~のほほん日和~

日々の出来事やつぶやき

崇ラボ②

2017-07-23 17:27:36 | 日記
小塚崇彦のフィギュアスケートラボ
with エフゲニア・メドヴェージェワ編



撮影場所は京都ホテルオークラ

メドベが話してる時に小塚くんがメモってたんだけど
ロシア語わからんだろお前(笑)
と、笑ったけど
隣の通訳さんの音声を切ってて
実際は通訳さんの通訳をメモってたのかなとも思った

色んな話をしてたけど
メドベの話を聞いてて17歳なのに言う事がしっかりしてたので
僕より年上なんじゃないか
人生勉強させてもらってる
などと小塚くんは言ってました(笑)

研究テーマ①プログラム作り
・音楽はコーチや振付師と選ぶ
・繋ぎのステップは振付から練習
・衣装は芸術、チームデザイナーと共に考える

研究テーマ②ジャンプ
・姿勢、スピード、距離、高さ、すべてを完璧にする
・高得点につながるよう転倒せず後半にジャンプを入れる
・フルコースに例えるならメイン

研究テーマ③スピン
・軸の安定、速度、ポジション
・ブレードに乗る一感覚を掴む
・ジェイソンブラウンを参考にしている
・フルコースに例えるならセカンド(肉、魚)

※ロシアのフルコースではメインがスープなんだって
肉や魚はスープの後に食べるセカンドと呼ばれているそうです

研究テーマ④ステップ
・クラスターでレベルを獲得
・好きなクラスターはロッカー →カウンター →ループ
・ステップはプログラムの土台
・フルコースに例えるならデザート

研究テーマ⑤5コンポーネンツ
・トランジションはクロスを少なくし
ステップのGOEと全体の印象を上げる
・自分の「心」を伝える

まとめ
-フィギュアスケートの魅力について-
芸術とスポーツの組み合わせに魅力を感じています
そしてフィギュアスケートは世界を一つにします

今シーズンの目標
昨シーズンより鮮やかさ
パフォーマンスを下げたくない

総合まとめ

①個人スポーツだけどチーム競技
②心がきれい

メドヴェージェワに番組収録の後に聞いた事

小塚くんに対する感想

小塚さんとの会話は専門的な話が出来てとても楽しかったです
ジャンプ、スケーティング、スピン等について詳しくお話することが出来ました
これまでにこのようなお話をする機会はありませんでしたから
本当にすべてが気に入って
ここに来て良かったと思いました

印象に残った話は

演技をフルコースに例える話です

好きな日本語

「牛乳」です
発音がとても面白いです

ファンへメッセージ

日本のファンの皆さんからの応援を感じています
皆さんのサポートは私にとって本当に大切です
前に進むための力を頂いています
私も毎日練習に励んで皆さんと一緒に喜びを分かち合えるように頑張りたいです
ありがとうございました

まとめに入ってなかった事では
2Aはいつ頃跳べたって質問で
3回転サルコーが先で
順番的には
3S、3T、3F、その後に2Aを跳んだって言ってた
あとタノジャンプを初めて練習したのは14歳の時だって





次回は誰なのかホームページに載ってないので
いつ放送なのか
誰なのか
全くわからないけど
自分の希望はネイサン・チェン選手が見たいです
Jスポーツさんどうぞよろしく
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フィナーレダンス レッスン2017 | トップ | 真央ベストアルバム »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (GIGI)
2017-07-23 22:33:25
こんにちは!うちはJスポを観られないので、こんな風にまとめてくださって、感謝!です。
メドヴェージェワ嬢は、日本の番組ではコスプレでゲームさせられたりして、色モノ扱いさせられたりしていたのが痛々しかったので、こづくんと専門的な話ができたのは、嬉しかったでしょう。
いつも日本が大好きと言ってくれて、素直ないい子なんですよね♪
次回は誰なんでしょうね…?
Unknown (ニャゴロ)
2017-07-27 17:58:34
GIGIさんこんにちわ
いつもコメントありがとうございます
お返事遅くなってすみません
このまとめは私が作ってるわけじゃないですよ(笑)
番組内でまとめたものを書き起こししてるだけなのです
なので特別な事はしてないんです
メドベにも最後にくるくるポンしてましたよー
これは毎回行う恒例行事になってるようです(笑)
次回は誰でしょうね
現役選手も忙しいでしょうから人選は大変でしょうね

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。