硝子戸の中でのひとりごと

日常の中のいろいろを
nyamisenjyuで
お送りします……

タイトルは漱石より拝借☆

6月下旬、150年目の松山

2017-07-15 19:48:28 | ほか国内遠出
去る6月24日、子規と漱石誕生150年目を迎える愛媛・松山へ
行ってきました。

松山空港からバスで中心部へ移動し、子規ゆかりの場所を目指します。
基本的に目印が少ないので、迷い迷いの観光です。

まず、外せないポイント、子規堂です。
  

子規が17歳まで過ごした家を復元した建物の中は資料がいっぱい。
お隣の墓地には、子規の埋髪塔や高浜虚子の筆塚があります。
向かいには坊ちゃん電車の客車やベースボールの碑も。
なかなかに見どころいっぱいです。

で、近くにあるはずの子規旧邸跡が……わかりづらかった!!
道路の中央分離帯にあるとか、フェイントです(笑)


さて、そこから歩いて、恒例の「〇〇跡」巡り。
碧梧桐の誕生地、漱石が逗留したきどや旅館、愚陀仏庵、松山中学……。
碑どころか小さい説明看板のみのところも多数。
まあ、仕方ないか。
 

続いて、萬翠荘と坂の上の雲ミュージアムへ。
萬翠荘は、実はあまり知らなかったんですが、美しい洋館です。
敷地内にあったはずの愚陀仏庵の建物は、土砂崩れで全壊。
跡地も入れないんですよね。残念。
坂の上の雲ミュージアムは、建物がおもしろかったですね。
小説の博物館って、よく考えたら珍しいかも?司馬さんすごいな。
ま、私も好きですけどね、「坂の上の雲」。
  

そして、道後温泉エリアへ。
坊ちゃん時計がお出迎え~。


子規博物館。

以前行ったときは仕事がらみだったので、サラッとしか見なかったんですよね。
今回はしっかり見ました。
やっぱりどうしても、漱石がらみのところを重点的に見てしまうなあ。
ちなみに、すごくきれいな状態の、木戸孝允&大久保利通の写真があったのが
意外でした。子規の持ち物にあったそうで。
……民権運動かじってたのは知ってるけど、へえ~~!って感じです。
漱石と子規生誕150年記念の切手も入手できて、ほくほく。

博物館のすぐお隣が道後公園なのですが、そこそこ雨が降っていたので
散策は少しだけ。
石造湯釜だけはチェックしてきました。


そうこうしているうちに1日のダイヤを終了した坊ちゃん列車が
所定の位置に帰ってきたので、パチリ。


そうして……今回のメインイベント、道後温泉。
霊の湯の三階個室に入ることが最大の目的でした。
坊ちゃんが言うところの「上等」ですね。
夕方まではすっごい人でしたが、日が暮れるころになると
なんとか入ることができました。


霊の湯と神の湯、両方に入った後、お茶と坊ちゃん団子を。
部屋から見える湯屋の屋根がいい風情です。
団扇には子規の句がしたためられています。
白鷺を描いた浴衣を借りて、ほっこり。
 

そして、坊ちゃんの間。
ちなみに私が通していただいた個室は、坊ちゃんの間の隣でした。


最後に、皇室の方専用のお風呂・又新殿(ゆうしんでん)を
丁寧に説明していただき、大満足。
今年の終わりごろには改修に入るそうなので、
それまでに行けて本当によかったです。



『愛媛県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月上旬京都食い倒れと岡崎周辺 | トップ | 6月下旬、ライブ目当ての観音寺 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。