これでいいのだ!・か?

中年オヤジの 徒然日記
ポリシーは「もったいない」
「お金はかけるな 手間かけろ」

スポスタ 激安シフトインジケーターの取り付け(その2)とニュートラルスイッチ交換?

2015年03月14日 | ハーレー スポーツスター
その1 では不良品だったインジケーター部

再度 購入元が送ってくれました 手慣れたものでインジケーター部だけの交換なので
シートとタンクを外して結線で簡単に終了と思って 作業に取り掛かったが・・・・

チェンジをガチャガチャ動かすと 今度はちゃんとニュートラルで 0表示

近接スイッチがときどき検知しない時があるので
よい位置を探って 両面テープで再セッティング 確実にチェンジに追従している

この商品 近接スイッチと磁石の位置関係が非常に大切!!

そうこうしてると ニュートラルランプが点灯しなくなった????

なんで なんで?  配線をチェックしていくとどうやらハーレー本体のニュートラルスイッチが不良
実際 ここは一番疑って無かったので最後にわかった時は疲れました なんで今なん?

というわけで ニュートラルスイッチ交換の為外すことにした ネットで注文前に最終確認


カバーを外して さっさとチェック これも以前やった作業なのでさっさと行う


スイッチを外した後の エンジン側のネジ部


スイッチ本体を外して テスターで調べるとやっぱこいつが悪い

注文しかないなと思いつつ たまにはちゃんと導通があるので 内部の接触不良の可能性大
一か八か スイッチに適度なショックをスパナで叩いてしばらくすると 完全にスイッチは動作するようになった

まさか消耗品じゃないよな・・・??  前は3万キロで交換 今回それから2万キロもしないうちに
不良に・・  一応次回用に注文だけしといて今はこのまま再取付

この手のスイッチ類 やっぱメーカー物でないとダメです ブレーキスイッチの時もそうですが
純正か ちゃんとメーカー名が入った箱入りでないと結局手間と金が倍かかります 

で 元に戻して プーリー取付

赤色に見えてるタイヤレバーをテコにしてプーリーを前に押しつつスプラインの歯を合わせて慎重にはめ込み終了!!

タイヤレバーは長いほうが力が入りやすい で 写真では直接タイヤレバーをプーリーの端に当ててますが
プ―リーに木を噛ませてプーリーを平行に前に押す方が スプラインに入れやすいです

スプラインが合ってれば何のことはなく スット入っていきますが スプラインの歯の位置と芯が合ってないと
入らないので エンジン側の軸を少しずつ動かしながら 歯の位置と前後位置を何度も探る

今回はこの合わせ作業 5回くらい繰り返したら入って行きました やれやれ


スイッチ側も あまり目立たないのでよし

実際に走行テストすると しばらくすると???

ニュートラルランプ点灯と同時に0表示はいいんですが どういうわけか不定期に
Nからローに入れても0のまま Nから2速に上げても0のまま
2回目からローや2の表示

そこらへん以外は順次数字が上がり下がりする
どうやら N表示が消えないうちにスイッチとラップしているみたい
センサー部の取付位置の調整が必要なようです 結構磁石と離れていてもオンするみたいだし
方向もあるみたい


だから Nの前後は検知せず 次からは正常に遅れた表示をアップダウンしている
これを解消するのはさて どうしたものか?

汎用品だから仕方ないか〜  4表示が実際は5と思えば 幻の6速は解決ですが
ちょっと不満足な結果かな

※ その晩 風呂で思案
   ニュートラル信号をバイクのスイッチから取るから 信号がラップする
   ということは ニュートラル信号の配線の途中に 
   シフトレバーが中立の時だけオンする専用近接スイッチを割り込ませて
   合計3個にすればいいのでは!!!

   もう一度 再調整してダメなら この手で行く 次の仕事出来た 

   来週施工 しかしこのパーツはなかなか手ごわい


※ ニュートラル専用に近接スイッチ割り込ませました

これが良かったのか センサー位置をちゃんとどの辺でオンになるか
表示を確認しながら探って再調整し ニュートラルとかぶってないかも確認

何度か挑戦しているうちに いい位置がわかって完全作動
ラップはしなくなった

よくよく考えれば バイクのニュートラル表示はマイナスアース接点で点灯
ということはスイッチ自体がアースの終端なので スイッチの二次側で信号は分岐出来ない
スイッチ一時側に配線を割り込ませても この激安インジケーターのマイナス線には常に電圧がかかってる?
やっぱ 専用スイッチが必要な気もするし よくわからん??

思うに このインジケーターからのニュートラルの配線への接続は マイナスアースするかしないか
で0表示にするもので ニュートラルスイッチによってニュートラルランプが点灯したかは二次的なもので
本当はアースしたかどうかを認識させることが大事であるということか

だけど その後 ちゃんとその時のシフトポジションを表示します 完全に機能しています 満足な結果です
気持ちいいです こうでなくては やれやれ 長い道のりでした

 この商品

近接スイッチはちゃんと作動してるかとか 物が信用できんし
配線は細くて作業がしにくかったり
よほどの暇人か あれこれいじり壊しを散々経験した人でないと  
取付はちょっと面倒です

たまたま 今回の事で 機械式ミニリミットスイッチを見つけたついでに 
ホーンが人差指で鳴らせるように 国産車のパッシングスイッチのように
ホーンボタンのスイッチハウジング内が広いので 分岐コネクターで線を分岐して
ハウジング外に両面で簡単取付 

いままで 緊急時にホーン鳴らすのウィンカースイッチの上まで親指移動して押すのが
非常にやりづらかった これでこの件も解消!!

どんだけ暇人やねん!

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スポスタ 激安シフトポジション... | トップ | ジムニー にデイライト取付 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。