これでいいのだ!・か?

中年オヤジの 徒然日記
ポリシーは「もったいない」
「お金はかけるな 手間かけろ」

40年前の 時計修理 KS5626

2014年08月10日 | 徒然日記

昨年の正月までは車も運転してダンス・カラオケと目いっぱい楽しんでいた
94歳の父が 5か月の入院後 今年の正月に他界 2時間前まで普通に会話できてホント老衰で大往生

少しずつ遺品の整理してますが 机からベルトも無く 傷だらけの時計が出てきました

捨てるつもりでしたが 40年ほど前のこと 父が定年記念というか時計買って見せていた事おもいだした その時のキングセイコーです 
父も何年か前からは違う時計で ずっと使ってなかった

ガラス面が傷だらけ どんな使い方してたのか?

機械式時計 でネジを巻くと正常に動くので ガラスを磨こうといろいろ研磨しましたが傷が深い
いっそ サンダーにバフ着けて機械で研くか〜 と金属を磨く要領で磨いたところ
アホですね〜 高速回転で熱を持ってガラスにヒビが入って どうにもならない状態に・・・

ネットでググると こんな古い時計でも ガラスだけ交換できるらしいので 良さげな長野県の「刻の救急社」へ依頼

見積もりしてもらったら 5000円とのこと  「なんじゃ〜 そんな安く交換できるんか!!」
初めから 余計な事しないで交換に出せばよかった

で直ってきたKS これで命を吹き返したので バンド買って普段使いにします。

時計と言えば 小学校の時代 金持ちの子供はディズニーウォッチ 持ってて ステイタスやったなあ〜

コメント
この記事をはてなブックマークに追加