濡れ落ち葉の時事川柳

過去13年・・・
http://toshi-hp.sakura.ne.jp/Body00-1-kakocyo.html

「核心の 地位、習得て 六中終え」

2016年10月29日 | 時事川柳
中国共産党の第十八期中央委員会第六回全体会議(六中全会)は二十七日閉幕し、会議のコミュニケで習近平総書記(国家主席)を党中央の「核心」と明記した。共産党は集団指導体制を原則としているが、習氏を公式に初めて「核心」と示したことで、他の指導者と別格の存在とする位置付けが明確となった。過去の最高指導者で「核心」と位置付けられたのは毛沢東、〓小平氏、江沢民元総書記に限られ、前総書記の胡錦濤氏には「核心」という呼称は使われなかった。六中全会は「新情勢下の党内政治生活に関する若干の準則」の制定と「党内監督条例」の改定をテーマとし、党指導のあり方と党内の綱紀粛正を協議した。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「宮家での 皇位継承 四名に」 | トップ | 「朴末期 影側近の 言い成... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。