夫婦でシネマ

夫婦で見た映画と、個別に見た映画について感想をかいてます。全て映画館で見た映画で、ミニシアター系の映画をたくさん紹介!

年末まとめて映画レビュー! vol.3

2007年12月29日 | ちょっとコーヒーブレイク


今年もあと残り2日になってしまいましたね。。毎年言っていますが、本当に1年あっという間でした。この映画ブログを始めて1年以上になりますが、今年は特にブログを頑張った年だったのではないでしょうか。また、ブログを通して、たくさんのブロガーさんたちと映画について語り合うことができて、とても楽しい1年でもありました。

今年、映画館で映画を観た本数は私とwancoを合わせて、160本以上になります!DVD鑑賞が多かった私にとって、今年は今までで映画館でいちばん映画を多く観た年でしたね。やっぱり、ブログの影響は凄かったです(笑)。。^^;
この「年末まとめて映画レビュー!」のvol.4も考えていたんですが、私もwancoも忙しかったせいか力尽きてしまい、、来年できるようでしたら、「年始まとめて映画レビュー!」としてご紹介しますね〜。。

長野で開かれた映画祭も、今年は「蓼科高原映画祭」のみの参加となってしまいました。。その映画祭の内容と鑑賞した映画についてのレビューも、また来年アップしたいと思っています。
今年はお世話になりました。
来年もどうぞ宜しくお願いします。


では、レビューは次のとおりです!

スターダスト
2007年/アメリカ/マシュー・ヴォーン監督作品

CAST
クレア・ディンズ
チャーリー・コックス
ミシェル・ファイファー
ロバート・デ・ニーロ

ちょっとシニカルな作りの大人向きのファンタジー。ただ、王位継承を狙う王子達、地上に落ちた流れ星(クレア・ディンズ)の心臓を狙う魔女達の三つ巴の争いがうまく捌けていない感じ。馬での疾走場面など、瞬間的に盛り上がる部分はあるんだけど、それが持続しないのが残念。デ・ニーロが乗ってる、空飛ぶ海賊船の描写はファンタジックで良かった。

評価 ★★★☆☆

流れ星のお姫様役を演じたクレア・ディンズは奇麗なんだけど、以前の「ロミオとジュリエット」のような華がない。もう一方の主役の男性もハンサムなんだけど華がなかったせいか、今ひとつ入り込めなかった作品でした。いちばんのハマリ役は魔女役のミッシェル・ファイファーで、若さを取り戻そうと躍起になって魔法を使いまくる姿が面白かった。ファンタジー冒険活劇として見ると、物足りなさが残る作品ですが、シーンによってはディズニーランドのアトラクションを見ているような気持ちで楽しめる映画です。

評価 ★★★☆☆

映画『スターダスト』公式サイト

(「スターダスト」2007年11月 東京 有楽町マリオンにて鑑賞)


恋空
2007年/日本/今井夏木監督作品

CAST
新垣結衣
三浦春馬
香里奈
小出恵介

新垣結衣ちゃんをはじめ、若手の俳優たちの魅力が光る映画でした。彼との出会いがケータイなら、彼との最期の別れでもケータイを上手く使っていて、今の若者にとって無くてはならないコミュニケーション・ツールとして描かれていました。原作はケータイ小説なので、過激な内容であり、突っ込みどころも満載でしたが、役者たちの爽やかな演技と、美しい映像で描かれていたせいか、それなりに楽しめる作品に仕上がっています。

評価 ★★★☆☆

映画『恋空』公式サイト

(「恋空」2007年11月 長野 岡谷スカラ座にて鑑賞)



タロットカード殺人事件
2006年/イギリス/ウディ・アレン監督作品

CAST
スカーレット・ヨハンソン
ウディ・アレン
ヒュー・ジャックマン

「マッチポイント」と比べると軽量級の作品ですが、その軽妙洒脱さが逆に楽しめました。三途の川を渡る船からのジャーナリストの指令で記者志望のスカーレットが連続殺人の真相を探るというのが面白い趣向です。ロンドンを舞台にして、マジック、タロットカードといった小道具がミステリーを彩っています。ウディとスカーレットの掛け合いも楽しく、上質なコメディサスペンスを観た満足感に浸れる映画。

評価 ★★★★

前作の「マッチポイント」を期待して観に行った人は、ちょっと物足りなさが残る作品かもしれませんが、今作はウディ・アレン映画でおなじみのシニカルで、お洒落な面白い推理劇に仕上がっています。ウディとスカーレットの漫才のような探偵コンビが面白い。また、ロンドンのお洒落なスポットがたくさん登場するので、物語の展開と合わせて一緒に楽しめます。スカーレットがセクシーな赤い水着で登場するシーンもあるので、男性ファンには必見です。物語のさまざまな伏線が、きちんと結びつくラストは見事!

