☆・。.・☆写真エッセイ&工房「木馬」

日々の身近な出来事や想いを短いエッセイにのせて、 愛犬のハートリーと共に瀬戸内の岩国から…… 茅野 友

雪道走行

2017年01月25日 | 旅・スポット・行事

 先日、広島県北部に大雪警報が出ていた日、雪景色を眺めるために廿日市市の吉和まで車で出かけた。片道で50kmあまりの道中であるが、30㎞走ったころから道路は車で踏み固められた雪道となる。その先はもっと積もっているはずだと判断してタイヤチェーンを取り付けるために車を止めた。

 ジャッキアップが不要なタイプのタイヤチェーンであるが、ジャッキアップした方が取り付けやすい。寒い中、防寒着で身を固め、ゴムの手袋をはめて作業を始める。1年前にやった手順を思い出しながらするが、ちょっとしたことで少し手間取る。これも雪景色の見物に出かけたときの余興のようなものだと思い、楽しみながらやっている。

 20分くらいかけてやっとチェーンの取り付けを終え、ゆっくりと走り出す。500mくらい走ったところで一旦車を止めて、チェーンの緩みを直せばもう安心。時速は50㎞を上限と決めて、雪道を何の問題もなく走ることができる。

 私の車は後輪駆動なので、タイヤチェーンは後輪に巻き、前輪はそのままで走る。走行中、大きくスリップすることはないが、そうはいってもハンドルを操作した通りに車は走ってはくれず、明らかに前輪がスリップしているのが乗っていて分かる。その感じは、小舟が風に吹かれるとスーっと水の上で横に動く、あの感覚に似て、道路の上をわずかに横に滑る。

 白一面の雪道を金属製のチェーンを巻いて走るが、雪が緩衝材となって振動もまったく伝わらず、快適なドライブである。こんな非日常を味わいたくて、年甲斐もなく毎年大雪が降る日を選んで吉和に向かって車を走らせている普段は寒がり屋の後期高齢者がいる。そのご褒美はというと、魅惑の里の「雪見露天風呂」である。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雪見露天風呂 | トップ | 小銭入れ カムバック!! »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
カメラがいいようで・・・ (Yattaro-)
2017-01-25 21:16:55
雪道の運転も、タイヤチェーンの装着もお見事ですが、この写真もいいですねー。
目の付け所が・・・オットット、カメラが良かったのでした。
と言っても、ご自慢のコンデジではなく、最近手に入れたばかりのお気に入りスマフォカメラでした。
これほどの雪に囲まれた「雪見露天風呂」。有難うございました。
Yattaro-さん (ロードスター)
2017-01-26 09:06:04
スマホの写真もばかになりません。とてもきれいな写真が撮れています。とは言ってもそこは技術。チェーンを巻く腕だけでなく、被写体を選ぶ目も大したものだと一人でうなずいています。お疲れさまでした。また。
いいですね (anne)
2017-01-29 19:22:26
雪見酒でゆっくりしたいですね。
素敵な写真をありがとうございました。

コメントを投稿

旅・スポット・行事」カテゴリの最新記事