いちごポッキーとミルクティ

うさぎ
時々好きなもの、好きな時間

イワシのフライ

2014-05-29 10:55:57 | ごはん
だんなさまが作りたい(週末のメニューの主導権はだんなさまにあります。まぁ、作ってくれる人ですからね。)と言ったイワシのフライ。



イワシって安くておいしくて言うことないですね。

とってもおいしかったです。生協で買ったいわしも新鮮だったし。

ただ小骨が多いのが食べにくいけど、よく噛めばほぼ大丈夫。

(二回ほど小骨が喉に刺さりそうになって慌てましたが。)

そしてタルタルソースも自作。

一目見てあまりに卵が大きいので笑ってしまったのですが、私の記憶ではもうちょっと卵の白身が小さかったような?

でも味は文句なしにおいしかったです。

タルタルソースも作るごとにおいしくなっています。

イワシのフライのレシピはここ

タルタルソースのレシピはここ


先日週末に上は薄いブルーの衿のあるシャツ、下は紺に何本か白い線が入っているフレアスカートをはきました。

それに白いコットンのレースのストールを羽織ったんですけど、私としてはストールがないとあまりに地味で、ちょっとないな~って思っていたんです。

でもその日も昼はとても暑くて、結局ストールはあまり使わなかったんですね。

車の中はすっごく暑いし、外も歩くと暑くなるしで。

まるで事務員さんみたいな服がちょっと残念だと思っていたんですけど、だんなさまはむしろ「かわいい!」とお気に入りの様子でした。

いや~、彼が服に関してかなり保守的なのは知っていましたが、この事務服みたいなのをかわいいと思うんだ?とさすがにびっくりでした。

それでもときにそれは地味すぎると却下されることもあるんですよ。

そこらへんの基準が私とは少し違ったりするんですね。

やっぱり好みというのは十七年一緒にいてもわからないものだなぁと思いました。

コメント

ブルーレイ

2014-05-21 21:08:03 | 
今日は嵐の2013年のアラフェスというコンサートのDVDとブルーレイの発売日で、うちにも来ました!

今回初めてブルーレイが出ることになりまして、当然私はブルーレイを注文。

ブルーレイはとても映像が綺麗ということで、楽しみにしていました。

だんなさまからも「嵐ってブルーレイないの?!」って驚かれたぐらいで、ずっとファンのあいだではブルーレイを!!って言われていたんです。


確かに綺麗です!!

今まで見ていたのと同じ会場とは思えないぐらい・・。

すべての色がくっきりはっきり綺麗で。

映像を映すバックスクリーンというのもあるのですが、その映像もすっごく綺麗。

花火があがったり、水が噴出したりするんですけど、それもとても綺麗。

あと編集も今回はとても全体を映す映像が多くて、バックスクリーンも全体の演出もよく映してくれるのでとてもコンサートの雰囲気が伝わってきて、一度も行ったことない私としては今までで一番コンサートの雰囲気を感じられたような気がします。

こんなのを見せて貰えてありがたいです~。


いつもコンサートのDVDとか見るたびに、嵐は一番コンサートが輝いているように思います。

本当に楽しそうで、はじけてて、自由で、幸せそうで。

ものすごく一生懸命歌い踊るんでしんどいはずですけど、それでも楽しそうに見えます。


これからまた何度も見ますが、今の所とても印象的だったのが、大野君のソロが「Take me faraway」という曲なのですが、これをソロで歌い踊っているDVDは今まで何度も見てきたんです。

印象としては本当に悲しい、寂しい、孤独感・・・。

涙が出てくるような感じで。

彼のダンスも歌も私は大好きなんですけど、あまりに寂しく感じるので、そうそうは見られなかったんです。

どっぷりその世界に入ってしまうので。

だけど2013年のこれは、とても暖かかったです。

男性的な大きな優しい包容力のある暖かさで。

その暖かさに感動してちょっと涙がにじみました。


いつもコンサートDVDが出るとき、期待しないようにしています。

時折、そのDVDのもつ雰囲気がどうしても無理で見られなかったり、映像がぶつぶつ切り替わるので目が疲れて気持ち悪くなったりということがあり、期待が大きいとそのたびにすっごく機嫌が悪くなってしまうんですよね。

むっか~としてしまう自分も嫌で。

なのですっぱり期待することや楽しみにすることをやめてます。

今回はとても嬉しいブルーレイで見られそうで、それだけで感謝でいっぱいです。(笑)

関係者のみなさま、素敵なブルーレイを本当にありがとうございます~~~~☆


(ただ最後に、嵐が大人気になってからのDVDは画像が凝り過ぎていたり、画像の切り替えが多すぎたり、私としてはもっと素朴な画像のほうが見やすいのになぁとずっと思っています。仕方がないんでしょうけどね。)



芍薬?


