アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争

社会構造を分析しています。

オバマと共謀しているディープ・ステートのメンバーが暴露されました!

2017年05月05日 | 記事
 ディープ・ステート(影の政府)という呼称も使い古されたものですが、二大政党ゆえの捉え方をしていると本質を誤りそうです。実質は現政権に対して影であやつろうとする勢力による妨害、牽制に過ぎませんね。

 トランプ政権は、国家を国民に戻すためにはこの勢力との闘いが最大の課題です。まだまだその端緒についたところだと思います。
_____________________________________________________________________

 ディープ・ステートの内部告発者がトランプ政権を内部から破壊しようとしているディープ・ステート(影の政府)の反トランプ主要メンバーを暴露しました。

 彼等は、全米の民主党員或は民主党議員の殆どそして11人の共和党議員です。

 その中に、オバマやオバマ・ゲイ夫人、ビル・クリントン、ヒラリー・クリントン、ジョージWブッシュが含まれているのはもちろんですが、驚くべきことに、トランプの忠実な支持者として活動してきた元ニューヨーク市長のジュリアーニ氏も含まれていました。

 ディープ・ステートの工作員としてトランプ政権を倒す活動をしている11人の共和党議員(共和党員)はこちらです。


  ポール・ライアン下院議長

  院内総務のミッチ・マッコーネル
  
 ジョン・マッケイン上院議員
 
  リンゼイ・グラム上院議員
 
  ダレル・アイサ下院議員
 
  ローレンス・ラリー・ラルー下院議員

  下院院内総務幹事のスキップ・マクギブンズ議員
 
  ベン・カーソン住宅都市開発長官
 
  ジョージ・フィッツワリス大将

  エルシー・バンダーブルー海軍少将

  リック・ペリー エネルギー長官

 最も注目すべきはベン・カーソンとリック・ペリーです。大統領選のキャンペーン中に彼等はどちらも反トランプ側に立ち活動していました。ベン・カーソンはトランプの支持者側に回ることを条件にエネルギー長官の地位を与えられました。リック・ペリーはトランプのキャビネット・メンバーの中でもそれほど重要な地位ではありません。住宅都市開発省もエネルギー省もどちらも解体される運命にあるのかもしれません。

 ディープ・ステートは旧体制を維持するために無意味な策略を実施しているかのように見えますが、実際に彼等はトランプが可決を目指していた医療(改革)法案を潰したことからも、彼等の策略が成功していることが分かります。また、彼等は、司法の場でも判事に命令し、トランプの、アメリカを安全な国にするための特定移民の入国禁止法を潰させました。

 また彼等はデビン・ヌーネスやマイケル・フリンに関する偽情報(ロシアとの関係)を報道させました。
ディープ・ステートは確かに存在します。彼等は我々からこの国を奪い取ろうとしています。
_____________________________________________________________________
(引用おわり)



達磨防人
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍氏は核兵器至上主義者・... | トップ | アメリカがシリアを急襲。 ⇒... »

コメントを投稿

記事」カテゴリの最新記事