これでいいのだ!・か?

中年オヤジの 徒然日記
ポリシーは「もったいない」
「お金はかけるな 手間かけろ」

平成22年購入 旧フォレスターの走破性? ダメ写真と動画

2013年02月02日 | 車・バイク
前の ブログで「フォレスター」酷評したので新型フォレスターを購入されようと検討中の方が誤解されていましたので 
あくまで3年前に新車で買ったSH5型 (オートマ車)のダメ実例を挙げた後悔ブログです。
(今さら古い車情報 どうでもいいですけど 物を買うときは慎重に こんなはずではなかったと 後悔しないように)※新型の参考にしてください。

本日 購入以来 毎回がっくりくる現場に半年ぶりに行きました 
以前の増水で少し砂の形状が変わって いつもの坂が無くなってたので 今までの経験上走破出来るか出来ないか微妙な坂(段差?)にトライしました 

今回は 右前輪空転で穴掘りです 登りません

反対側からも写真撮りました

この状態で右側の前輪が空転ですすみません

どうも左後輪も空転していたようです たとえ右前輪が穴掘状態でも 残りの3輪の状態がそんなに悪くない この状態で前進できないって? 本当に4WD? 
空転側にブレーキ作動させて反対側にトルクかける仕掛けちゃうん?
3年前とは言え誰がスバルのイメージでこの程度が走破出来ないと思うでしょうか。 この写真じゃ このまま前進出来そうに思いませんか?? でも現実は進めません。    ※あとで動画観て下さい

車をバックさせて前方を撮りました


少し段差がありますが
 今まで19年パジェロに乗ってた者にすると この程度ならたとえSUVでも4WDなら走破できて当然と思ったのが大間違いでした。 
(砂漠でも走れるクロカン四駆とは走破性は こんなにも比較にならない事がわかりました)

写真では実際の状態が分かりにくいと思いますが そんなに無茶な状況ではないです。
(SUVにはこれでも無茶なのかもしれませんが・・・) 

ついでに言うと この時は昨夜からの雨で 砂は濡れてました
乾燥した夏の砂の状態では どんなものかわかるでしょう ホンマここに来るたびに辛い
ハンドルまっすぐでこれだから ふかふかの砂の平地は走れますがハンドルフルロック状態での発進は砂の抵抗で潜って動かない時があります。 

本来こういう段のある所じゃ無くて (この時の段差は見た目にも 登らんかな~と想定できた) 
なだらかなここより若干勾配がある砂の丘が登れません。タイヤのせいでも無さそうです。
(2枚目写真の 腹の所の勾配程度? もっと緩い勾配かな? とにかく砂の登り勾配は信じられないくらい駄目です)

この場所も 少し助走を付けると登りますが いつもこのような坂は低速のまま行くと砂の抵抗でどこかが空転で埋まります。 止まると再前進不能です。
河川敷に乗りこんでしまったらバックして助走できる状況とは限りませんから怖くて行けません。
サーフィンの時も場所によっては海岸に安心して侵入できません。 4駆なのに!?

※後日追記 
私が言ってる状況と全く同じ動画がありましたので貼付しときます。  
(3:00からの状態です。助走つけたらオッケーまで一緒 4:00からのフォードのようなニジニジした前進はムリ、この動きが出来れば私的には合格ですが・・・・この程度の坂です判っていただけました?? スバルの4駆がありえへん勾配 人生最大の失敗の買い物 失望感わかっていただけると思います。
この動画の最後は登りきったのか 惰力スピード落ちてきて またまたスタックか?  カットで そこは不明ですが・・・経験的に微妙・・?? ですね。2回もスタック撮っても面白みがないからカットかな?
この動画2012年や もっと早くにアップしてくれてたら買わなかったのに~(泣笑)


副変速機の様な超ローギア さらにビスカスの様な機械式デフじゃないと無理っぽい
電子制御じゃ繊細なトルクコントロール可能かもしれませんがこういう状況では裏目みたい
初めて4駆買う人は 普通の車では今回のスタックした現場にすら到達できませんから
さすが4駆と思うでしょうけど・・・4駆も奥が深いです。


ハーレーもそうですが 特徴的なエンジンの造り
スバルの水平対向 独特を貫く エンジニアに粋を感じて買いましたが・・いまだに乗る度に残念です
買った自分に腹が立って 乗ってて楽しくない 辛いです。(ちょっと大げさですが)
日産エクストレイルと迷ったんですが わざわざ値引きの少ないスバルを買ってこのざまです 
 

おそらく このフォレスターは こういう場所に行くことは想定しないで販売したのでしょう
アウトドアブームや クロカンブームも終わり ハイラックスやテラノも無くなって
あくまでオンロードでの使用前提に方向を変えたのだとおもいます

