モルモニズムの情報源、主要な主題を扱うサイト。目次を最新月1日に置きます。カテゴリー、本ブログ左下の検索も利用ください。
NJWindow(J)



[参考画像]

「LDS聖研グループ研究会」が来月6/10 (土)に迫りました。関東の方、また
関心のある他地域の方のご参加をお待ちしています。
     
午後1時―4時  会場、東京 高田馬場 エムワイ会議室 

プログラム

◉基調講演「『逃げた猫』が公的に認められた現在、私達はどうすればよいか?」
坂戸ワード テトゥアヌイ監督

◎発表1 「予想外の発見に数々遭遇した祖先の探索」(仮題)
LDS聖書研究同好会 主宰者 鈴木壮一郎

(休憩)

◎発表2 「『徳高いこと、好ましいこと』を世の中に広めよう」
創作フォーラム 「穀粒」主宰者 岸野みさを

◎発表3「日本人のモルモン教徒と日ユ同祖論;歴史と現在の認識」
九州大学准教授 アンドリュー・ホール


                       会費 600円 

 いずれも興味あるテーマで楽しみです。       
                      研究会係 沼野治郎
                 LDS聖研グループ代表 鈴木壮一郎
 

* 講演の題について。『逃げた猫』が公的に認められた現在・・、逃げた猫は教会にとって面倒な事柄を指します。かつて指導者たちはそういった事柄を見えないようにしようとしましたが、猫は今や(インターネット上などに)逃げ出して、教会は面倒な事柄があったことを認めざるを得なくなりました。そして「福音のテーマ」という名のエッセイ[評論]を公表し対応しました。講演の題はそのことを指しています

コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )



« モルモン書で... ゲリット・W・... »
 
コメント
 
 
 
一ヶ月切りましたね。 (オムナイ)
2017-05-12 16:28:45
近づいてきましたねぇ。

逃げ猫興味深いです。

申し込み方法教えてください。



 
 
 
特にありません (NJ)
2017-05-12 23:36:08
直接会場へお出でください。10-15分前に着いていただけるとありがたいです。600円の小銭を用意して。
 
 
 
参加者があぁでもない、こぉでもない (たまWEB)
2017-05-14 15:32:32
と、講義/発表後に、感想・論議・質疑応答できるようあらかじめ、講演内容の要点とかをここのブログ記事に載せるとかってどんなもんすの??
それを経れば講演者はさらにエキサイトさせたダイナマイト情報を盛り込めたりして??
 
 
 
まあ、普通 (NJ)
2017-05-14 18:15:06
そこまではちょっとできません。発表の題と発表者の名前から行く人が質問を用意することぐらいでしょうか。もし、たっての強い要望があれば、事前に伝えることはできますが。
 
 
 
さいでんな (たまWEB)
2017-05-14 23:55:44
のーぷろぶれも。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。