☆・。.・☆写真エッセイ&工房「木馬」

日々の身近な出来事や想いを短いエッセイにのせて、 愛犬のハートリーと共に瀬戸内の岩国から…… 茅野 友

上向き志向

2017年05月18日 | 生活・ニュース

 玄関入り口のアプローチに、背の高いヤマボウシの木を植えている。それを取り囲むようにアンジェラというつるバラが今を盛りに赤く小さな花を沢山咲かせている。玄関への出入りで、このバラに目が行くばかりであったが、何かの拍子に2階から覗いてみると、なんとヤマボウシの白く清楚な花が、これこそ今を盛りに花開いているのを見つけた。

 ヤマボウシとはハナミズキと同属で、花のように見えるのは本来の花弁ではなく、総苞片(花のつけ根の葉)だという。さわやかで落ちついた印象のある白い花が特徴だが、どの花も凛としてまっすぐに上を向いて咲いているのが清々しい。

 バラなどは、満開になると自らの重さに耐えかねて細い茎をしなだれさせ、花は下を向いて恥ずかし気に咲いているが、ヤマボウシの花は最後まで誇らしげに、あくまでも上向きに咲いている。

 そういえば、現役時代「ヒラメ社員」と名がつくような男がいた。目玉はいつもヒラメのように上ばかり見ている男のことであり、当然部下からは疎んじられていた。ヤマボウシは上を向いて咲いているとはいっても、上向き志向であって決して上目遣いではないようだ。

 そのせいだろう、花言葉は「友情」だという。花の一つ一つが競い合って上を向き、隣の花同士が友情という強いきずなで結ばれて大きくなっているに違いない。茎は細いが勢いよく上向きに咲くヤマボウシの花を見て、その昔のサラリーマン時代のころを思い出してみた。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春作業 一段落 | トップ | 雪の下 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
上向き (anne)
2017-05-19 07:33:23
あまりに忙しくしているので、声が出ません。でも、
前を向いていきたいです。素敵な花ですね。見に伺いますね。風邪が治ったら。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む