インマヌエル沼津キリスト教会

十字架から二千年の2033年までに平和を
沼津市今沢34番地 Tel.055-966-2612

未来に促されて行動している私たち

2017-08-08 10:34:02 | 牧師のつぶやき
 平和は容易に実現するものではないと私も思います。それでも私が「ヨハネの福音書の時間観(永遠観)を皆が理解すれば世界は平和に向かう」と主張するのは、そう主張せずにはいられない促しを感じているからです。その促しは「未来からの促し」であろうと私は考えています。
 人が未来から促しを受けることは実際にあります。例えば添付したデイブ・アーリー著『最も祝福された 21人の祈り』(根本愛一・訳、福音社)のp.124-127に記されているアフリカに派遣された宣教師の証しによれば、湯たんぽが必要だと午前に祈ったら午後に届いたそうです。その湯たんぽは5ヶ月前に宣教師の故国から発送されたものでした。故国の人が5ヶ月先の未来から促しを受けて発送したのでした。神様は永遠の中にいますから5ヶ月先の祈りを現在に届けることができます。
 私たちは未来がどうなっているのかを知ることはできません。しかし、未来が何を必要としているのかは感じることができるのだと思います。その未来の必要に促しを受けながら、それぞれが行動しているのだろうと私は考えています。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「へいわ深海聖書館」j準備室... | トップ | 絶えず祈ることでつくられる平和 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む