長島音楽教室~守口メイプルパーク

守口メイプルパークのピアノ教室です。
リトミック・絶対音感指導も行っています。

実家の片付け

2017-04-05 14:21:28 | 日記

2週間掛かりましたが、実家の片付けが終わりました。

業者さん、見積もり違いにたくさんあったと、嘆きながらせっせと始末してくださいました。

 

父はやはり大正生まれの人。

引き出物の食器やタオル類、景品、また電化製品などの空き箱をすべて置いていて、2階にうず高く積まれていました。

お盆なんて何枚あったことか・・・。

衣類もかなり昔に着ていたスーツやコート、Yシャツ、普段着までズラッと掛けたり衣装ケースに入れたりして取っていました。

型が古く、兄も甥も要らないそうです。

本は、廊下一面にぎっしり。

文学全集、専門雑誌のバックナンバーなど変色してぽろぽろ、電子書籍の時代、古書店では無料引き取りさえして貰えません。

 

37年前に亡くなった母の物も、まだありました。

さすがに衣類などは処分していたのですが、勉強していた民謡を吹き込んだカセットテープ、糸が全てなくなった琴、破れた三味線・・・。

 

感慨深いのは、写真。

父や母の子供の頃から。

父は尋常小学校でしょうか?

全員ゲートルを巻いて、軍隊のようです。

表紙は大日本帝国紀元何年とあります。

 

母の家族写真。

若い母、とびきり美人の祖母と、恰幅のいい祖父、野口英世かエジソンみたいな伯父、まだ女学生の叔母(実際、野坂昭如さんの小説に出て来た美少女)。

この中で存命は、叔母だけです(今でも素敵)。

 

自分や兄弟の小さい頃からの写真と、和箪笥の奥からは、臍の緒。

これはそれぞれが持って帰りました。

 

始末するのに飛び散った木片なども綺麗に片付けていただき、絨毯も捲り、すっかり伽藍堂に。

荷物が無くなると、とても広く感じます。

 

近くの古民家cafeに行ってみて、同じ頃の建物だな。。。と思いました。

出入り口はアルミサッシに換えちゃったけど、うちも格子戸だったし、柱やガラス戸が同じです。

同じシンガーのミシン(始末しちゃった)も飾ってあるし、アップライトピアノも置いてありました。

実家も何かに活用できるといいんですが・・・。

持ち家ですが、土地は地主さんのものなので難しいみたいです。

ジャンル:
住宅
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新しい椅子、来ました。 | トップ | ありがとうございます。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。