(動画で 砂上と逆で雪道の上りでグリップを失う路面状況ではトルクコントロールできずに登れないのもありました
4駆に期待して買うと泣きです あくまでプラスαの余裕)
 

新型では「X-MODE」を採用したようですが
この装備を持つ 新型ならこういう所を走破できるのか? 砂丘を登坂させてみたい。
おそらく基本が一緒(直結4WDポジションがない)だから駄目だと思います。(あくまで個人の想像です)

※どうやら 新型は頻繁にブレーキによるトルク伝達で乗り切ってるようです 改良されているようですが
 やっぱちょっと不安で頼りないという感じ・・・
 

なんでも買う前は 自分の使用状況に合致してるか良く確かめないとダメですね~
たとえば工具同様に年に数回の使用でも 持ってると持ってないでは安心感が違います。

広報車提供してもらって無難な記事書いてる評論家や 前もって走れて当然の場所だけや 不利な状態は直前の一番無理の効いてる所でカットして編集 ビデオにしてる 情報はすでにイメージ操作されてますから。

あくまで自分の目で見て 確かめてが基本ですが 試乗車でそんなところ行けないわな~


新聞報道のマスコミは疑うのに ブランドイメージを信じてた私って まだまだ甘い
逆に ハーレーは昔から壊れるダメバイクのイメージで 手放す修理費の限界も設定してましたが
筋のいい笑って許せるトラブルは あるものの 自分で修理する分には問題なし  
何でもっと早く若い時から乗らなかったんだろうと こっちも乗る度に後悔してしまいます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新型「フォレスター」の「X-MODE... | トップ | ハーレー  防寒対策 小技 »
最近の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
SUVマニア (半 袖吉)
2013-02-05 08:53:17
こんにちは。

確かに、このようなシュツエーションはライトSUVの弱点ですよね~。

私も過去同じようなスタックを経験し『4WDなのになんでタイヤが2輪しか回転しないの?』愕然としました。

因みにこの写真を撮影された場面ではVDCはOFFにされていますか?

砂利や砂からの発進時はVDC OFFの方がE/G制御が解除されるので車輪にトラクションが伝わり易くなり私は良く使っています。(既に試されておりましたらすみません。)

半 袖吉

Unknown (亀吉)
2013-02-05 19:37:23
当然いろいろ試しましたが 万歳です。

VDC OFFスイッチ入れても エンジンを一旦切ると リセットされます。 そのこと知らないで何回か砂地を走って帰りにVDC ONにしようとしたら もうONになってることが何度かありました。
 何?だ 結局ONでもOFFでもフラットな砂地は走れるのだ とわかってから 事前に切り替えはしてません そのうちにダメ具合が分かってきましたので このような上り坂の前ではOFFにしたりして いままで何とか信じようと試みましたが劇的変化ありません。
 もう 万策尽きました。
機械的なギアの断続でなく 電気仕掛けですから限界なんでしょうね。 
唯一 砂の斜面は走破出来ません。
私の車 最初から故障してたんでしょうか?
余りにも情けないです
来月車検ですから診てもらいます・・・

やっぱ 車選び間違ったんでしょうね。




Unknown (半 袖吉)
2013-02-06 12:52:14
VDC OFF 当然試されていますよね(笑)
失礼致しました。m(_ _)m

現象として対角2輪が空転してスタックしているのであれば新型フォレスターに搭載されたX-MODEは正にそのような場面で効果的なSYSだと私は理解しています。

一方、空転せずにスタックするのであればトルク不足です。

前者の現象であれば一度、『X-MODE』試してみたいですね。


Unknown (亀吉)
2013-02-08 00:27:56
パジェロに向かって貯金します(笑)
Unknown (私もSH5)
2013-11-12 19:07:42
同じ車種を乗ってます。山道,河原,いろいろ走って楽しんでます。

間違ってたら失礼しますが,トラクションが効きはじめるまでゆーっくり数秒アクセルを踏み続けるとじわっと行きませんかね?
ムリ! (亀吉)
2013-11-14 20:18:30
河原 砂フカフカ 走れます
砂フカフカ登り勾配(結構ゆるい勾配)
じわ~っと行きそうな雰囲気 その次どこか空転
 無理です(泣)

以上!
Unknown (SH5 B型 XT MT)
2014-01-19 12:31:45
わたしも中年おやじさんとおなじ同じ絶望と後悔に至りました。
ブランドイメージ (亀吉)
2014-01-21 00:31:47
スバルの4駆って ホントにオンロードのみですね  MTでも絶望と後悔ですか・・
私 あのダメ動画見てても そんな筈ないやろ~っときっと買ってたと思います
それくらいスバルを盲信してましたから これほど期待はずれの高い買い物はないな~



結局どやねん? (亀吉)
2014-01-21 00:43:39
新型フォレスターの Ⅹモードはどやねん?
こういう所走破出来るん?

