アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争

社会構造を分析しています。

「ロックフェラー 対 ロスチャイルド」って何?

2013年06月20日 | 記事
【注】なんで屋での語りとしては、以下の★を骨子として組み立て、●は必要に応じて補強するエピソードとして語るという方法が考えられます。


★「世界は誰が動かしているのか?」ということを問うた時、軍事力でも経済力でも最強のアメリカ(ブッシュ大統領)ではないか、と思う人が多いと思う。しかし、果たしてそうだろうか?

★世界史の裏側には、常に「国際金融資本」という名の「金貸し」が居り、彼が書いた筋書きがあった。ロシア革命、明治維新、米ソ冷戦等は、単なる歴史の偶然ではない。

★金貸しの二大勢力が、ロックフェラー家とロスチャイルド家であり、両者の勢力争いが世界を動かしてきた。それは現在も続いている。

★力の源泉は巨大な資本力である。ロスチャイルドの資産は数百兆円という規模と推定される。

★ロックフェラーは、米国で19世紀半ばに石油採掘業で成功した金貸しである。ウィルソン大統領への資金援助や金融顧問ドッジの派遣を通じて米国政府に食い込み、FRBを設立して米国の金融支配体制を確立した。(FRBは日銀のような公的機関ではなく民間である)

【有名なロックフェラー系企業】
ウォールストリートジャーナル(新聞)、エクソン・モービル(石油会社)、IBM、メリルリンチ(証券会社)、モルガン・スタンレー銀行、チェース・マンハッタン銀行、GE(電機)、GM(自動車)、ボーイング(航空機)、ペプシコーラ

★一方のロスチャイルドは、ドイツで18世紀半ばに金融業で成功した金貸しで、リスクヘッジのため全ヨーロッパで活動をはじめた。1815年のワーテルローの戦いでは、市場関係者を騙して巨額の利益を上げ、フランスの賠償金も引き受けた。その後、ヨーロッパ各国の大蔵大臣はほとんど買収され、公債を発行しては引き受けたロスチャイルドに二倍にして返すという手続きを繰り返した。スエズ運河の株式購入代金もロスチャイルドが用立てしたもの。なお、ロスチャイルドは民族的にも宗教的にもユダヤ系(シオニスト)である。

【有名なロスチャイルド系企業】
タイムズ(新聞)、ロイター通信(通信社)、ABC・NBC・CBS放送(アメリカ三大ネットワーク)、ロイヤル・ダッチ・シェル(石油会社)、フィリップ・モリス(米最大のタバコメーカー)、デビアス(鉱物会社=ダイヤモンドを独占)、ネッスル(コーヒー)、ユニリーバ(食品)、ブルックボ ンド(紅茶)、コカコーラ、フランス銀行、イングランド銀行、パリ国立銀行、香港上海銀行、ソロモン・ブラザーズ、ゴールドマン・サックス

●世界的な企業の多くがどちらかの陣営に加わっている。例えば、“ペプシ・コーラ”はロックフェラー系で、“コカ・コーラ”は、ロスチャイルド系である。アラブ世界でもこのことはよく認知しており、コカ・コーラはアラブ諸国による対イスラエル・ボイコット・リストの筆頭的存在である。当然、マスコミも彼らの支配下にあり、多くはロスチャイルド系である。ハリウッドがロスチャイルド系であることも有名である。


鈴木隆史
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アメリカ・支配勢力による日... | トップ | 「ロックフェラー 対 ロスチ... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (橘 陣)
2014-02-27 01:39:51
ちょこちょこ間違ってるよ。
そもそもロスチャイルド対ロックフェラーの対立論自体が極めて胡散臭い。あいつらはCFRやビルダーバーグなんかでもズブズブだし、店子保有でフランチャイズ争いもするが相乗りしていたりもする。ロスチャイルドが大株主の禿げ鷹ファンドが、あっちこっちのゾンビスター総出演で出資株主や役員(何もしないネズミ講役員貴族)がいて、それがUSA支社のオフィスではロックフェラーセンターに構えていたり。

また、JPモルガンやモルスタはモルガン系。モルガンはロックフェラーにひけをとらん規模のモンスターだよ。で、極めてロックフェラーと近いと言うか、ゾンビ人員的にも行き来が多い。ただし、合併社や役員人員にも同じくユダヤ系がまた多く、これも如何にもユダヤ傘下USAっぽい。ちなみに、三菱がこいつらと近い感じで、リーマンショックでのモルスタ大損失に対する金策で三菱が出して筆頭株主になっている。ゴールドマンはバフェットだったかな。

その他にもUSAやEuroにはモンスターが沢山いる。USAだけでもゴールドマンやリーマン・ブラザーズのシフや、ウォーバーグ、ラザード、AIGのグリーンバーグとかソロスみたいなユダヤ系。ブルームバーグもユダヤ系で、ロイターもユダヤ、AFPも旧ヴォルフもユダヤ系という、マスコミがユダヤに支配されているという所以。

ユダヤ系じゃないのはそのロックやモルガン、メロンやフォード、デュポン、バンカメはイタリア系の奴だったかな、まあコングロマリットや各企業にも色々いて前述の様な感じ。インテルは創業3者の内1者がユダヤってだけの元フェアチャイルド系なんだが、やはりイスラエルべたべたでユダヤってる感じではある様だ。
通信社では唯一、AP通信がモロユダヤではないギルド/組合系(まあよく調べてみねば分からんが)。

HSBCなんかはモロにロスチャで、ジャーディン&マッシソン(UKエジンバラ系)はロスチャの一門格。こいつらが香港上海シンガポール辺りを根城にしてて、支那を実質支配してる。スイスは偽装平和と金融セクターで共産社会主義や軍事独裁政権とかいうのの中継地点でもある。レッドクロス(赤十字)の本拠で、ロスチャイルドの3セクターの1つも本拠を構えている。


ここ100年位は、「ユダヤ傘下欧米の金融帝国」がグローバル・自称世界の実態で、ユダヤの盟主が明らかにロスチャイルドだったって事だね。旧王侯貴族はエリザベスはじめ、更にバチカンはじめとした宗教貴族も傘下というか、ゴマすってたって感じで、UKエリザベスなんかはロスチャはじめとしたユダヤ財閥に貴族位と邸宅をプレゼントしてパトロン留め置き工作を行って、これが成功してズブズブになっている。共産社会主義はユダヤのマッチポンプ詐欺(東西冷戦構造の核恐怖政治)の、ドロンジョ一味の様な負けさせ悪役用の駒だった。

ユニバーサルと言えばエジソンのGE系なんだけど、ビベンディやワーナー買ってたユダヤマフィアのブロフマンが買収保有してたり、確かにハリウッドは業界自体がこれもユダヤだらけでもある。ユダヤのほか、イタリア系やヒスパニックとか、欧米下層(連中のヒエラルキー)が芸能・ヤクザに集まりやすいってのは、何処も同じと言うか…元々アイツらの影響か…(呆)。いや、差別利権としての手口や構築を見るに、確実にその線で増加しているはずだな…。
日本のケースも見てみな、欧米ユダヤ9割(※)にコリアンとヤクザばっかだよ。(※9割ミックス。欧米ユダヤの♂が祖父・父・夫・彼氏のハーフミックスでないと嫌な強姦魔♂の特性。)(※同和=ヤクザという意味じゃ全くないんだが、まあ芸能ヤクザ化した同和差別利権ゾンビって事)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。