これでいいのだ!・か?

中年オヤジの 徒然日記
ポリシーは「もったいない」
「お金はかけるな 手間かけろ」

ハーレー スポスタ クラッチ 分解・交換 作業(1)

2012年05月26日 | ハーレー スポーツスター

先日からクラッチがどうも調子悪い、クラッチレバーを握っても切れなかったりつながる位置が遠くなったりと定まらない。
ワイヤー調整、クラッチ調整スクリューを何度調整しても最初だけですぐに安定しない状態に。

結局クラッチそのものの厚みが一定していないという事かも? ということで
いろいろネット検索した結果 現象的にクラッチ板の間に挟んであるスプリングプレート(左写真)の破損があやしいと目星を付けて新品購入。

というわけで交換するためにクラッチ分解に必要なスプリングコンプレッサー(右写真)も購入
この特殊工具 最初は金額的に高くて一度限りの使用かもしれないので 切ったパイプかベアリングプラー等を利用しても代用できるので買うのはためらったが
商品到着してみたらアメリカ製のアルミ削り出しで非常に美しく 作業をさせる気に誘ういい出来の工具です。

あとプライマリーカバーガスケットも買ってあるので いつでも作業可。
今まで検索してもクラッチの構造で納得いかない部分があったのでそこを解消するためにも 近日分解です。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハーレー オールドボーイ取付 | トップ | ハーレー スポスタ クラッ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。