コメント

川口そごうの寿司岩

2014-05-18 22:26:21 | ごはん
私の両親が東京に出てきてくれたので、ご飯を一緒に食べました。

おごっていただいたのですが。(^^)

双方ともお寿司が好きということで、川口そごうの寿司岩に行くことに。

私はまぐろづくし、あと三人は店長おすすめ寿司でした。

まぐろづくし。


店長おすすめ寿司。


おいしかったです~。

まぐろもとろけるようで、幸せでした~~~。

だんなさまも全部おいしかったようです。


ただ、テーブル席だったのですが、ここは禁煙ではないのですね、後ろのかたがタバコを吸われていたので、最初にお店に確認すればよかったと思いました。

それだけが残念でした。

でもあとはお店の雰囲気もよく、やっぱりお気に入りなのでした。
コメント

ケーキとちらし寿司

2014-05-12 10:05:00 | ごはん
連休中に浦和のアカシエで買ったケーキです。

確か5日の3時ごろ行ったと思うんですけど、並んでいましたよ。人気ですね~。

三つ買ったんですけど、1つはチョコエクレアで、写真を撮り忘れてしまいました。




これはココナッツ味なんですけど、なんとも複雑な味でだんなさま絶賛でした。

今まで見たことなかったような気がします。あまり確信はありません・・。

でも基本的にしっかり甘いです。なので、私も味は素晴らしいと思いましたが、量は入りませんでした。

そしてここのケーキはいつも思うのですが、細部まで丁寧に手を抜かないプロの気概がこもっている様で、それにいつも感動します。

あ、名前は覚え切れませんでした~。




これはマカデミアナッツのケーキです。

上に乗っかっているのも、中にある丸いものもマカデミアナッツ、あの瓶詰めで売られているマカデミアナッツの味でした。

マカデミアナッツ好きにはたまらないかと。中の部分もおいしかったですし。

ただ、これも十分おいしかったのですが、夫婦そろって上のケーキが一番お気に入りでした。

連休はやはりちょっと特別なので、そういう時にケーキは贅沢気分を味わえていいものですね~。


だんなさまは言っていた通り、ちらし寿司を作ってくれました。作るごとにおいしくなりますね~。



角上魚類で刺身を買って来て乗せました。


だんなさまに手間がかかるのにいつもありがとうねと自分が料理が得意ではないこともあり何度も言うのですが、彼は「そんなに大変でもないよ」というんです。

謙遜とあとやはり作ること自体が好きだからそういう言葉になるんでしょうね。

最初は申し訳なくてごめんねとかも言っていたんですけど、ごめんねを言った時と心からありがとうを言った時と彼の笑顔の輝きがありがとうのほうがはるかにいいので、いっぱいありがとうを言うようにしています。


そして写真左上には私のたっての希望で若竹煮も。(笑)

これもおいしかったです~。

コメント

花と緑の振興センター

2014-05-10 18:29:11 | お花
連休中に行ってきました。

買ったパンと作ったアイスカフェオレを持って。

今の時期モッコウバラが綺麗ですね。あちこちの家の庭に咲いています。

こちらは見事なアーチ。



小さな青い花が可愛くて、パンジーとも合って、綺麗でした~。



そして黄色いつつじ。



アンブッシュという名前だそうです。見事な黄色でした。



そして何の花かわからなかったけど、可愛かった花。





去年と同じ花も植えられていました。




だんなさまとベンチに座って食べていたら、私の親指ぐらいの大きな蜂が飛んできて慌てて食べかけのパンを抱えて逃げたんですけど、だんなさまによるとスズメバチのしかも女王蜂じゃないかということで。

私前にも11月に女王蜂に9階マンションの部屋に侵入されたことがあって、また女王蜂かいな・・って思ってました。

家に帰って調べてみた所、今の時期スズメバチは女王蜂しかいなくて、営巣の時期らしいです。

巣にこもると産むのに忙しくて出てこなくなるんですけどね。

今は働き蜂も誰も仲間がいないので一人でせっせとがんばっているみたいです。


Wikiで調べると蜂って本当に生態が面白いですね。

女王蜂と働き蜂の分かれ目は食べ物で、もとは同じだとか。(でもこの仔は女王蜂にしようというのは何が決め手になるんでしょうね?)

女王蜂と交尾した雄蜂は死んでいくとか、働き蜂は全部メスだとか。

女王蜂が途中で死ぬと働き蜂のメスのうちの一匹が女王蜂になるらしいですけど、働き蜂には何かがないらしく(ここらへん理解できなかったので)生むのが雄蜂ばかりになって、結局そのコロニーは滅びてしまうとか。

女王蜂というと、支配のイメージが人間にはあるけど、そういうのは実はなくて、ただ生殖虫(と書いてありました)であるだけだとか。

スズメバチはミツバチの巣を襲って、卵とかを奪って食料にするんですけど、ミツバチだけは他の蜂と違ってスズメバチの撃退方法があるんです。

蜂は熱に弱いんですけど、一匹のスズメバチの周りにたくさんのミツバチが集まって、ぶんぶん羽を動かしながらそこの温度をあげるんです。

その温度でスズメバチは死ぬんですね。弱いものの捨て身の攻撃ですね。

こういうの、前にもドキュメンタリーで見ましたが、本当に面白いです。

コメント