これでいいのだ!・か?

中年オヤジの 徒然日記
ポリシーは「もったいない」
「お金はかけるな 手間かけろ」

ハーレーで行った 若桜鉄道 SLの運転

2015年05月09日 | 懐古趣味?
5月の連休 ハーレーで島根県にとある用事があって行くことに

連休とあって吹田から宝塚までババ混渋滞中 路側帯を走ると違反切符を駆られるので 
危険を承知で中央線ををすり抜けで低速で走行 バイクの特権です
これができなきゃバイクに乗ってる意味がない! 高速は走っても面白くない道路なので

で 前から一度行ってみたかった若桜駅に寄って行くことにした
鉄道模型のジオラマ的な終着駅のいい雰囲気です

入場券を買って機関車に近寄ってみる 


運転台の中は非常によく手入れされている


たまたまSLが走行するというので待ってみた でもこの機関車が動くん? 火が入ってないのに?

蒸気がないのに何で走行できるん? と不思議だったが
コンプレッサーで蒸気の時と同じようにボイラー内に圧縮空気を充填して
ピストンを動かして走行するらしい

コンプレッサーが運転台後ろの石炭庫で回ってます

そんな〜 生きてた頃の蒸気機関車を知ってる俺には 空気で同じように走るかも知れないが
空気と蒸気では異なるので どんな動きをするか 半信半疑でした 

雰囲気を出すために薪を燃やして煙突から煙を出している
石炭の香りとは違うが まあいいか

汽笛一発 うん?!  本物の音がする 蒸気の時と同じだ!!
逆転機を操作して 弁装置が動き出した

動き出した!  すごい! 空気で動いてる ちゃんとピストンを押した後のブラストが煙突から噴き出してる

映像的には全く現役時代と同じ 感動した! 生き返ってる
その後転車台にのって この後場内を無蓋車に乗って走る子供たちで 力を合わせて回転させる 
昭和遺産ですね〜

よく公園に保存してあった機関車をここまで復活させたもんです すごいです
来てみて想像以上に良かった


懐かしい転轍機

昔夜汽車に乗って 駅を通過するときに見た この転轍機の青いランプが懐かしく思いだされる


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

70年前と今(2) 安来市のはずれ 今昔

2015年05月06日 | 懐古趣味?
大橋東から伯太川方面を撮った写真です
同じ場所から 撮影しました

お茶屋の はんのえ がありますが 今の左側の白いバイク横の建物が今の はんのえです

左側の側溝はいまでもあります
右側はセットバックして道が広がっています

何となく 電柱の位置とかで 昔を安易に想像出来ます

道の向こうの伯太川側から 逆方向に撮った写真です

左側のグランドは 十神小学校です
昔のメイン通りです ここにバスが走ってました 日の丸バスだった?

この通りのずっと先で 月の輪祭やってたなあ 今でもそうでしょうが
この先の通りの中心街入り口の 橋には清酒 キンポーの文字が書いたネオンの
アーチがありましたが 今は無くなってました  

昔の一里塚は もう大きな松はなくて

こんなでした
しかし この2本の松の子孫はしっかりありました
一里塚にあった プレートです


昔に思いをはせると同時に こうして時が過ぎるのだと実感です

いまこの瞬間も 明日にはもう過去になるのです・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

70年前と今 (1)  山陰線キロポスト 同じ風景でした

2015年05月06日 | 懐古趣味?
昨年 父が他界して写真とか整理していたら 古い写真が出てきました


山陰線の334キロポストが映っています キロポストの横に 腕木式信号機のワイヤーが走っています 電柱は何段も碍子のついた ハエたたき
 
実家の裏から撮ったと写真の裏に説明がありますが
私が聞いた話では そこに実家があったのは 私が生まれるずっと前の話で
少なくとも70年以上前と思われます

父の郷里の実家の墓参りに行ったついでに同じ場所探しました

山陰線は京都の保津峡の所が トンネルでルートが変わってますので
昔と距離が変わってるのでキロポストも移動してるかと思いましたが
どうも同じ場所で あっけなく見つかりました


沿線は少し変わったものの 鉄道の線路の雰囲気は変化ありません
私が生まれる前に父が撮った同じ写真の場所に 今自分がいて
長い年月にも関わらずこの場所は変わっていません
それ故に なぜか無性に悲しくなってきました

この鉄路の上を何本もの列車が走り どんだけの人生を運んだのか

人はやがて年老いて死に 変わるのは人間だけ・・・
何のために生まれて 何のために生きるのか

答えはわかってますが この場所で改めて考えさせられました 悲しんでる暇はないってことも


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

懐かしの写真 今昔 長尾駅とその付近  津田駅

2014年12月30日 | 懐古趣味?
年末に掃除してたら 古いアルバム出てきました

片町線の長尾駅 から木津方向に少しだけ進んだ土手の写真です



アルバムからの接写なので画質は悪いです 長尾駅方向に向かうC11もありました
貨物の衰退と高速化で消滅した2軸貨車や緩急車が懐かしいです 

同じ場所から 写真撮ってみました
電柱は同じようなところに 今でも立っていました
ただ 昔は電柱が木で張線がワイヤーでしたが 今ではどちらもコンクリート製でした





約40年経過した 今も昔もほとんど線路土手の雰囲気は変わっていません 単線が複線になって架線ができた程度

当時の長尾駅の写真も出てきました


片町から来て折り返しの電車です 長尾までしか電化されてなくて左のホームは 気動車のホームです
島式ホームで一番左の線路に気動車が止まって 奈良へは長尾で乗り継ぎでした

木造駅舎で 駅前は土の坂になった広場にバイクを停めて学校に通ったものです のどかな本当に田舎の駅でした
桜の時期はホームのあたりは桜できれいでした。

枚方市の公式ホームページに このころの写真ありました。40年頃とありますが長尾から先 複線電化されるまでずっとこのままでした。 


早朝に奈良機関区から放出まで行ったC11は 午後逆行運転で奈良に帰ります

放出からの帰りに給水塔のあった津田駅で 給水していたC11の写真もあったけど見つからない・・

※見つかりました 偶然!

津田駅の長尾寄りの踏切から撮ったものです 今も踏切はあります

津田は日通の営業所があって貨物を取り扱ってました。


久々に昔のアルバム見て 鉄道車両は 機関車の牽引がいい 
東海道線の電機EH10やEF58  山陰線のDD54 DF50 京都駅のC57 関西線のD51
懐かしの名機に遠い昔を思い出しました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昭和30年頃の 大阪 中之島

2014年11月01日 | 懐古趣味?
今年他界した父の 遺品を少しづつ整理してると 出てくる写真

大阪中之島の写真が出てきました

左端は 大阪証券取引所
右端には 難波橋の向こうに中之島公会堂が映っています

今の大証券  建物は同じですが 今では川側に高層ビルが建って 川からは見えません

今の 中之島公会堂 後ろが大阪市庁舎

背景がずいぶん違います

昔は この川でボート遊びできたんですね〜 
たぶん同じ場所の 天神橋北詰から写真をとってみました

阪神高速道路ができて向こう側が見えにくいですが   奥には難波橋が見えます時の移り変わりです

もう一枚

橋脚が同じなので

難波橋の下からの風景ですが  右のほうの建物は見当たりません 雰囲気的に裁判所と天満橋と思われます 
裁判所は 今は解体されたみたい

時の流れを感じます
人の一生なんて この世の時の流れの一部に 存在してるはかないものです
美空ひばりの歌ではないですが 川の流れのようにですね〜





コメント
この記事をはてなブックマークに追加