モルモニズムの情報源、主要な主題を扱うサイト。目次を最新月1日に置きます。カテゴリー、本ブログ左下の検索も利用ください。
NJWindow(J)



丸一年と1か月遅れの訃報になるが、広島の桐林正樹氏が2015年12月3日、肝不全で亡くなっていた。享年75歳。5日の葬儀には5百名に及ぶ人々が出席し弔問した。

桐林正樹氏は26歳の時、末日聖徒イエスキリスト教会に改宗、1970年広島支部長に召され、同年 I(アイ)建築設計事務所を設立、1976年にlds教会広島地方部長に召されている。次いで1978年にアルマ建築設計事務所を設立し代表取締役になっている。そんな桐林氏をlds教会のチャーチニューズ(デゼレトニューズ土曜版)が取材し、1979年11月10日号6頁一面に記事にしている。被爆地広島の人々の生活と心を再建することに邁進し、貢献している建築士として紹介されている。


[右の写真が桐林正樹氏。チャーチニューズ1979.11.10日付、広島再建に貢献する桐林正樹氏とある。]

なお、長男の桐林潤は元広島ステーク会長、次男の桐林慶は元広島光ワードの監督(Bishop)である。

情報源:The Kiribayashi Times 2015.12-2016.12月号。通算58号、2016.12.23発行。Kiribayashi58Lightpdf.pdf
(編集長、桐林ミチコ、編集・執筆、桐林慶)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 「福音のテー... 風呂井まゆみ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。