いちごポッキーとミルクティ

うさぎ
時々好きなもの、好きな時間

手すり

2016-06-27 08:14:00 | 日記
私はここに引っ越してくるまでほとんど足に問題が起こることはありませんでした。

なので、びっこをひくとかは人生でほぼこのお家での経験なんですけども、本当に助かるなぁと思ったのが手すりでした。

玄関と階段とトイレに手すりがついていて、足に問題が起きて初めて、なんて手すりってありがたいんだ!って思いました。

この三つは足に痛みがあると動くのが本当に大変なんですよね。

それまでのお家には手すりはなかったんですけど、そもそも必要になることがなかったので、何の問題も感じなかったんですけど、いざ不自由になったとき、そのありがたさを痛感しました。


昨日はだんなさまがコンサートに行ってきて、元気になって帰ってきました。

コンサートってすごいですね~。

本当に楽しいみたいで、にっこにこです。

行く前も私が少々わがままいっても、むっとするどころか「ごめんね」って言ってくれて、そんなの言われると思ってなかった私は自分が恥ずかしくなりましたよ・・・。

でもそれぐらいご機嫌になるんです。

すごいですね~。

コメント

ゲーム

2016-06-25 08:00:41 | 日記
今週は何年振りか、平日は全部彼は飲み会でした。

最近では飲み会は多くて週3日ぐらいが最高ぐらいだったので、今週は本当に私はつまらなかったです。

帰ってきたらほぼお風呂入ってすぐ寝る彼と話せませんし。

二人でいると何かしら起こって笑えたりするのに、そもそもいなければ何も起こりませんし。

映画見たり、アニメ見たり、ゲームをしたりして過ごしていましたが、だんなさまが外にばっかりいると妻はつらいなぁと思いながら過ごしていました。


ゲームは相変わらず好きなんですけど、目がもうもたなくて、ある程度やると目がもうやめてください~無理です~という感じになるので、たくさんは遊べません。

今となれば、高校生や大学生になって帰省したときにもドラクエとかFFを弟と共同作業で進めたりして遊べてよかったなぁと思います。

(弟と私はこの共同作業が思いのほか息があって上手にいき、そして一人でやるより二人でやるほうが面白く、いつからか二人でやることが自然になっていきました。いろいろよくやりました~。喧嘩にもほとんどならないんですよ。)

年齢がいくと目がもうついていけなくなりますから、だいぶやっといてよかったと思います。

一番楽しかったのが、ドラクエの最初でたやつかな。

あれは衝撃でした。

こんな楽しい世界があるのかと。謎解きとか冒険が広がっていくことにわくわくしました。

でもシナリオが難しすぎてなかなか進められなくて、頭をよくひねってました。

その当時はネットがないので、弟と私とでゲーム雑誌を立ち読みしてヒントを探したり。

それからFFの8。これが出たときはもう結婚していたので、一つのゲームでそれぞれだんなさまと私が遊んでいました。

これは歌が「Eyes on me」で、ストーリーもまた印象的だったのでした。

それとゼルダの伝説というゲームも同じく結婚してから出たので、だんなさまと私がそれぞれ遊び、二人してはまりました。

いまだに何か特別な品物を手に入れたときなど、「ぴんぴろりろーん」と言いながら両手で掲げるというゼルダの伝説からの癖が我が家に残っています。。。

そして2002年に始まり、いまだにやっているFF11これは私にとって特別なゲームになりました。多分最後でしょうし。だんなさまと一緒に遊べたのが何より楽しかったです。

だんなさまは早々に離れ、私一人時々入ってはちょこっと遊び、またしばらく休みってしています。
コメント

研修会

2016-06-21 17:01:06 | アロマセラピー
今日はアロマセラピーの研修会でした。

私が足の筋を(また)痛めてしまったため、びっこをひきながら参加しました。

(びっこを引きながら家を移動していて、こんなことが何度あったかしら?こんなことばっかしてるなぁと思ってました・・・。)

アロマの研修会は本当に優しくて、私のできる範囲で参加してくださいって言ってくださるんです。

でも今まで大事に大事にできるだけ動かずにしていたため、なんとかクリスタルを使ったトリートメントもできました。

ほっとしました~。

研修会だけはなんとかいつも参加したくて必死になります。

なにせ元気になるし、心も明るくなりますから。


帰りにK先生と一緒になったのですが、K先生は嫌なことを覚えている根気がないんだということを話してくださって。

嫌な記憶や思いは持ってるだけでもすごくエネルギーがいるし、自分も楽しくない、楽しい方がいいじゃないということらしいです。

なるほどな~だからいつもエネルギーが明るいのかなと思いました。

そして体に痛みとか不調が本当に少ないんです、K先生って。

なるほどな~なるほどな~と思って聞いていました。

多分今生だけじゃなくて、結構そういう感じで生きてこられたんじゃないかなという気がしました。

また私のだんなさまも体の痛みやら不調がとても少ないのですが、彼も嫌なことをずっと覚えているより、自分が幸せになるほうを選ぶ人で、なんとなくK先生とだんなさまが似ている気がしていたのですが、こういうところが同じだからかもしれないと思いました。

私もそうなっていきたいものです。

コメント

のんのんびより

2016-06-17 15:30:29 | 日記
アニメの「のんのんびより」を見ています。

田舎が舞台で、一つの学校に小学生から中学生まで5人しかいないというところでの生活を描いたものです。

男の人は一人だけ、あとは女の子4人です。

これがなんともほのぼの癒されます。。。

田舎の田んぼや畑がいっぱいの自然に囲まれたところで、女の子たちの生活を描いているのですが、子どものころのなつかしいいい思い出を上手に凝縮して飽きさせずに見せてくれます。

ちょっと違うかもしれませんが、サザエさんを思い起こさせます。

平和で、穏やかで、みんな仲良くて。

がつがつ先が気になって見てしまうというのはないのですが、見てるとほっこり幸せな気分になれます。

コメント

「ゼログラビティ」

2016-06-13 16:53:02 | 日記
テレビで映画「ゼログラビティ」をやっていたので、録画して見ました。

だんなさまがこの映画を映画館で見ていて、「3Dがすごかった、テレビだとどうかな」と言っていたのですが、確かに3Dだとすごいんだろうな~という場面が結構ありました。

だんなさまによると普通の場面でも宇宙が目の前に広がっているかのような臨場感があったそうなんですが、さすがにテレビではそれはなかったです。

私は閉所恐怖症を持っているのですが、ひじょーーーーーに息苦しくなる映画でした。

何せ宇宙で作業する話ですから。

ストーリーが面白いので、全部見られましたが、かなりしんどいなと思っていました。

できれば3Dで見てみたいなと思ったのでした。


コメント