評価 ★★★★

映画『タロットカード殺人事件』公式サイト

(「タロットカード殺人事件」2007年11月 東京 日比谷シャンテシネにて鑑賞)



自虐の詩
2007年/日本/堤幸彦監督作品

CAST
中谷美紀
阿部寛
遠藤憲一
西田敏行

中谷美紀、阿部寛の夫婦漫才ぶりが楽しい。この映画の見どころでもある、ちゃぶ台ひっくり返しは、阿部ちゃんが演じると、とてもコミカルで笑える楽しいシーンでした。中華料理屋のマスターを演じた遠藤憲一もいい味出しています。なんと言ってもこの映画のいちばんの見どころは、中谷演じる幸江の中学時代の回想シーンで、幸江と熊本さんの貧乏コンビの友情が、心に染みるような良いシーンになっています。ラストの大人になってからの幸江と熊本さんの再会も、この回想シーンが良かっただけに、とても感動的で涙が止まりませんでした。人生のほろ苦い部分を、堤幸彦ティストで、時には可笑しく、時には哀しく描いていた作品で、とても心に残りました。

評価 ★★★★

映画『自虐の詩』公式サイト

(「自虐の詩」2007年11月 長野 長野ロキシーにて鑑賞)



やじきた道中 てれすこ
2007年/日本/平山秀行監督作品

CAST
中村勘三郎
柄本明
小泉今日子

『てれすこ』という正体不明の魚がキーワードになっているのかと思いきや、あまり物語には深く関係していなかったです。やじさん、きたさんを演じた中村、柄本と、花魁を演じた小泉のそれぞれのキャラクターを活かし切れていない印象があり、今ひとつ盛り上がりに欠ける作品でした。『しゃれこうべ』や『たぬき』などのエピソードも、落語を見ているようで面白いと言えば面白いのですが、どうも古くさい感じがして馴染めなかったですね。とにかく、中村がこの作品が好きでしょうがないと言った感じで、楽しんで演じている姿が印象に残った映画でした。たった1シーンだけど、藤山直美の演技が面白かった。

評価 ★★★☆☆

映画『やじきた道中 てれすこ』公式サイト

(「やじきた道中 てれすこ」2007年11月 長野 長野ロキシーにて鑑賞)


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コタツネコ | トップ | 2007年観て良かった!映画たち »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お世話になりました (Any)
2007-12-31 16:55:02
wancoさん、nyancoさん、こんにちは♪
「年末まとめて映画レビュー!」
シリーズを通して楽しく読ませていただきました!
ご夫婦合わせて140本の鑑賞って凄いですね〜
その後の会話も弾んだのでは?

「恋空」は、主題歌がお目当てで観ましたが、
どうも母親目線になっちゃって...
でもガッキーはじめ、キャストの爽やかさが際立ってましたね。
若いっていいなぁ〜なんて(笑)

今年は「夫婦でシネマ」にお邪魔して
お話させて貰ったり沢山楽しませて頂きました。
心より感謝です、ありがとうございました。
来年も、どうぞよろしくお願いします。良いお年を〜♪
Unknown (ケント)
2008-01-01 01:02:24
明けましておめでとうございます
本年もお互い沢山の映画を観ましょう。
よろしくお願い致します。
今年もよろしくお願いします! (nyanco)
2008-01-07 12:19:44
Anyさん、こんにちは〜♪
お返事大変遅くなってしまってごめんなさい。。
こちらこそ昨年は本当にお世話になりました。
私達も「+++ Candy Cinema +++」にお邪魔して、観たい映画の参考にさせて頂いたり、大好きな映画についていっぱい語り合えたりして、とても楽しい時間を過ごすことができました。
ありがとうございます!

「年末まとめてレビュー」も読んで頂けて嬉しいです。
あれから観た映画の本数を数え直してみたら、160本以上観ていました〜。。^^;
これだけ映画館で映画を観たのは昨年が初めてですね!
改めて、ブログの力はすごいなぁと思いました。

「恋空」は私も浅野ゆう子の母親目線で見ていました〜。。
ガッキーをはじめ、本当にキャストの爽やかな演技が良かったですね。
若いってキラキラしていて、なんだか羨ましかったです♪

それでは、今年もどうぞ宜しくお願いします。
明けましておめでとうございます (nyanco)
2008-01-07 12:24:25
ケントさん、こんにちは!
明けましておめでとうございます。
お返事大変遅くなってしまいましたが、、こちらこそ、昨年はお世話になりました。
今年も沢山の素晴らしい映画に出会いたいですね。
ケントさんのブログにまたお邪魔させてください。
今年もどうぞ宜しくお願いします。
あけましておめでとうございます (miyu)
2008-01-07 14:30:07
いつもお忙しいなかありがとうございます。
今年もどうかよろしくお願いしますね。
とし始めの記事も楽しみにしてますね♪
あけまして (とらねこ)
2008-01-07 17:12:43
遅らばせながら、あけましておめでとうございます。
引越しはもうすっかり落ち着きましたでしょうか?

