モルモニズムの情報源、主要な主題を扱うサイト。目次を最新月1日に置きます。カテゴリー、本ブログ左下の検索も利用ください。
NJWindow(J)





最近読み終わった来住英俊(きしひでとし)著「『ふしぎなキリスト教』と対話する」に、「私がずっと持ち続けてきた情熱は、日本の読書家たちの間で、キリスト教の知的な存在感を高めること」である、とあった。私はこれに倣って、「日本の読書家たちの間で、LDS教会の知的な存在感を高めたい」と望んでいる。

それには日頃自分たちの存在が知られるように努める、知的に知る価値があると感じてもらえるように発信活動(アウトプット)に携わることが必要であると思う。ただ、二番目のことはまず自分たちがLDS教会について、その特徴(長)をしっかり知ることが求められる。

ところで、来住氏の本は2011年に始まった「ふしぎなキリスト教」論議の4冊目である。図式化すると次のような展開をたどっている。

 2011年「ふしぎなキリスト教」橋爪大三郎、大澤真幸著
  珍しくこの種の本が店頭に置かれ、異例の好調な売れ行きを示した。
 ↓
 2012年「ふしぎな『ふしぎなキリスト教』」ふツー連 編
  まじめな信徒たちが、痛烈に「間違い」を指摘したもの。
 ↓
 2012年「やっぱりふしぎなキリスト教」大貫隆、高橋源一郎討論を含む、橋爪・大澤著
  元の著者側が専門家の討論を加えて反論。
 ↓
 2013年「『ふしぎなキリスト教』と対話する」来住英俊著
  上の流れを受けとめ、総合的に著者が知見を披歴している。読み応えのある本。

本でもよい出会いがある。この来住氏の本は、私の読書歴と知的関心のあり方において相性がよいと感じた。得るところの多い書物であった。繰り返し読む価値がある。残り少ない余生のよい蔵書の一つとなった。

ここで主な内容のテーマだけ記すと、キリスト教の幾つかのパラドックスが取り上げられている。「イエス・キリストは神であり、また人である」、「神は全能であり、善き方である / この世界には悲惨がある」、「神の全権 / 神と人との対話」、「悪の力と神はどういう関係に立つのか」など。その他、なるほどと思わせる解説に数多く出会った。


コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )



« 「聖書は読み...   
 
コメント
 
 
 
Unknown (教会員R)
2017-03-22 19:18:36
>まじめな信徒たちが、痛烈に「間違い」を指摘したもの。

まじめな信徒の言うところの「間違い」とは往々にして、一般人の視点からはまことに正しいことがあって、信徒側からは単に信じたくないだけであったり、あるいは触れてもらいたくないだけのことだったりしますからね。

知的な態度とは相手の立場からもなるべく妥当に説明できることであるとすれば、自分側の立場を保ちたいあまりに「間違いだ」あるいは「誰々は分かってない」といい続けるならば、外部からは知的態度とは逆の感情的態度、迷信的態度に見えてしまいます。

専門家を招いての討論会という方法を使ったのは賢明(知的)だったと思います。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。