不健康栄養学

健康とは? 不健康とは?

生くるために食し、死ぬるために喰らう
The団塊の耄碌帳(Sonoda)

ハイフンか それとも 半角スペースか

2017-07-06 13:25:51 | 0002 The団塊の耄碌帳

書籍の改訂にあたって、語句を統一することになった。Glucose 6-phosphateをどのように記述するか。そんなことで一昨日から悩んでいる。

 

相当昔に、「グルコース 6-リン酸」と半角スペースを入れて記すべきだと何かの本で読んだ記憶があるもののその資料が見当たらない。生化学辞典のほか、多くの有名どころの洋書やその訳本では半角スペースを採用している。

 

埒が明かないから三省堂五階の医学関連コーナーに置いてある最新版と思しき書籍を片端からチェックしてみた。するとどうだろう、「グルコース-6-リン酸」あり、はたまた「グルコース6リン酸」もあって誰もこんなことに気を使っていない。管理栄養士国家試験問題においては「グルコース-6-リン酸」とハイフンを入れている。

 

そして、「Glucose-6-phosphatase」にはハイフンが入っていて「グルコース-6-ホスファターゼ」と相成るからややこしい。

 

本当にどうでもよいことなのだろうか。

 

適当に使われていると本当のところが消えてしまう。「D」「L」は本来Small Capitalで記述するのだがこれもいい加減になっている。「栄養」と「栄養素」も同様である。「滋養」を復活するべきだろう。

 

まだある。「脂肪を燃やす」に至っては、意味不明となってしまうのだが、世間で通用しているのだから誰も文句を言わない。 言葉は生きているのだから適当に変化しても構わないのだろう。

 

ところで、膝蓋骨骨折と半月板損傷の老母は二か月で元の状態に復帰できた。こんな歳でもそのRemodelingが衰えていないことに感動している。それにしても、伊勢に三度出向いたのだが、二度も法事と遭遇した。 伊勢神宮で清める。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 睡眠時エネルギー代謝: Reading | TOP | 鉛ではなくブリキ缶でも確実... »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | 0002 The団塊の耄碌帳