JAOの趣味日誌

テレビドラマ・音楽・特撮・アニメ
時代劇・プロ野球などの趣味の日誌です。

新・警視庁捜査一課9係 第6話感想。

2009-08-12 22:33:59 | テレビドラマ

テレビ朝日|新・警視庁捜査一課9係

被害者の坂東、法律的には被害者だが加害者といっていい人間だ。

犯人のやったことはけして許されることではない。 しかし病気の奥さん

のため用意した最後の結婚記念日を坂東の身勝手な行為でぶち壊された

坂東のような人間を殺してしまって殺人を起こしてしまったことに

やりきれないない思いはあるが、最後奥さんへの9係の粋な嘘で

少しは気持ちが救われた。 高木の店も継続が決まった。

それがせめてもの救いだと私は思う。

 

 

人気ブログランキング    ←応援クイックよろしくお願いいたします。

『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 救命病棟24時#1 感想。 | トップ | 逆転勝利で札幌へ。 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
新・警視庁捜査一課9係 第6話 (ドラマハンティングP2G)
第6話「殺人レシピ」 バーやレストランを数多く経営している実業家・板東(木下ほうか)の刺殺体がとある公園で発見された。胸に刺さったままのナイフには、特殊なマークが、さらに遺体のポケットからクッキーが見つかった。 直樹(井ノ原快彦)は、そのクッキーに心...