沼隈郷土文化研究友の会

広島県東部に位置する沼隈町は古代より瀬戸内海の中央(ヘソ)に当たり、
その郷土からの情報発信です。

上田靖士さん「エイジレス章(内閣府)」受章

2016年11月24日 | お知らせ

 上田靖士さんは、「沼隈郷土文化研究友の会」(副会長・事務局長)と
「山本瀧之助研究会」など、地域に根差した郷土の歴史の掘り起こしと、
広く地域住民や小学校の生徒達に対しても、歴史の重要さを伝えて来られました。

 また、最近では、福山市教育委員会文化財課と協力し、
「史跡二子塚古墳」の巡回展に合わせ、地域(熊野町・沼隈町)の
考古学資料や磐台寺観音堂の修理に伴う、
金箔瓦の展示を共催されました。
 
 沼隈町時代には、文化財保護委員長としても活躍され、
『沼隈町誌(民俗編)』『沼隈町誌(写真・資料編)』の編集に携わり、
福山市との合併に際し発刊に尽力されました。

 この様に数限りない多くの事案を率先して指導され、
多くの人たちに先導的な役割を続けておられます。


 今回の受章は、その様な活躍に対して、表彰されたものと感じています。


 今後、益々私達の先頭に立って、引っ張って頂きたいと願っています。


 今回の「エイジレス章(内閣府)」の受章、大変おめでとうございます。

(中国新聞11月22日報道)

(中国新聞11月15日報道)

尚、「枝広なおき」福山市長のFasebookにも受賞写真が掲載されています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「双龍降臨・銅剣到来」展を... | トップ | 朗読劇「草魂の賦」上演のご案内 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

お知らせ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。