これでいいのだ!・か?

中年オヤジの 徒然日記
ポリシーは「もったいない」
「お金はかけるな 手間かけろ」

ジムニー購入半年後のインプレ と 錆の防止してみた

2013年10月14日 | 車・バイク

買って半年のジムニー 本当にいい買い物でした 9型のボンネットの厚み ターボエアーインテーク形状 フォグのイカリング ウィンカーミラー アルミホイール ヒーターシート すべて気に入ってます クロスアドベンチャー

新古車という事でしたが  しばらく待てば 色も選べて実際は新車  諸費用込みでカタログ価格よりまだまだ安かった!
オートマですが 夏場はクーラー使用すると リッター10キロ程度 今はクーラーなしで10〜11キロです
こんなもんかな〜 普通車並みです

犬を走らせるために来た 人のいない広い河川敷で 
犬が走ったり 川に入って遊んでるのを見ながら ビールで昼飯 あとは昼寝や読書 これが幸せなんですよ

同じ4駆でもフォレスターはこういう所は走行不可能なので やっと自分の行きたいところへ行ける車です
スプリングはわかっちゃいたけど硬いです 私的にはボディに衝撃がこない柔かいのが好きなので いずれショック交換します。  オンロードでフワフワ感のするサスが好きです
一度ショック無しでスプリング自体がどの程度硬いのか試してみたいところです

ジムニー故にアフターマーケットの部品は すべて私の嗜好と逆です リフトしたくないです 荒れた場所は走りたくないです オフロードは砂の上だけ走れたらいいのです い

全く想定外に良かったのが ジムニーの後席 狭くて使い物にならないだろうと思ってましたが
前席を普通に使っても 嫁さんと娘は余裕で膝が窮屈でないしリクライニングでけっこう快適なのか 「シートもっと前にやって」なんて会話は起こりません まったく意外でした。

そのため家族4人のときはフォレスターのつもりでしたが 買い物や近場に行く時は もっぱらジムニー利用 だって駐車が楽で便利 使用頻度の多い 後席からのウォークイン用の足踏みレバーはもっと大きく改造したいところです。

物理的に狭いので大きな荷物はルーフへ でも もう子供も大きくなって車でキャンプやスキーに出かける事もなく 旅行はどちらかといえば 運転楽しくないので遠いところは電車でビール飲んで移動の方を選ぶから 車は軽でいいかな 子供たちは免許あっても車には全く興味ないので車は動けばいいらしい。

フォレスターは手放してもジムニーは免許返上まで使いたいとおもってるけども 前のパジェロのディーゼル規制のように 次はハイブリッド規制か何かで・・

で 友人のジムニー見て気づいたんですけど 前輪のタイヤハウスの後ろ側のフレームにボディを載せてる部材の根元の鉄板が構造的に端が上向きに水が貯まるようになってる
ここです
この部分に跳ね上げた泥や 融雪剤が溜まって 友人のジムニー同様に駐車中のジムニーを見ると錆びている車が多い 

私としては大事に長く使いたいので 一分一秒でも劣化は遅らせたいので 車はなるべく日に当てないとか 衝撃を与える運転は極力しないとか 注意してるので ここは対策でしょう

金属パテで水が流れるように勾配をつけて 防錆塗料 ラッカー塗装で対策した  後で思うとコーキング材を てんこ盛りしても良かった・・・この方が安かった
 対策後 
これで ここは錆の発生が抑制されるだろう
はじめから 工場でワックスを塗りこんでおいて欲しいものです

あと 気になるところは 気密がいいのかドアが強く締めないと すぐに半ドアになる
この対策もなんとかしたい 外気導入にしておけばマシですが 窓を少し開けておけばいいのでドアのバイザーを検討中です 
ジムニーって河川敷の中では ノーマルタイヤではイマイチ不安です 
長年パジェロに乗ってたので比較すると パジェロはロングで2トン超の車重でしたが こういう場所では今のジムニーより走りが良かった気がします

車重はあるものの砂を押し付けて前に進む力強さがありましたが ジムニーは軽いせいか砂のうえで浮いてるような感じで 砂に食込むようなグリップ感はありません
 
ノーマルタイヤのせいも多々あるでしょうが 車の重量バランスとか総合的にやっぱりパジェロは凄かった 

フォレスターに買い換えて後悔 ジムニー買って凄さ再認識 やっぱり俺にとっては唯一無二 一生乗り続けるべき車やってんなあ〜 パジェロは






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あんたの所から 二度と買わん! | トップ | 大阪 堺まで、護衛艦「あさゆき... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。