成されているのです。


★そして、その「大四角形」が、次の19変奏後半

(初版譜の20ページ)に、驚くような方法で集約されていきます。


★これを、何と譬えましょうか?

和声や対位法の「禁則」という“地雷”が、

あちこちに埋まっている地雷原を、踏むと見せかけながらも、

巧みにかわし、疾走していくスポーツカー・ポルシェ、

そんなイメージです。


★以前、当ブログで書きましたように、

この29小節目下声1拍目を「g」に、改竄している楽譜は、

誤りです。

 

 


その楽譜では、“地雷”がすっかり除去され、

安全な大地を、大衆車でゆっくりと平穏に運転していく、

そんなイメージです。

凡庸。


★次回の「Goldberg-Variationen ゴルトベルク変奏曲」

アナリーゼ講座は、5月13日(土)は、22、23、24変奏の三曲です。

この「大四角形」が、ここでどのように投影されていくのでしょうか。

楽しみです。

 

★次回「Goldberg-Variationen ゴルトベルク変奏曲」

アナリーゼ講座:5月13日(土)13:30~16:30 

 

https://www.academia-music.com/academia/m.php/20161026-0

 

 


※copyright © Yoko Nakamura    
             All Rights Reserved
▼▲▽△無断での転載、引用は固くお断りいたします▽△▼▲

コメント
この記事をはてなブックマークに追加