ベスト等はやられないのかな・・?
こちらの方でご挨拶失礼させていただきますね。

『タロットカード〜』、見たかったのですが、気づいたら他の公開に押されて、ついつい行かずじまいでした・・・。
DVDになったら見てみたいと思っています♪

昨年中は、お話していただいて、嬉しかったです。
今年もどうぞよろしくお願いします!
あけまして、 (kira)
2008-01-08 13:44:11
おめでとうございます
今年も宜しくお願いします☆

この5作のうち、4作品は観ていますが、
映画館観賞160本以上というのは凄いですね〜♪
落ち着かれてからのBEST選出がと〜っても楽しみです!
それでは!(^^)/
miyuさんへ (nyanco)
2008-01-09 17:57:35
早速、コメントありがとうございました♪
こちらこそ、今年もどうぞ宜しくお願いします!
すっかり遅れをとってしまいましたが、、昨年のベスト映画の記事をもうすぐアップする予定ですので、その時はぜひ遊びに来て下さいね。(^^)
とらねこさんへ (nyanco)
2008-01-09 18:10:58
明けましておめでとうございます!
お返事遅くなってしまいましたが、、コメントありがとうございました。
おかげさまで、引越しの方はすっかり落ち着きました〜。

ベスト映画の記事も近々アップする予定です。
その時は、またぜひ遊びに来て下さい。

『タロットカード〜』は、私達も東京へ旅行した際に運よく観れたという感じでした。。
この映画は、スカーレットとウディの掛け合いが面白くて、なかなかオススメですよ♪

こちらこそ、昨年中は色々お話して頂いて、私もとても楽しかったです。
今年もどうぞ宜しくお願いします!
kiraさんへ (nyanco)
2008-01-09 18:16:37
こんばんは♪
明けましておめでとうございます!

私が観た映画の本数は78本で、主人が80本以上観ているみたいなので、合計で160本になりました〜。
それぞれ好きなタイプの映画が違っていたりするので、その分レビューが増えて嬉しかったですね。^^

ベスト選出、まだどの映画を1位にしようか迷っていたりしますが、近々アップしたいと思ってますので、ぜひその時はまた遊びに来て下さいね。
今年もどうぞ宜しくお願いします。
遅ればせながら (fizz♪)
2008-01-10 22:51:30
wancoさん、nyancoさん、明けましておめでとうございます♪
昨年は突然の押しかけにも拘わらず、快くお話して頂いて、また我が家へのコメントとTBも、本当にありがとうございました!
今年も同じ映画を観られた時にはどうぞお邪魔させて頂けたらと願っています。
どうぞよろしくお願い致します。

『スターダスト』は楽しみにしてる作品でしたが、「華がない」のは痛手ですよね。
そうでした、『ロミオとジュリエット』は素敵でしたものね!
こちらこそ。 (wanco & nyanco)
2008-01-12 12:02:20
fizzさん、あけましておめでとうございます
今年もよろしくおねがいします!
いつでも大歓迎ですので、TB、コメ、何でも楽しみにしています。こちらからもお邪魔しますのでよろしくお願いしますね。

「スターダスト」のクレア・デーンズはちょっと寂しかったですね。「ロミ・ジュリ」の時はほんと妖精みたいでしたけど。
ただ、海賊船のデ・ニーロ船長はコミカルながらも貫禄があって素敵でしたね♪

