Around 50 人生はアドベンチャー!

40代半ばにして再婚
妊活のおかげでベビーを授かりました。
ベビーのこと・日常・野球・読書など気まぐれで綴ります。

マリアビートル

2017-06-30 12:03:53 | 読書
(内容)
元殺し屋の「木村」は、幼い息子に重傷を負わせた相手に復讐するため、東京発盛岡行きの東北新幹線“はやて”に乗り込む。
狡猾な中学生「王子」。
腕利きの二人組「蜜柑」&「檸檬」。
ツキのない殺し屋「七尾」。
彼らもそれぞれの思惑のもとに同じ新幹線に乗り込みー物騒な奴らが再びやって来た。
『グラスホッパー』に続く、殺し屋たちの狂想曲。3年ぶりの書き下ろし長編。

久しぶりに伊坂作品を読んだ。

伊坂幸太郎の作品をは全部読もうと思ってるけど、まだ半分くらいか?

「グラスホッパー」は何度か読んだことがあるし、映画も見たけど、圧倒的に「マリアビートル」の方が面白い。

東北新幹線の車内で起こるドタバタ劇。

人が死んだりしてるけど、グロさとかは全然感じないのが不思議な感じ。

うんちくを交えながら、ちゃんと伝えたいメッセージも散りばめられてる。

そして、最後にどんでん返し的な展開。

やっぱり伊坂幸太郎は天才やなあ。



★★★★☆
ジャンル:
きいて!きいて!
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« テーブル | TOP | 今日から7月 »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 読書

Trackback

Trackback  Ping-URL