どんだけ進化したん? 技術的にクリアできたか興味あるけど・・・
Unknown (SH5 B型 XT MT)
2014-01-21 08:42:17
http://www.youtube.com/watch?v=ca4qebEvXe0
世間で糞々言われてるホンダのCR-Vでもあたりまえのようにこれだけのブレーキ制御をしているというのに。

わたしの場合は、カタログのブレーキLSD表記を見て買い、雪国の宿の駐車場で「あれ?なんで進まないの?」という状況に陥りました。
Xモードは、走破できると思いますが、もうスバルの電子制御の制御内容を信じて買う気にはなれません。
同感です (亀吉)
2014-01-21 21:23:58
スバルの4駆の 走れる路面条件はスタッドレスの2駆と同じで 「有ったら安心 無くても平気」という程度の贅沢装備やね。
もう4駆に期待してスバル買うことは 私もないかな。

 
Unknown (20年式SH5 AT)
2014-01-27 14:47:59
亀吉さん 私もフォレスター”4WD”にがっかり組です。
当地は雪が結構積もるのですが、自宅が除雪車の来ない細い裏道に面しており冬期間駐車場には、亀吉さんの写真2枚目の段差傾斜をもう少し緩くして、砂を雪に変えた感じの所へ斜めに出入りする具合になります。
ここでうちのフォレスターはこまったちゃんになってしまいます。

購入した昨年と今年も、雪が緩んだ時1WDになって道路に出れないことがありました。4WDは3台目ですが、今まで4WDではこのような状態を経験したことがありません。
これがこれから毎冬続くのかと思うとかなりへこんでいます。同じ4WDと言っても車によって全然違う物なのですね。
Unknown (二度目の投稿 なぜ掲載されないのか)
2014-02-13 22:13:25
以下は半年前に投稿した内容です。 
 購入10日目、新型フォレスターを河川敷で走行してきました。

砂が膝上まで盛り上がった坂で『X-MODE』をOFFのまま(旧型と同等?)少し斜めから上ったところ場合はやはり対角線スタックです。ブレーキLSDは作動しているが短時間で解除されるようで、上れません。

『X-MODE』をONにした場合は、頻繁にブレーキLSDが作動し同じ坂を登りきることができました。

以前乗っていた、jeepでもセンターデフをロックさせただけでは対角線スタックになる場合もあり、『X-MODE』はそれなりに良い仕事をしているのかなと感じました。

ただ、jeepでは難なく通過できた急勾配などはフォレスターの場合アプローチアングルがあまりなく、フロント下が当たるので、勢いを着け上りきる方法ができずだめでした。

アプローチアングルがもう少し確保できればとても良い車だと思います。・
以上 
もちろんチェロキーの方が走破性は良く、フォレスターではためらう場面が多いのは確かです。
二度目の投稿?? (亀吉)
2014-02-14 21:17:50
コメントは削除してないですけど? なんで?

とまあ それは置いといて
『X-MODE』をONにした場合は、頻繁にブレーキLSDが作動して・・ですか

やっぱり前のモデルは未完成というか 私のイメージが後発モデルだった訳か~

よく調べて買えばよかった・・後悔、後悔

アプローチアングルは見て判るけど 4駆システムの作動はその場所で走って判ることだから 私のように一度買ったら長期使用する
性格ならやっぱ買う前に5年は調査しないとなぁ~

そうしてたら 
まだ動いて飽きてもいなかったパジェロを売ったことが 今ほど後悔と自責の念は少なかっただろうに  あ~ぁ もっと有意義にお金使いたかったなあ。







Ⅹモードは改良されたようですが (亀吉)
2014-02-16 02:29:25
新型では私の不満は解消されたよう?ですので
確認の為 スバルの実証映像を見ました
ナミビアの砂漠のスタック時に Ⅹモードオンで脱出! と画像ではなってますが あの場所?平地か下り勾配ですやん  やっぱイメージ操作のPVやな~  スタック前の解説でも勢い付けないとスタックするって言い訳も入ってるし 止まった状態から登りこう配の再発進はやっぱりアカン??
あの後輪宙に浮いた状態は別の国内試乗会の状況と同じですやん わざわざ外国行かんでも 私の近所の河川敷でテストできるやん(笑)
ピンポイントでダメなところがそこやん!

新型は走破出来たようですが それでも自分の使用状況とは違うかもですから
購入しようとする車で 使う場所は必ず実走して確認。

これにて終了 

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。