濡れ落ち葉の時事川柳

過去13年・・・
http://toshi-hp.sakura.ne.jp/Body00-1-kakocyo.html

「復興の 象徴高炉を 神鋼止め」

2017年11月01日 | 時事川柳
神戸製鋼所は31日、神戸製鉄所(神戸市)の高炉を休止した。鉄を溶かすのに必要な熱風を高炉へ吹き込む作業が午前に終わった。半世紀以上にわたって国内産業を下支えし、1995年の阪神・淡路大震災をも乗り越えて神戸復興の象徴とされた火が消える。高炉は製鉄所を代表する設備。鉄鉱石を溶かして鉄をとりだし、粗鋼といわれる鉄製品のもとをつくる。神戸製鉄所には最盛期に3基の高炉があった。いまは66年に「火入れ」をし、改修を重ねてきた「新第3高炉」だけが残っていた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加