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

16 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
タロットカード殺人事件 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『恋の行方も、 犯人も、 タロットカードだけが 知っている…。』  コチラの「タロットカード殺人事件」は、ウディ・アレン監督がアガサ・クリスティへのオマージュたっぷりに描く軽妙なミステリー・コメディで、10/27公開となっていたのですが、観て来ちゃいま...
スターダスト (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『追いかけよう、世界の果てまでも… 邪悪な魔女、空飛ぶ海賊、亡霊の王子たち― 流れ星が恋に落ちたとき、運命が動きはじめる』  コチラの「スターダスト」は、豪華キャストも注目の10/27公開となるロマンティックなアドベンチャー・ファンタジーなのですが、試...
スターダスト (to Heart)
   追いかけよう、地の果てまでも・・・ ニール・ゲイマンのベストセラー・グラフィックノベルを映画化したファンタジー超大作。 原題 STARDUST 製作年度 2007年 上映時間 128分 監督 マシュー・ヴォーン 原作 ニール・ゲイマン 、チャールズ・ヴェス 音楽 アイラ...
恋空 (to Heart)
  私は今でも、空に恋しています―― 監督 今井夏木 原作 美嘉 脚本 渡邉睦月 音楽 河野伸 出演 新垣結衣/三浦春馬/小出恵介/香里奈/臼田あさ美/高橋ジョージ/浅野ゆう子 著者の実体験を基に書かれたケータイ小説「恋空〜切ナイ恋物語」をベースに、今井夏木監督が...
タロットカード殺人事件 (to Heart)
原題 SCOOP 製作年度 2006年 上映時間 95分 監督 ウディ・アレン 出演 スカーレット・ヨハンソン/ヒュー・ジャックマン/ウディ・アレン/イアン・マクシェーン/チャールズ・ダンス/ロモーラ・ガライ ロンドン市街のマジックショー劇場で、ジャーナリスト志望の女子...
【恋空】 (+++ Candy Cinema +++)
監督 今井夏木  脚本 渡邉睦月  原作 美嘉 『恋空〜切ナイ恋物語』   製作年度 2007年  日本公開 2007年11月3日  上映時間 129分  配給 東宝   主題歌  Mr.Children ...
2007年映画ベストシネマ10 (ケントのたそがれ劇場)
 明けましておめでとうございます         このブログが誕生して2年目を迎えましたが、応援していただいている皆様のお陰でやっと軌道に乗りました。いつもどうもありがとうございます(^^♪  さていつの間にか2007年も終わり、映画のほうは年間約100本
#160.スターダスト (レザボアCATs)
たぶん、予想しているような物語とは、ちょっと違うと思う。正統派のファンタジーでは決してない、ちょっと“オトボケ”なテイストのこの物語。出てくる人も大人ばっかりなの。妙な味わいの、オトナ向けファンタジー?!
自虐の詩 (to Heart)
制作年度 2007年 原作 業田良家 脚本 関えり香 、里中静流 監督 堤幸彦 音楽 澤野弘之 出演 中谷美紀/阿部寛/遠藤憲一/カルーセル麻紀/ミスターちん/岡珠希/丸岡知恵/名取裕子/西田敏行 子どものころから不運続きの幸江(中谷美紀)は、乱暴者で酒飲み、仕事もせずギ...
タロットカード殺人事件★☆ウイットとペーソス?? (銅版画制作の日々)
 ウディ・アレン最新作も、またスカちゃん起用です     『マッチポイント』に続き、またもウディ・アレン×スカーレット・ヨハンソンの最強コンビが楽しめる! ウディ・アレンの最新作はロンドンを舞台に、アガサ・クリスティへのオマージュたっぷりに描か...
「タロットカード殺人事件」 (シネマ・ワンダーランド)
米国映画界の才人、ウッディ・アレン監督が2006年に、「マッチポイント」と同様、ロンドンを舞台に世界で注目度№1の女優、スカーレット・ヨハンソンをヒロインに起用して撮ったコメディ・タッチのサスペンス「タロットカード殺人事件」(英米、95分)。この作品...
『タロットカード殺人事件』'06・米・英 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじロンドン市街のマジックショー劇場で、ジャーナリスト志望の女子大生サンドラ(スカーレット・ヨハンソン)が舞台に上げられ中に入った人間の身体が消えては現れるボックスに入れられる。その中で、彼女は著名なジャーナリストの亡霊ジョー(イアン・マクシェーン...
【映画】スターダスト…私の近くにも、なんかイイモノ落ちてこないかなぁ (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
雨{/kaeru_rain/}です。少し凹んだ気分になります。 雨が嫌いな人は鬱病とかの気があると聞いたことがあるので十分に注意していきたいピロEKです(※この話の真偽は??ですよ)。 今日、新しい靴買ったんだけど雨なので下せないのも残念なピロEKです{/face_hekomu/} ...
『スターダスト』 (『映画な日々』 cinema-days)
スターダスト ニール・ゲイマンの原作を映画化 流れ星を巡る三つ巴の争奪戦 ・ウォール村の青年−恋人へのプレゼント ・魔女三姉妹−若返...
『スターダスト』'07・米・英 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじウォール村に住む青年トリスタンは、村一番の美女ヴィクトリアの気を引く為に、流れ星を愛の証としてプレゼントすると約束するが・・・。感想英語版『もののけ姫』コンビサン役のクレア・デインズ、脚本のニール・ゲイマンによるユーモアたっぷりの楽しいラブファ...
スターダスト (Addict allcinema 映画レビュー)
追いかけよう、世界の果てまでも…