Around 50 人生はアドベンチャー!

40代半ばにして再婚
妊活のおかげでベビーを授かりました。
ベビーのこと・日常・野球・読書など気まぐれで綴ります。

満月の泥枕

2017-07-29 12:04:45 | 読書
(内容)
哀しき人、公園の池に沈めたのは…。
娘を失った男、母に捨てられた少女。
ろくでもない生活の終わりは、いつくる?
生の悲哀、人の優しさが沁みわたる、人情ミステリーの傑作!


道尾秀介の作品もずっと追い掛け続けてて、いつかは全作品を読んでみたいと思ってる。

そんな道尾秀介の新刊。

図書館本ながら、わりと早めに借りることが出来た。

人情ミステリーということやったけど、どちらかというとドタバタコメディみたいな感じ。

前作の「サーモンキャッチャー」と雰囲気は似てる。

主人公の二三男はろくでなしで共感出来ないけど、なんとなく許してしまえるキャラ。

関西弁を喋る姪っ子の汐子がめちゃくちゃいい味を出してる。

登場人物が多いけど、それぞれキャラが確立してるので、読みにくい感はない。

終盤に少しどんでん返し的な展開があって、なかなか面白かった。

映像化も出来そうな内容なので、そちらも期待したいと思う。



★★★★☆
ジャンル:
きいて!きいて!
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 葉桜の季節に君を想うということ | TOP | 一人生活 »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 読書

Trackback

Trackback  Ping-URL