これでいいのだ!・か?

中年オヤジの 徒然日記
ポリシーは「もったいない」
「お金はかけるな 手間かけろ」

スポスタ ケルヒャーで洗車とメンテ

2015年05月30日 | ハーレー スポーツスター
前回オイル交換から 約6000km走行したので エンジンとギアオイルの交換

その前に 先日 ホームセンターでケルヒャー見てたら 店員さんに
モデルチェンジで旧型になるけど 中身はニューモデルと変わらないけど 箱を開けてしまったので良ければどうですか?

ということで安く購入 上級機種はもっと圧が高くて付属品もいっぱいついてますが 自分としては 車の雨天走行後に道路のしぶきがかかったままにしておくと 乾くと跡が残るので

いつも車をしまうときには 一旦水をかけてからガレージに その時に使うのがメインだから洗車用のノズルだけでいい
初めて使ってみたが
水圧は 思ったより弱いです コイン洗車場に比べるとかなり弱い しかし 普通のホースに散水ガンのストレートよりは強い

コンクリートや床タイルも掃除してみましたが まあ汚れはおちました
上級機種の物なら もっと遠い距離から同じように汚れ落ちするかもですが
ノズル近付けることで同じように汚れが落ちるなら まあ金額的にこれで良かった
倍以上の金額の機種買ってから これとあまり変わらなかったらもっとショックは大きい

その後 オイル交換

ストックのオイルブレンドです

プライマリーオイルは 1万キロ超えで さすがに真っ黒 ダービーカバーを外したついでに
この時に同時にクラッチの調整と プライマリーチェーンのテンション調整もするのですが 今回はクラッチだけ調整しました まだそんなにたるんで無いようなので次回のオイル交換でします

ドレンボルトのオーリング交換しようと在庫見たら無かったので 今回はシールテープのみにしました
以前もそうでしたが 特にオーリング無くてもオイル漏れしません だったらいいか・・・
シールテープはネジ込むとつぶれて延びたテ―プカスがはみ出すので ボルトの先は2山程度残してから巻き始めます でないと テープカスが中に入ります

プライマリーチェーンですけど・・・
確かにギアトレインにしたら構造が複雑で 重くなるからしかたないけど そのためエンジンブレーキ時には
樹脂製チェーンスライダーにテンションがかかって削れていくので 極力過度なエンジンブレーキは使わないように気を使います

ブレーキ・タイヤ以外の消耗部品は極力消耗しないように大事に使うのがバイクを傷めない乗り方

しかし ドレンボルトについている鉄粉って 正体は何???
いつまで鉄粉が出るん 鉄の部品が摩耗してるって事だけど いつかは馴染んで無くなるのか?? 疑問です

まあ 20年くらい? は部品交換しないで乗れるんでしょうけどね・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハーレーで行く 美保基地 航空... | トップ | キツネに遭遇 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。