いちごポッキーとミルクティ

うさぎ
時々好きなもの、好きな時間

ドラマ

2013-10-30 18:19:24 | テレビ
近頃の大河ドラマ「八重の桜」は面白いですね~。

私は新島襄さんが設立した大学の付属学校に少しだけ通っていたので、キリスト教の授業で新島襄の生涯というのは軽くやったことはあるんです。

だけど私のうろおぼえな記憶だと日本に帰ってきてからのはあんまり詳しくやらなかったような気がするんですよね・・。

あんなに同志社英学校を認めてもらうのに苦労したとか(でもよく考えればあれだけキリスト教が色濃い学校をお寺さんがたくさんある京都でよく作ったなぁと思います)、宣教師の力が強くて苦労したとか、奥さんが女傑でかつ会津の八重さんだったとか全く知らなくて。


ドラマを見ながらWikipediaで調べたりしています。

アメリカに国費留学した有名な大川捨松や津田梅子が出てきたりして、大川捨松が会津の家老の娘で、あの時代に国費留学に娘を差し出すのは賊軍といわれた会津とかぐらいしかなかったこととか。

捨松さんは、あの時代に身一つでアメリカに渡って、10年小学校高学年から大学卒業までを過ごすなんてどれだけ過酷だったんだろうと思いました。

日本に帰ってくれば職などなく、ヴァッサー大学という才媛が行くことで有名な大学を非常に優秀な成績で出た人が自分を生かせずにいたところ、会津の敵である薩摩の大川巌に見初められ、政府高官の妻として活躍することになるとはなんとドラマチックな人生だろうと思いました。


視聴率はふるわないみたいですけど、面白く見ています~。



コメント

仲間

2013-10-24 20:57:40 | アロマセラピー
今日は補講でアロマの先生のところに行ってきました。

今回不思議だったのが、一緒に受けた仲間が前の研修会の仲間だったんですよ。

4月から違う研修会に参加してて、今10月で、そこではキャリア的に一番新しいんです。

だからまったく他の人をフォローする必要もないし、まぁただそのままいるんです。

でも元の研修会ではキャリア的に一応一番古い。

年では多分下から二番目なんですけど。

そしたらなんか違うんですよね、自分が。

なんだろうな、しっかりしなきゃと思うんでしょうかね~。

なんかわからないけど、この自分って前になっていた自分だなぁ、変な感じだなぁって思っていました。

私、家ではかなり天然でねじが一本抜けている感じなんですけど、元の研修会ではそういう雰囲気にはならなかったです。

今の研修会では時々なるようになりました。

できればどっちでもそのままいられるようになれるといいんですけどね、なかなか難しそうです。








コメント

2013-10-23 18:15:36 | 
嵐のアルバム「LOVE」が出まして、聞きました。

まだ好きな曲で止ってしまって、全部しっかり聞いたわけじゃないんですけど、まず思ったのが、感謝だな~でした。

嵐のアルバムはほとんど持っていて全部聞きましたが、今回のが一番癒される声でした。

誰か一人とかじゃなくて、5人ともです。

そういうアルバムを聞かせてもらえるということ、本当に感謝以外なくて。

声が軽い、明るい、丸い(とがってない、攻撃的ではない)、丸いと似てるけど優しい、透明感。

曲に関しては好みとかあるので、特に好みじゃないんですけど、とにかく声が本当に癒されるので、本当にありがたいです。

そしてそういう声を出すには、その人たちの精進なしにはありえないわけで、だから特に感謝なんです。


技術的なところでは5人とも歌がうまくなっていて、特に大野君は本当にうまい。

彼は絶対テレビで自分のうまさを見せ付けるような歌い方をしないのですが、本当に上手です。

あと他の人が書いていたことがあって気がついたのですが、バックの音が細かくて繊細で軽くて、これまたすごくいいです。

声とすごくあってる。

どっちもべちょっとした音じゃないので、引き立てあうんです。


これからいっぱい聞きたいと思います~。感謝☆

コメント

ドラマ

2013-10-22 14:04:38 | 
やっと24時間テレビの大野君主演のドラマを見ました。

料理人になる夢を持っていた男性が悪性リンパ腫になって、一旦は移植で寛解するんですけど、一年後再発して、余命3ヵ月。もう治療はせずに在宅ケアという話です。

いや~バスタオルはいらなかったけど、フェイスタオルは必要だったかな。

演出が大げさじゃなくて、淡々と進む分とてもリアルで。(でも随分和らげてあったとも思います。)

どっぷりドラマの世界に入っていました。

いいドラマでした。とても良質な。でも二度は見ない。(爆)


でも大野君が本当に誠実になりきって演じているのがわかりました。

だから見られてよかったかな。

彼は元々幸薄いといわれる雰囲気があって、それが全面に出ていました。

(今の彼はどんどんそういう雰囲気が減ってきているんですけども。)

健康な状態での登場でもなんともいえない重さとはかなさがあって。

全編この’あきらめ’なのかなぁ頭の上にのっかってくる重い感じがありました。

彼がこれを演じている間バラエティでも歌でもずっとその感じを漂わせていて、演じるって大変だなって思っていたのでした。


私はいつからかな、明日も同じ当たり前の日々が続くと思わないんです。

中学生ぐらいまではそう思ってた。退屈でした。

いろいろあって、震災もあって、毎日できることは精一杯する、そう思って生きています。

無理はしないけど。

そして最後ぽっくりいけたら最高だな~って思います。


コメント

2013-10-18 19:47:47 | 日記
この前ハーブ公園に行ったら、池のそばでのんびりしていた猫がいまして。

あまりにのんびりしているのでこちらもほっこりしまして、写真撮りました。



でも耳だけはぴんとして、何か物音がするとすぐそっちのほうを向くので結構警戒はしてるみたいなんですけどね。


ハーブ公園のコスモスは育ち放題で野生的です。


道まで倒れてきてそこで咲いているという。

ワイルド。


それから同じくハーブ公園のこれは2週間ぐらい前のキンモクセイ。ここまで見事だとちょっと匂いきつすぎました・・。


キンモクセイは軽く香るぐらいがとてもいいですね。
コメント