アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争

社会構造を分析しています。

安倍晋三の実体…要調査

2016年12月01日 | 記事

安倍晋三の周囲に見え隠れする怪しい人脈が満載で正直驚きですね。
127288 128377 以外にも、「安倍晋三と慧光塾の家族ぐるみの付き合い」なんてのもあり、サンデー毎日(8月13日号)に掲載されています。

>タイトル:「竜神さまを信奉 謎のコンサルタント会社との深くて不思議な因縁」

>慧光塾は1993年8月に設立され、経営コンサルタント業務や医薬品などに関する企画・調査および研究開発などにを目標に掲げている。創業者は光永仁義氏。
>光永氏は生前、「東京湾は房総半島に住む龍神様が守る地で、その海を勝手に埋め立てた人間に対して怒っているが、(私が)霊力で龍神様と問答して納得させた」「北朝鮮が東京に向けてテポドンを撃っても、龍神様が大風を起こしてミサイルをそらせるから、心配ない」とも言っていた。

>安倍氏は晋太郎氏の秘書時代、慧光塾が関係する二つの会社の「役員」をつとめていたことがわかった。ひとつは、79年8月に設立され、かつて東京都台東区に拠点があったカメラ販売・修理のB社。慧光塾と同じく光永氏が社長で、安倍氏は90年10月末まで「取締役」だった。また、89年12月の設立で、やはり光永氏が社長で「国際通信及び国内通信(電話)回線の契約獲得代行業務」を行うC社についても、「取締役 安倍晋三」の名前が登場する。

>「企業経営者の多くの信者を獲得していくかたわら、光永氏は警察関連の月刊誌を発行していた。現在の安倍氏の”タカ派”ぶりを支えているのは公安部門を中心とする警察官僚だという情報もある。つまり、父親の代から親交のある光永氏、警察、安倍氏がトライアングルの関係」
(以上抜粋終わり)

他にも、ブラック人脈が出るは出るは。ブログ「タカマサのきまぐれ時評」リンク によくまとまっています。要チェック。

安倍周辺の怪しい連中は、首を長くして安倍首相誕生を待ち構えていることでしょう。そこになんらかの貸し借りがあるのだとすれば…。

調べれば調べるほど日本の未来に危機感を覚えますが、それでもあなたは安倍晋三を支持しますか?



猛獣王S
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加